ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>Kotobukiya

Kotobukiya

セブ KOTOBUKIYAはチーム一丸となる

セブでKOTOBUKIYAを営業しておりますが、イマイチ地元のお客さんをつかむのに苦労をしております。

味がどうのこうのではなくて、合ってないんだと思います。

家族で楽しく食事をするというライフスタイルにラーメンで回転させようという発想が間違っている。

 

訴求すべきは味だけ出なくて楽しさ感・・・・・今はこれが大切なような気がします。

ということで必死に改善。チームも一新。

マーケティングチームも導入し、この市場にアジャストするように変えていきます。

2016514135356.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めに言っておきますが、これが正解ではありません。試行錯誤の最中です。

ただ、勝つためには徹底的な楽しさや、みんなが集まりたくなるような雰囲気が必要です。

それがKOTOBUKIYAには欠けている。それをどうやって補っていったらいいのかを試しているんです。

 

まずは、週末はライブを店の中で決行します!!!!!!なぜレストランでライブを?

いいんです。楽しくて人が集まれば。常識通りでは人が集まらないんです。

2016514135813.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてイベントをとにかく定期的に行う。

ブッフェを導入し、定期的にお客様に変化を感じてもらう。

とにかく、客足を一気に増やしてそれで改善していきます。

たくさん人がいるから、自然に入ってくると思ったら大間違い。

セブの人はすごく保守的なのでなかなか入ってきません。そのかわり、一度気に入ると何度も来ます。

2016514135933.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201651414550.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品券なども用意してリピートも促すなんて言うのは日本でもよくやる手法です。

201651414743.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで一気にやれることをぶち込めるのも良いチームができてきたからです。

KOTOBUKIYAはオープンからずっといるスタッフが結構います。

でも最近、マネージャークラスを含めて増員しました。新しいことをやるには新しい血が必要だからです。

前からいるスタッフには新しいことをしっかりと受け入れてもらわないといけません。

セブで事業をやってセブのお客さんに来てもらうと言うことは日本式では上手くいかないことが多いです。

やはり本当に文化が違いますから。

味が合わないのではなくて、食べるシーンが違う・・・・・・

今この違いに、合わせて軌道修正中です。頭ではわかっていても上手くいかないので

すべての判断に現地スタッフの意見を反映させるようにしました。

 

そして、結果がやっと出始めております。

セブ 就職合同説明会 Job Fair

CEBUの就職説明会というのはきわめて面白いです。

なんと、ショッピングモールの中でやります。

もちろん、ショッピングモールの中にはたくさんのテナントがあり、仕事もありますから

それも理にかなっています。

 

ということで早速拝見。

私は、皆さんにアドバイスさせて頂いているのはすべて自分の体験談を素にしております。

海外の案件はやはり自分で体験しなければ、人には説明出来ません。

 

ということで早速ご紹介 ショッピングモールのど真ん中です。

201651151045.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紺のスーツなどは誰も来ていません。いたって普段着です。

201651151223.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても結構集まります。

こちらでは人材不足というのはありません。ただし、優秀な人間はどこでも引っ張りだこです。

見ていると本当に若い子達が来ています。

日本のハローワークとは違いますね。

20165115141.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のようなかわいらしい子達も面接に来ています。

さて、私たちのブースにはどんなのが来ているでしょうか?

201651151549.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーのチェックの男がうちのスーパーバイザー。

青の迷彩Tシャツが応募者です。これは雇わないでしょう。

201651151820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのグレーのシャツのスーパーバイザーが非常に優秀で本当に任せています。

先日も非常に厳しいミーティングをスタッフ達にしました。

セブでビジネスをやるには本当に厳しく部下を引っ張る鬼上司が必要ですがなかなか見つかりません。

彼は本当に適任です。

そして料理、マーケティング、飲み物までオールマイティーにやってくれますから今本当に期待しています。

201651152059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、KOTOBUKIYAを大改造中。料理もどんどん現地化を進め、さらに楽しさをアップするために

週末はライブバンドも呼んでいます。

このセブで勝ち抜くための業態開発を今全力でしています。

マーケティングチームの採用、スーパーバイザーの刷新、スタッフのブラッシュアップ、入れ替えなど

勝つための戦略を構築中。

 

レストランというと、美味しければ売れると思うかもしれませんが、やはり基本は人です。

いいチームができることによって継続的に伸びる仕組みができる。

自分の力に頼らず、セブの優秀な人材を集めてかつ店作りをしていきます。

やっと楽しみになってきました。

 

<<PR>>

私たちは、よりプロフェッショナルな日本企業様の事業進出をサポートさせて頂くために

HSJ Condat Consultancyという会社を運営しております。

HSJは弁護士を抱えており、お客様の事業進出のための手続きを中心に

事業所のご案内、改装から、人材募集、など幅広くお手伝いをしております。

小さな事業主の方から、工場進出をしたい方まで法務を含めたサポートをさせて頂いております。

是非、セブへの事業進出をお考えの方はお問い合わせください。

担当:新倉

hisa@hsjcondat.com

セブ KOTOBUKIYAはどうなったか?

