ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ不動産.comは自ら建築もします!起業支援

セブで不動産事業をやっていると、苦労もたくさんあります。

日本と同じようには行きません。

売った後も、単なる販売者であってもすべての苦情が私共に来ます。

品質であったり、書類の不備、遅れだったり、住環境だったり・・・・・

様々です。

 

特に品質のことに関しては皆さん敏感なところです。

日本と同じ品質は不可能です。使っている材質や、流れる水が違ったり、条件も違います。

ワーカーの質も悪いです。大切なのはスーパーバイザーと綿密な工事スケジュールです。

 

この数年は、販売もしてきましたがほとんど私はその問題処理のために現場にいました。

あり得ないトラブルや、不測の事態にまさに日々、心臓の止まる思いをしてきました。

これ以上は、身が持たないなあ・・・・・・と悩んでいたのですが

ふと振り返ると、自分たちでもうすべて出来るような力が備わっていました。

 

ローカルではありますが、大手のデベロッパーの尻ぬぐいをほぼすべてやってきたのですからそれは鍛えられました。

究極のOJTです。

去年の暮れには、もうデベロッパーのベテラン現場監督を怒鳴り倒していました。

 

今年はもう自分でいくつかプロジェクトを進めていますが、楽です。

他人の会社の人間を動かす時には、上にまで掛け合わなければならないからうざったがられます。

でも、今は自分のプロジェクトなので、最初の計画から自分たちで組んで、

遅れがあればすぐに取り返せます。

しかも、今まで尻ぬぐいを手伝わせてきた私のチームですから、よほどのことがないかぎりこけません。

だからスケジュール通り行きます。

今日も土曜日ですが、私のところは終わるまでは休み無しです。

早く終われば休めばいい・・・・短期戦の時にはそうします。

 

ちなみに今日は内装工事で神経を使う部分。ガラスのはめ込みです。

一番高額な建材だから見ていてヒヤヒヤします。

無事完了・・・・・・ホッと一息。シフト組んでスーパーバイズしていますが、

絶対に目を離すな!特に階段を上る時には気をつけて見てろと厳しく言います。

2016827212216.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016827212311.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のプロジェクトは小規模ではありますが、大工工事から電気工事、ネットワーク構築まですべて承りました。

非常にやりがいのあるお仕事を頂き感謝しております。

 

さて、私たちが今力を入れている事業、サービス内容は以下のようなものです。

セブで自分たちのオフィス、工場などを立ち上げたい方のセットアップ

具体的には以下の通り

会社設立支援(当社法務部が担当します。弁護士を置いております)

VISA取得支援

人材募集採用支援

不動産取得支援

工場/事務所建築(設計/施工)

内装工事

オフィス内ネットワーク構築支援

セキュリティー設備

 

デベロッパーでずっと鍛えられてきましたからすべてを担当させて頂きます。

現在もセブローカルデベロッパー2社にて顧問をさせて頂いております。

 

セブで開業をご希望の方は是非、お声かけてください!

起業における悩みはすべて解決出来ると思います。

お問合せお待ちしております。

cebufudosan@gmail.com

セブ最強の布陣で対応いたします。

 

 

 

セブでの開業のお手伝い 事務所構築はお任せを

セブ不動産.comの不動産事業も時代の流れに合わせて変わりつつあります。

今もコンドミニアムを中心とした不動産の販売は事業の中心ですが、

長年のノウハウからオフィスのリノベーションから開発まですべてを請け負うことができるようになりました。

 

特にセブではコールセンター業務、さらに英会話学校の進出などが盛んです。

 

そして事業をするとなるとまず必要なのが法人設立、ビザの取得、賃貸契約、営業許可、人材採用などのソフト面

それから、事務所の設計、施工などの建築関連、家具の準備、ネットワークの構築など自分でやるのは大変です。

当社はこれらをすべてワンストップで行うことができます。

 

 

セブ不動産.comと他社との違いは、セブ不動産.comは現地デベロッパーと共に仕事をしていることです。

そして、現場でかなりの苦労をしてきています。にわか仕込みではありません。

 