悪夢のようなオープニングからすでに4日が立ちました。

今日セブに帰ります。

 

さて、KOTOBUKIYAはどうなったでしょうか?

201551851159.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外にも意外、何とか回っています。

ただこれはセブだからこその話。お客様ものんびりされていますから・・・・・・

20155185178.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201551851839.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番上の娘のミチコですが、初日は忙しくてキッチンで転び痛い思いをして泣いてました。

4日目にはもはや流れがわかってスタッフに指示を出すまでになりました。

地獄を見たせいでたくましくなったようです。

 

ダイニングが放ったらかしだったので早急にコーチング

スーパーバイザーのジセーラがすぐに取りかかります。

201551852314.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は開けるべき時期ではないときに開けてしまったのでまさにパニックの4日間

でも、ここから日々、ブラッシュアップして質の高い店に徐々に成長していきます。

何はともあれ、何とか乗り切れたことに感謝。

立った4日間ですが、リピートできてくれたお客さんがいかに多いか!ありがたいです。

 

普段はあまり意識していなかったですが、以外にもアメリカ人が多かったです。

うれしいことです。

 

とても開けられるような状態ではなかったものの、開けてしまってからの成長は早く、

お客さんも、日曜日には300人近く来てくれていたものと思われます。息子も床をモップでごしごし。

201551854416.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では邪魔になるし、店での緊張感も違うからこんな風景はあまりないのですがセブでは日常茶飯事です。

職場に子供を連れて行っても当たり前なんです。

だから、みんなで頑張っているところを見せてあげられる。

こういう時間は貴重かなと思います。

 

今回一番頑張ったのは上のお姉ちゃんでした。

普段はおとなしい子ですが、初めてストレスも感じて仕事への考え方が大きく変わったと思います。

ミチコは学生なのでまた6月には学校に戻りますがいい勉強になったと思います。

さあ、今からが勝負です。一気に改善していきます!
201551855225.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブ Kotobukiyaがついにオープン?!

5月10日にやっとセブのKOTOBUKIYAの工事がほぼ終わりました・・・・長かったです。

やはり現場に張り付いていないとミスが多い。

何とか検査も終わり、ついにトレーニング開始できるなと思っていました。

 

5月11日 新人社員初出社 といってもまだ工事現場の汚れがあるのでほとんど掃除

厨房は調整中。しばらく放ってあったので痛みもあり修理が必要な部分も

でも夜にはやっとガスも入り、少し調理開始。

 

5月12日 なんとかラーメンが作れるようになり、ちょっと安心。これからトレーニングを開始です。

そこへ、SMモールの幹部がやってきました。やっとできたラーメンを試食していただきました。

評価は上々。すぐにOpenしなさいよと催促されましたが、私の判断ではあとせめて10日は準備がほしいところ。

「まだまだ!とんでもない。 なるべく早くできるように頑張ります。」と返事をしておきました。
201551621039.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月13日 必死にトレーニングしていますが設備の調整、まだ届かない設備や食材などもあり、なかなか準備がすすみません。

やはりあと10日でも厳しいかなと思って頑張っていました。

うちのスーパーバイザーには研修を頑張ってもらっています。
201551621114.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように粛々と店内では開店の準備を始めているところでした。仕上がりは私の感覚では10%というところでしょうか。

メニューも出来上がっておりません。

店の外から見るとこんな感じです。
20155162152.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幕が掛かっていて外から中が見えません。

研修は夜中まで続きます。

 

5月14日 朝、へとへとになりながら店に出勤すると・・・・・・・・

な、な、なんと!!!!!目隠しの横断幕が取られている!!!!!!
201551621127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身も初めて見るKOTOBUKIYAの姿がそこにあるじゃないですか!

「Oh My God!!!!!!!!」

横断幕はどこだ?????もうどこにもありません。

嫁「パパ、もうやるしかないよ。」

私「できるわけないだろ、何言ってるんだお前、メニューもねえじゃないか!」

嫁「でもしょうがないじゃん。もう見えてるから。」

私「あり得ない!絶対にあり得ない! そもそも何で開いてるんだ?」

パニックになりつつも、もうどうしようもありません。モールでこの状態でお客様を拒むわけにはいきません。

 

そこへモールの管理職がやってきて

「グッドモーニング!コングラッチュレーション!!!It's Nice!」とやってきました。

コ、コ、コ、コングラッチュレーションじゃねえよ、何言ってるんだこいつはと思いながらも

もう後には引けないことだけは自覚しました。失神するかと思いました。

死にものぐるいでスタッフ全員で準備です。時間は刻々と10時のモールOpenに向かっています。

 

とにかくお昼頃までは、何とか時間を稼がないと、メニューすらありません。

お客さんが来ないことだけを祈っておりました。朝の10時から来る人もいないだろうとハラハラドキドキです。

するといきなり、スタッフの一人が大きな声で「イラッシャイマシェー」と叫びました。

 

え?どういうこと?おそるおそる入口を見るとアメリカ人のおじいさんが3人連れで入ってくるじゃないですか!!!!!