賃貸契約の場合の事業所作りはなかなか大変です。

家賃が発生してしまいますのでなるべく早く作らないと事業主の負担が増えますから。

このセブの遅いワーカー達を以下に早く動かすか。そこが腕の見せ所です。

 

皆さんがセブで事業所を作る場合に、ぶつかる問題点を最初にご説明します。

普通に工事を頼むとまず、納期ははるかに遅れます。

それから各種、法人設立を始めとした許認可関係を自分でやろうとすると一体いつになるかわかりません。

 

それぞれの分野でトップの力を持った人を抱えていないととてもじゃないですがスムースにはいきません。

弁護士に頼んだから大丈夫と思ったらダメです。

 

弁護士も医者と同じでそれぞれの得意分野があります。

一人二人の弁護士しかつきあいがないようではなかなかうまくいきません。

自分で何とかやってみようはだいたい相当な苦労をします。

是非、そんな苦労を避けたければ当社にお声をかけてください。

 

さて、今日はまた新たに現場がスタートしてますからチェックです。

201672894213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下地塗装をして、黒く塗ったのですが乾いてみると、ややでこぼこが目立つ。

それほど神経質にする部分ではないとしてももう一度埋めて塗り直し。
201672894651.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件はコンクリートでクールに床を作る予定なので床のレベル出しです。

アナログですからレーザーなんて使ってません。水平機と釣り糸です。

201672895027.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201672895213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。いたってアナログなんです。だから工程管理が難しい。

頑張らせるといい加減になりますからモニターは欠かせない。

 

と言うことで今回はスーパーバイザーは3人体制

女性が混じることで引き締まるんです。現場が。

この国は男はあまり当てになりません。

女性の力を上手く使ってビジネスをしないとダメですね。

201672810249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現場は暑いです。エアコンがありませんから。

さあ、今から1ヶ月半後には完成します。楽しみです。

セブでの怒濤の日々 ついに

セブに来て、早6年以上経ちます。

早く来ていたせいか、こちらではセブの人たちの間ではかなり名前も知られてきました。

 

ビジネスはほとんどフィリピン人を相手にしてきたので意外にも日本人の知り合いはこちらでは限られています。

何とかフィリピンで勝ちたい!その思いで突っ走ってきました。

 

もちろん今も、不動産は事業の中心ですが内容が大きく変わってきました。

 

単純なコンドミニアムの販売ではなくて、小さな開発まで手がけるようになってきました。

それなりのチームが自分にもできてきたと言うことです。

 

また、やはり今はこの国は環境インフラは重要です。

遊休地などを利用した太陽光パネルの設置、海水を淡水化するプラントへの取組など

不動産事業で培ってきたチームを総動員して大きなプロジェクトに挑戦しています。

 

こんな働きが、評価されてかセブ州の市長連中が日本に環境技術の勉強に来てくれました。

今回は日本側は協同組合 企業情報センター様が全面的にご協力くださり

非常に素晴らしい結果を残すことができました。

本当に感謝しております。

 

下の写真は、日本に降り立ったセブの市長達です。

2016719135750.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊は品川プリンスホテル

2016719142745.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、バスで埼玉まで移動。

Industria様の工場見学と、勉強会です。

セブの市長と言ってもあまり威厳はなく、普通のおっさんとおばちゃんです。

小さな島の市長などはワガママ出すだろうなと心配したのですが、今回のセミナーについては

非常に皆さん熱心に聞いてくれて、質疑応答も具体的なものでした。

セブは、と言うかフィリピンはやはりエネルギーと水が不足しているので皆さん真剣です。

また環境技術に興味津々なのです。

2016719154238.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201671916645.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場の見学は非常に衝撃を受けたようです。

この会社の会長がまだ現場に入っているのを見て、日本の職人気質に触れての衝撃だったようです。

 

この工場見学あの後は、いよいよ協同組合企業情報センター様のイベントです。

2016719163949.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは私が司会進行役でしたので、市長達の顔を見ていましたが実に真剣。