私「死んだ・・・・・・完全に死んだ・・・・・・悪夢過ぎる・・・・」全身鳥肌が立ってその悪夢を直視できません。

 

アメリカ人「これ、何の店?」

新人スタッフ「日本のラーメン店です。今日Openしました。」・・・してねえよ。

アメリカ人「Wow I love Japanese Ramen! Can I see your Menu?」・・・メニューあるわけないです。私のMacBookで編集中なんですから。

新人スタッフ「メニュー?????ちょっと待ってください」

あるわけないメニューを探しにこちらに向かって歩いてきます・・・・おや?

新人スタッフがテーブルで何かを見つけました。それをつかんでまたお客様の所へ戻っていくじゃないですか。

私:何を見つけたんだろうあいつ?・・・・・あれは、もしや・・・・私がメニューを作っている最中のメモです。
死んだ、完全に俺は死んだ。わずかな時間に何度も失神しかかっております。

2015516215653.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格検討用、スペルも違う、写真もない・・・・・ホチキスで留めてあるこの資料を見せて説明しています。

お前達のそのやる気とホスピタリティーが俺の寿命をどれほど縮めることか・・・・・・

恐ろしくて直視できません。こんなページもあります。
201551622544.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ人「ぶらっと回ってからまた来るよ。」

新人スタッフ「待ってます!」・・・・・そのホスピタリティーが俺の寿命を縮めるんだよ!

新人は頑張っているところを見てもらおうと、自分で何とかしようとします。

わからなかったら、手を出さない日本人とは違います。

 

30分後にそのアメリカ人は戻ってきました。このグループがKOTOBUKIYA SMモール店 第1号のお客さんです。

できるのは醤油ラーメン、味噌ラーメンだけです。あと、かろうじてチャーハンだけです。

注文は味噌ラーメンと醤油ラーメンでした。せめて美味しいラーメンを出すことで罪滅ぼしをしようと自分で作ろうとしました。

すると

新人スタッフ「社長、私が作ります!」と私に取って代わろうとするではないですか。昨日はじめて入ってきたばかりの子です。

私「お前、ラーメンを見たこともないだろうし、どうやって作るかもしらないだろう?」

新人スタッフがニコリとします。・・・・・・非常にありがた迷惑のこのやる気とホスピタリティーが私の寿命を縮めます。

私「ありがとうな。でも俺がやるよ。」

 

アメリカ人は喜んで完食してくれ、また明日も来るよと言ってくれました。うれしいです。

この時、11時になりました。

 

実は私はこの日、どうしても日本に3日ほど帰らなくてはならない予定になっておりました。

この状況で空港に立ちます・・・・・・・・悪夢です。

日本に帰ると写真が届きました。
2015516223851.JPG

201551622376.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか乗り切ったようです。

オープン?いやいやまだです。これからじっくり仕上げていきます。

お楽しみに!そしてごめんなさい。

セブ Kotobukiya工事只今遅れています。

念願のSM進出が決まり、喜んではいたもののやはりSM、工事に関しても基準がかなり細かく

苦労しております。

特に飲食は建物の安全を考えてこれでもかと厳しい基準がてんこ盛り。

見切り発車で工事をした部分はすべて却下。しかもやり直し・・・・・・・

既に他のローカルモールでの経験もあるのでこんなもんかなと思ってやるとすべてアウトです。

 

ということで、今日は工事チームを集めて、活を入れると共に対策会議

大幅な遅れはやはりSMの期待を裏切ってしまうのですぐに動かなければ!

20152683227.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、照明やトイレ周りはハードゲイのライアン君にお願いしております。

インテリアに関しては毛むくじゃらの男ばかりがやるのではなく、彼のようなおかまが入ることで

優しい感じになるかと思います。見た目はタフガイなのですが、性格は非常に優しいです。

20152683616.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の打ち合わせで工期スケジュールもすべて確認しておよその完成が今月内。

研修などもありますからすぐにとはいきませんが、一歩づつ進んでおります。

 

今から追い込みなので毎週1回このような全体会議を開いて予定をこれ以上遅れないように詰めていきます。

全体はいつもの私の右腕、レスターに頼みます(写真中央茶色Tシャツ)
20152685741.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくこのチームで早く完成して祝杯を上げたいと思います!

もちろん始まったら始まったでまた新たな悩みが出てきますが・・・・・・

いつもそんなもんです。

PAGE TOP