私は普段の彼らを知っているので、絶対に居眠りしたり、フェースブックやったりと

集中することはないだろうと思っていましたが、真剣そのものでした。

2016719165856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントは非常に有意義なものでした。

この国が今から予算を使うのはまさに環境の分野です。

ですから、このイベントはまさにタイムリー。

セブ不動産.comはインフラへの挑戦も始めています。

 

今回の運営を助けてくださった、セブ州の事務局の皆さんと旅行会社の方です。

ありがとうございました。

セブ KOTOBUKIYAはチーム一丸となる

セブでKOTOBUKIYAを営業しておりますが、イマイチ地元のお客さんをつかむのに苦労をしております。

味がどうのこうのではなくて、合ってないんだと思います。

家族で楽しく食事をするというライフスタイルにラーメンで回転させようという発想が間違っている。

 

訴求すべきは味だけ出なくて楽しさ感・・・・・今はこれが大切なような気がします。

ということで必死に改善。チームも一新。

マーケティングチームも導入し、この市場にアジャストするように変えていきます。

2016514135356.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めに言っておきますが、これが正解ではありません。試行錯誤の最中です。

ただ、勝つためには徹底的な楽しさや、みんなが集まりたくなるような雰囲気が必要です。

それがKOTOBUKIYAには欠けている。それをどうやって補っていったらいいのかを試しているんです。

 

まずは、週末はライブを店の中で決行します!!!!!!なぜレストランでライブを?

いいんです。楽しくて人が集まれば。常識通りでは人が集まらないんです。

2016514135813.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてイベントをとにかく定期的に行う。

ブッフェを導入し、定期的にお客様に変化を感じてもらう。

とにかく、客足を一気に増やしてそれで改善していきます。

たくさん人がいるから、自然に入ってくると思ったら大間違い。

セブの人はすごく保守的なのでなかなか入ってきません。そのかわり、一度気に入ると何度も来ます。

2016514135933.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201651414550.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品券なども用意してリピートも促すなんて言うのは日本でもよくやる手法です。

201651414743.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで一気にやれることをぶち込めるのも良いチームができてきたからです。

KOTOBUKIYAはオープンからずっといるスタッフが結構います。

でも最近、マネージャークラスを含めて増員しました。新しいことをやるには新しい血が必要だからです。

前からいるスタッフには新しいことをしっかりと受け入れてもらわないといけません。

セブで事業をやってセブのお客さんに来てもらうと言うことは日本式では上手くいかないことが多いです。

やはり本当に文化が違いますから。

味が合わないのではなくて、食べるシーンが違う・・・・・・

今この違いに、合わせて軌道修正中です。頭ではわかっていても上手くいかないので

すべての判断に現地スタッフの意見を反映させるようにしました。

 

そして、結果がやっと出始めております。

セブ 意外と熱い!当社の営業会議

セブは確かにフレンドリーではあります。

会議に出ると、その会社の社風がわかります。

神への祈りから始まり穏やかに始まり、穏やかに終わる会議・・・・・・

そして参加者が多い会議・・・・・・こういう会社はダメです。伸びません。

 

いつも言いますが、この国は経済格差以上に、能力格差が大きい。

そんなところに全員参加の会議をしても意味はありません。

 

暴言と言われるかもしれませんが、みんなの意見を聞いていたらとてもまとまりません。

 

やはり優秀なマネージャー達を束ねてきちんと議論し、答を導き出す・・・・それしかありません。

 

人件費が安いからセブ・・・・・そういう考え方もあるかもしれません。

でも違います。優秀な人材を雇えるからと言うことを考えた方が健全です。

 

私は今は、メインは不動産です。それから太陽光を始めとしたエネルギー環境関係の仕事をしています。

どうしてもレストランのKOTOBUKIYAは放ったらかしになります。

 

今まではこれも自分で何とかしなければと思っていましたが、もう頭が回りません。

そこでやはりここも優秀な人材に助けを求めます。

 

私の一番の宝物、ジセーラです。写真の黄色のシャツの女性です。

残念ながら、仕事においては「突破力」という部分以外は彼女の方が私よりもはるかに上でしょう。

それと、新たに雇ったKOTOBUKIYAのマネージャーのエドモンド。手間のジャック・ニコルソン風の若者です。

201651213617.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このジセーラという女性は本当にすごいです。

どんな相手があろうとひるみません。そして完璧なロジックがあります。

というのも、もともと彼女は小さい時から天才と言われていて、お兄ちゃんは神童と呼ばれていました。

最初の頃は、そんなやつに限って社会では通用しないんだと思っていましたが、

昨年アヤラグループのMDCという会社で最優秀社員に選ばれました。5000人の中でのトップです。

もちろん客観的な業績ベースです。すごいことです。

 

今まで上手く当社ので昨日していなかったのはこのジセーラと他の社員を繋ぐ、マネージャーがいなかったことです。

あまりにも他のスタッフとの能力差が激しい・・・・・

しかも、このレベルの近くというとかなりの強者でなければいけない・・・・・・

今回は、このエドモンドとジセーラのチームは最高にいいと思います。どちらも向上心が高い!

そしてしっかり考えてる。

ジセーラが手元にたくさん資料をもっていたので「何それ?」と聞くと

すべてKOTOBUKIYAの経営改善計画でした。

 

新しい組織図、管理体制、マーケティングプラン、社員の入れ替え計画案・・・・・・

私の仕事は、それを承認するだけです。内容が詰まっているから本当にそれだけです。

そして私が承認をした後は、即座に全社員ミーティングをして行動に移しました。

必ずこの動きは結果になって現れると思います。

 

かなり今いるスタッフ達にとっては厳しい内容の改善案だったので、あえてKOTOBUKIYAの店外で行いました。

本当によくやってくれます。

 

ジセーラはいつも言います。会社を伸ばすにはチームを強くすることです。

「はい、ごもっともです。」それしか言いようがありません。

意外とこれが海外では難しいんです。日本で、社員に辞められると困るから気を使って経営をしている人には難しいと思います。

ダメなやつは切る、優秀なやつを入れてチームを強くして、教育をしっかりとする。厳しさは必要です。

最初のうちは、私もジセーラに向かって「せっかくKOTOBUKIYAの一員になったんだから大事にしようよ。」

みたいな感じでしたが、私の間違いですね。かんぜんに。それではまとまらないのはもうわかっていますので

彼女の意見は尊重しています。

 

伸びている会社はやはり厳しさがあります。これはセブでも同じです。

笑顔だけではやはりすべては乗り切れません。

一つ日本と違うのは、この厳しさがあったら、必ず息抜きをしっかりとすることです。

厳しいことを伝えて、士気が上がったらみんなでまた楽しくやっていく。

その繰り返しです。

 

日本はその息抜きの部分がなくなってきてしまったのかもしれませんね。

 

不動産とは関係ありませんが、今KOTOBUKIYAには夢があります。

それはいつかショッピングモールの外に店を出して、楽しい南国リゾートミュージックバーを作ることです。

そういった楽しい夢を語りながらKOTOBUKIYAは伸ばしていけたらと思っています。

たった一度の人生ですから、楽しみも用意しないといけませんよね。

さあ、今年はいい結果が期待出来そうです。

201651215728.JPG

 

 

 

セブ不動産.comの強み 開発までいけます!

すでにセブでの不動産事業を開始してから5年以上経つでしょうか。

多くの痛みを味わいながらも、多くを学んできました。

 

始めはコンドミニアムを中心とした物件の販売から始めましたが、注文住宅、

または事業用物件などのカスタマイズもやることになり業務の範囲はかなり広がりました。

当然のことながら、お客様が日本人の方が90%なので、事業立ち上げの支援などもしております。

この中で一番大切なのは、社内に弁護士を抱えたことです。

もちろん、弁護士は常につきあっておりますが社内にいることで弁護士の真剣度も違います。

一番いいのは、常に相談をしながら仕事ができたことでしょうか。

それは学ぶことが多いですよ。

 

ということで、新たな開発を目指して土地探し。

今日は私どもの法律コンサルティング部門を担当してくれている新倉君を従え現地調査です。

201651154859.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この山をどう開発して、どのような人に提案をしていくのか・・・・・・・・

そんなことを考えながら土地を探します。

201651155026.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人に向いている場所、セブの人に向いている場所、観光地に向いている場所、工場を提案したい場所・・・

 

こういった何もないところに価値をつけていくのが本当の不動産事業のおもしろみです。

土地は原材料の一つ。その土地にどれだけの価値をつけることができるのか・・・・

それが開発なんです。

 

でもそれを海外でやろうと思ったらどんな苦労があると思いますか?

アイディアは浮かびます。

でも、それを具現化するには多くの手続き、パートナー、法的な知識など多くのものが必要です。

それが今のセブ不動産.comには備わっております。

 

セブの多くのデベロッパーをパートナーに持っております。

デベロッパーごとに得意不得意がありますから、一つのところとつきあっていても具現化出来ません。

また、代表の寺田はセブのDuros Land Properties, incとCLS Properties,incとBay Street Development corpでは

国際営業部長を務めております。

単なるパートナーではなく、開発にも携わってきております。

 

そして、セブ不動産.comのお客様を安全にお守りするために新たにHSJ Condat Consultancy and Management solutions,incを

起ち上げ、単なる不動産事業だけでなくお客様のリーガルアドバイスも出来る仕組みを作りました。

このことにより、お客様の事業進出をどこよりもスムースにサポートができるかと自負しております。

 

セブで事業進出したい、投資がしたい、何かやってみたい・・・・・

そんな時には是非、セブ不動産.comにお問い合わせをください。

 

私たちの強みはセブで本当に多くの修羅場をくぐってきたことです。

お客様には私たちの失敗談まで含めてお話しをさせて頂いております。

 

お問い合わせはこちらまで

cebufudosan@gmail.com

セブ 就職合同説明会 Job Fair

CEBUの就職説明会というのはきわめて面白いです。

なんと、ショッピングモールの中でやります。

もちろん、ショッピングモールの中にはたくさんのテナントがあり、仕事もありますから

それも理にかなっています。

 

ということで早速拝見。

私は、皆さんにアドバイスさせて頂いているのはすべて自分の体験談を素にしております。

海外の案件はやはり自分で体験しなければ、人には説明出来ません。

 

ということで早速ご紹介 ショッピングモールのど真ん中です。

201651151045.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紺のスーツなどは誰も来ていません。いたって普段着です。

201651151223.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても結構集まります。

こちらでは人材不足というのはありません。ただし、優秀な人間はどこでも引っ張りだこです。

見ていると本当に若い子達が来ています。

日本のハローワークとは違いますね。

20165115141.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のようなかわいらしい子達も面接に来ています。

さて、私たちのブースにはどんなのが来ているでしょうか?

201651151549.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーのチェックの男がうちのスーパーバイザー。

青の迷彩Tシャツが応募者です。これは雇わないでしょう。

201651151820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのグレーのシャツのスーパーバイザーが非常に優秀で本当に任せています。

先日も非常に厳しいミーティングをスタッフ達にしました。

セブでビジネスをやるには本当に厳しく部下を引っ張る鬼上司が必要ですがなかなか見つかりません。

彼は本当に適任です。

そして料理、マーケティング、飲み物までオールマイティーにやってくれますから今本当に期待しています。

201651152059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、KOTOBUKIYAを大改造中。料理もどんどん現地化を進め、さらに楽しさをアップするために

週末はライブバンドも呼んでいます。

このセブで勝ち抜くための業態開発を今全力でしています。

マーケティングチームの採用、スーパーバイザーの刷新、スタッフのブラッシュアップ、入れ替えなど

勝つための戦略を構築中。

 

レストランというと、美味しければ売れると思うかもしれませんが、やはり基本は人です。

いいチームができることによって継続的に伸びる仕組みができる。

自分の力に頼らず、セブの優秀な人材を集めてかつ店作りをしていきます。

やっと楽しみになってきました。

 

<<PR>>

私たちは、よりプロフェッショナルな日本企業様の事業進出をサポートさせて頂くために

HSJ Condat Consultancyという会社を運営しております。

HSJは弁護士を抱えており、お客様の事業進出のための手続きを中心に

事業所のご案内、改装から、人材募集、など幅広くお手伝いをしております。

小さな事業主の方から、工場進出をしたい方まで法務を含めたサポートをさせて頂いております。

是非、セブへの事業進出をお考えの方はお問い合わせください。

担当:新倉

hisa@hsjcondat.com

セブにいても感じる大統領選の熱さ!

フィリピンの大統領選は本当にお祭り騒ぎの様相を呈しております。

しかし、当事者達はさらに熱い・・・・・・・・・・・!

 

ドナルド・トランプの発言が何度も問題になりましたが、こちらの大統領候補のDuterte氏の発言はその比ではありません。

彼は、なぜこれほどまでに人々を熱狂させるのか?

発言も過激ですが、これは俺のアイデンティティーだから許してくれと、決してスタイルを変えません。

また、選挙後にまた突かれるといやなので、「俺は大統領に立候補するけど女好きなところは目をつぶれよ」と爆弾発言します。

「俺は4人の女がいて、昔の嫁さんに、今の嫁さん、それから愛人が2人いるけどそこは突かないでくれよ。

一人はスーパーの化粧品売り場で、もう一人は・・・・どちらかというと売り場の子の方がかわいいんだよ」みたいな・・・

日本では考えられない発言です。

 

確かに大注目を浴びていて、見ていても痛快なのですが、それでも大統領となると慎重にならなければなりません。

そこで、私は運良く、セブで行われたDuterte氏のパーティーに呼ばれましたのでその時の様子をお伝えしたいと思います。

場所は、ホワイトゴールド。ガイサーノのレストランです。華僑の力を感じます。

めちゃくちゃ古いですが、めちゃくちゃ豪勢です。

2016423162823.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201642318547.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は大統領のスピーチは午後7時に始まるはずでした。ところが・・・・・・・

8時になろうと、9時になろうと現れません。

ついに12時を回りました。まだ来ません。

 

一緒に行った当社の顧問弁護士のアリエルに、どうしてDuterteに投票するの?と聞きました。

答はこうでした。

「他にも大統領としてふさわしい人はいるよ。だけど誰も従わないんだ。

例えば、グレース・ポー(2番手の女性議員)は優秀で、言うことはいいけど誰も従わないだろうし

実行に移せないだろう。そして人々はまた失望する。

でも、Duterteは過激だけど、実行する。そして人々もそのルールに従わなければと共感する。

真のリーダーなんだ。

きれい事を言うだけでは、人は引っ張れないだろ?

あの人なら、やってくれる、そして自分たちもそれに従わなければならない。

人々をその気持ちにすることがリーダーなんだ。

今のフィリピンに必要なのは、バラバラな国民を引っ張るリーダーなんだ。」

・・・・・・確かに。

 

時に、人は体で物事を感じることがあります。今街を見ていて自分は歴史の転換点にいるんだと感じます。

この大統領選でフィリピンは変わります。しかも大きく。

 

しかももう、12時を回ってしまいましたが、熱気は収まりません。

私の友人のベンハー議員も参加しています。連日の選挙活動でお疲れなのでしょう。

一回りやせていました。ベンハー議員(左)マリン市議会議員(右)

2016423183313.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと一人目が現れました。副大統領候補の人です。名前は忘れました。存在感は薄いです。

でもしっかりと握手をしました。

 

そしてついにその時がやってきました。Duterte登場!!!!やはり副大統領の時とはみんなの騒ぎ方が違います。

2016423185623.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もみくちゃです。私はDuterteのTシャツを着てガードマンのような顔をして立っていたので

この至近距離で撮影出来ました。

私のことを最初はガードマンと思っていたボディーガードは「なんだこいつ?」という顔をしてました。

大統領にカメラを向けるガードマンなんていませんからね。

2016424131712.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もみくちゃです。

でも、これが今のフィリピンの頂点かと思うとうれしく感じました。

そして深夜1時からのスピーチ・・・・・・

2016424131912.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ結果はわかりませんが、私は彼が勝つと思います。

 

この国は長い間、政治に失望していました。今もです。

アキノ大統領でかなりクリーンになって、この国は飛躍的に成長しました。

 

でも、実際にこの国で仕事をしてみればわかりますが、民度はまだ低いです。

強烈なリーダーのもと、国民の意識が変わるんだという流れを生んだ時、

この国の歴史は変わるでしょう。

 

中途半端になっているこの国のインフラ改善、都市計画のスピードが一気に上がるでしょう。

この国は変わる・・・・・確信しています。

 

それにしても、御年71歳・・・・・この超過密スケジュールをこなしています。

このレベルに来る人はやはりエネルギーが違います。

セブ 原点に帰った夜 私のスタッフの現実

KOTOBUKIYAというレストランをSMコンソラシオンで営業しております。

この店はある意味、私たちが作った店なので、今後お客様には事業用の内装を頼むとこんな風になるのかと

イメージがしやすい見本になると思います。

 

不動産屋なので、この店がどうのこうの言うつもりはないのですが、今日は買い出しで従業員と同行しました。

一緒にいた子は22歳の男の子ですが、最近通勤を考えて引っ越しをしました。

家賃は2500ペソです。1ヶ月。

日本円で6,000円程度・・・・

一体どんなところだろう?私の好奇心はくすぐられました。

途中から写真を撮ったのですべてをお伝え出来ませんが・・・・・かなり厳しい環境です。

2016416205327.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真にすべて収まりませんが、これがダイニング。

部屋はすべて込みで4畳半程度のところ。

寝室は写真を撮ろうと思ったら電気が付かない・・・・・

隣との壁は木で出来ていました。防音もへったくれもない・・・・・・隣人があたかも同じ部屋にいるようです。

 

子供が出来たとは聞いていたけど、子供がいると仕事が出来ないから実家に預けて仕事に専念している・・・・

彼にあげているのは日本円で1万6千円程度・・・・・・

苦しいわけです。でも苦しいとは一度も言ったことはない。

こんなやつが私を支えてくれています・・・・・

 

私も海外に日本人としてチャレンジしました。だから辛い思いもするし、騙されることもありました。

でも、こうやって歯を食いしばって・・・・それでもつらさを顔に出さずに頑張ってくれているスタッフがいます。

彼は自分の家がみすぼらしくて恥ずかしそうでした。

私も、この家に長居はとても出来ません。暑いし、座るところがない・・・・

 

寝室は今回撮影出来ませんでしたが、なかなかの衝撃です。良くこんなところで寝られるなあ・・・・と

 

帰り際、私は彼に「お疲れ様。今日は遅くまでありがとうな!」といって帰りました。

そんな私を車で動き出すまで彼は表に出て見送ってくれました。

改めて自分が抱えている仲間の人生や、その責任について考えることになりアドレナリンが溢れかえりました。

感謝の気持ち、こいつ達を幸せにしなければならない!、こんな生活しか送らせて上げられなくて申し訳ない・・・・

複雑な思いで目頭が熱くなりました。

でも、涙は流しません。そんな涙にはなんの価値もありません。

明日また、自分を徹底的に追い込む!それしか方法はないんです。

 

生きるために仕事をする、そんな原点から、自分のリーダーとしての責任まで振り返ることになった夜でした。

 

彼のこの小さくてみすぼらしい家の中には、家族の写真が飾ってありました。

Happy Familyと書いてあって家族が子供も含めて寄り添っている写真が飾ってあります。

彼は敗者ではありません。こんな状況でも奥さんに笑顔をもたらす勝者です。

 

絶対に大きい成功を収めて彼らを数ランク上げて上げたいなと思いました。

決して贅沢だけが幸せではない。でも快適な生活が出来るようにしてやりたい。

絶対に負けるものか!と誓いました。

 

リーダーは非常に孤独です。

ましてや、海外でリーダーとなるとその孤独さはかなりの重圧です。

彼の家を見たことが私には非常にいいモチベーションとなりました。

 

私はスタッフのすべての生活を知るわけではありません。

でも、他のスタッフも笑顔の陰にはこのような生活をしているわけです。

でもそれを乗り越えられるのは明日への希望と若さなのかもしれません。

明日への希望の火があり、あきらめない気持ちがあれば彼らは決して貧乏ではないんだと思います。

2016416211353.JPG

セブでの事業進出をお手伝いさせてくださいね!

最近、お問い合わせで多いのはやはりセブでの事業進出です。

 

オフィスの賃貸契約から、オフィスの改装工事まで幅広くやらせて頂きます。

もちろん会社設立の支援もさせて頂いております。

会社の設立に関してはセブ最短で出来ます!これは言い切れます!(申請関係)

 

もちろん工場の進出もお手伝いさせて頂きます。

 

事業進出をする場合には、当社の法務関係サポート部門の

HSJ Condat Consultancy and Management Solutions,inc.がお手伝いします。

長い名前なのですが、フィリピンでは会社登録の際に、会社名からある程度何をやっているか

明確にする必要があるんです。皆さん実は会社名を決める際にも最初は苦労するんです。

特に製造業、IT関係の方は経済特区の進出も可能ですから是非、HSJ Condatをご利用ください。

当社は弁護士が社内におりますから安心してサポートを受けることが出来ます。

 

さて、ちょっと今日は具体的に面白い土地を見つけましたのでご紹介。

出来たら、こういう場所は介護事業者などが開発してもらって、

将来日本人が介護をセブで受けられるようにしてくれたらなと思います。

 

今、非常に伸びているコンソラシオンという地域ですが、ここに26ヘクタールの土地を販売している会社があります。

Santa Luciaという会社ですが、ここは土地を開発して販売します。

住宅は作っていません。開発して電線を引き、水を引き、住宅がすぐに建てられるようにするのです。

ここの会社が土地を紹介してくれました。
201647155111.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体としては、非常に大きな住宅用の土地になるのですが、その中の最初の区画を紹介してくれました。

もう電気も水も引いてあります。

こういうところをまとめて開発してくださるような会社を探しております。

やはり、今後日本のリタイアメント、介護事業は存続が厳しくなるでしょうから海外で

安くて優秀な人材を使って介護事業を行うというのも手です。すでに多くの事業者の方が

その方法をセブで模索しておられます。

 

セブの方もすでに、そのマーケットが非常に大きいことを知っております。

 

Santa Lucia のセブ島のトップの方に今日は土地を案内して頂きました。

20164715571.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ山ですね。

出もここは山のようですが、きちんと電線と水がもう引いてあります。

あとは建物を建てていくだけ。

ちなみにもうクラブハウスは出来ております。
20164716234.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ家は建っておりませんがスイミングプールも出来ており、バスケットボールコートもあります。

只今、テニスコート建築中。

 

ただ、自分たちで開発をする場合にはアメニティーを自分たちで工夫するのも手です。

アメニティー(娯楽施設)が充実するだけでそのプロジェクトの価値は一気に上がります!

20164716954.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブで自分たちのプロジェクトを起ち上げてみたい方!是非ご相談ください。

そして、日本のお客様に是非、皆さんが企画したプロジェクトを販売していくなどの事業をご検討ください。

セブは今から本当に伸びると思います。

ここに来てみれば感じます。

穏やかながらもあふれる若いエネルギー!

 

是非、セブで不動産開発をしてみたい方、ご相談ください。

ご相談はこちらまで

cebufudosan@gmail.com

PAGE TOP