ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブからカガヤンへ出張

今日はカガヤンというところで、打ち合わせがあるので飛行機で出張です。

飛行機というとたいそうな感じに聞こえるかと思いますが乗ってるのは30分です。

しかし、飛行機の時間は朝の5時・・・・・・3時に起きて空港に向かいます。眠い・・・・・

20151119194029.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の打ち合わせ内容は、まだ公表できませんが自分の中で力を入れていきたいプロジェクトです。

そのチームとの打ち合わせです。空港までは迎えにきてくれるのですがごつい車で来てくれました。

6.2リットルエンジンの化け物です。乗り心地はランドクルーザーよりも上です。

20151119194343.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブディビジョンの中に、家を購入してそこで作業をします。頭脳派集団が集中できるように

来客や、電話が鳴らないようになっています。集中して大切な話をするには非常にいい隠れ家です。

ここをヘッドクオーターとしております。
20151119194758.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じでゆったりと仕事ができる空間です。

頭を使う仕事をするときにはこのような静かな環境で邪魔が入らないようにしてやるというのがこのコンセプトです。

確かに、のんびりしているようで意外と仕事がはかどりました。オフィスは別にありますが、集中するときにここを使うことになっています。

20151119205743.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカガヤン地方では高級なサブディビジョンになります。

2015111921534.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はソーラーパネルのデモ機を設置する打ち合わせでした。日の当たり具合を確認して準備します。

20151119212327.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は販売物件のご紹介ではありませんが、このように街中を走っていると見えないサブディビジョンの中を見ていただきました。

貧富の差が本当に激しい国です。

このように、日本人よりもいい生活をしている人たちと、外は完全に隔離されています。

セブのインテリ層の仕事ぶりを見るいい機会でした。

セブ 最近クオリティーが上がってきたCLSプロパティー社

私はDuros Land に所属しているのですが、私の親友が経営するCLSプロパティー社が最近クオリティを上げております。

5年ほど前は結構雑な仕事をしていたのに、急激な変化に驚いています。

なぜ雑だったかというと、販売している物件が低価格のものばかりだったからです。

そして、低価格のものを渡した場合は、買った人もこんなもんかなと思ってあまりクレームも言いません。

 

ところが、最近、時代の流れに合わせて中価格帯、さらにはリゾートの高級物件も手がけるようになって

その質感はぐっとアップ。

ここは、積極的に若いデザイナーを採用していることが功を奏しております。

ということで、彼らのカシリレジデンスのご紹介・・・・ラブホテルのような色使いです。
20151118204144.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の仕上げはだいぶ上手になってきました。

20151118204319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015111820457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の工事現場はこんな感じです。

場所が日本人には向かないのでお薦めはしておりませんが、ローカルの方には、売りやすいかと思います。

つまり、ローカルの求める質も上がってきているということです。

20151118205319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブは今人気です。今までは外資に頼ってきたイメージがありますが、やはりこの国は今後伸びていきます。

いわゆるニューリッチという層が増えてきているんです。

実際にこちらで生活をしてみると、収入が日本人と変わらない人はたくさんいます。

円安もあって、ますますその印象は強くなります。

経済規模はまだ日本の方が圧倒的に大きいですが、セブに限っては豊かな香りがしています。

もちろん、街を見渡せばまだ貧しい人がたくさんいるのですが、若さもあってそこに悲壮感はありません。

セブ 人気の陰にリゾートの努力もあり

最近セブで感じるのは自分の生産性が著しく落ちていること・・・・・・

その理由に移動に時間がかかりすぎる。

渋滞が激しくなると言うことは、やはり街の成長があってもことなのですがそれでも

たかが10キロの道のりを1時間以上かけていくのはしんどい・・・・・

たまに膝から下のところが痙るときがあるんです。アクセルとブレーキのオンオフの連続で。

 

生産性は落ちているのに忙しい・・・・・そんな日々が続いていたら私の友人が気を抜けと言って

ポンとリゾートの宿泊券をくれました。家族を連れて息抜きした方がいいよというアドバイスです。

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今の日本の人たちの仕事に比べてたら、余裕はあるかと思いますが何しろ休みというものを特に作らないものだから

その姿がこちらでは異常に映るわけです。

 

ということで、モーベンピックのチケットをくれました。

ここは、元々ヒルトンホテルでした。地元のパートナーがヒルトンの基準を守らないからヒルトンがバックアウトしてしまって

大丈夫かなと思っていたのですが、見事にリノベーションして今ではすごく素敵なホテルになりました。

20151116181641.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実にモダンになりました。

しっかりと自然を活かしているのですが、モダンです。

照明の下にはたくさんの魚が見えます。

20151116181755.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻想的な空間の中でする食事は、味よりもその時間そのものが幸せです。

これが海の真横なんですから。

20151116181915.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、リゾートもどんどん新しく変わって行っています。

やはり今でもセブに海外から人が集まるのはまずはリゾート。

その魅力は日々強化されています。

 

友達に感謝

 

セブ Duros LandがIECのパビリオンを寄付

Duros Landの会長と、副会長ともカトリックの熱心な信者です。

セブの中心地に、2ヘクタールの土地を開発するのですが、その中にカトリックの教会のためのパビリオンを寄付しました。

来月には完成の予定です。

これは新聞にも取り上げられました。

2015111418552.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20151114185542.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら熱心とはいえ、こんな巨大なものを寄付するとは・・・・・・・

 

今日は、久しぶりにクラブフィリピーノで食事しながらリト会長と、マム・フェとミーティング。

時間になって行ってみると、マムフェがもう待っていました。

挨拶しても、顔も上げることなく仕事に没頭。

この人のすごいところはひたすら長く続く集中力です。
20151114185846.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

邪魔しないように、近くに座っておりました。

リト会長が現れたので、少し話をしてました。日本からきたお客様もおられたので

パビリオンのお話しもしてくれました。
2015111419130.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間もなく、Duros Landの25周年記念イベントも行われます。

そのため、従業員のため、低価格の住宅を寄付する予定もあります。

 

私は聞きました。

「なんで、そんなに寄付するんですか?新規事業や、政府の事業が多くて大変なこともあるじゃないですか。」

「ヒサ、苦しいときにこそ与えないといけない。それが成功する法則なんだよ。

投資とはちがう。与えて汗を流していると神が助けてくれるんだよ。これはもう法則だ。」

このあたりの気持ちは全くぶれない人です。

共にお仕事させてもらっているので、苦労をいつも見ているのですが、与えることについては惜しみがない・・・・

 

成功するための器を身につけなければならない・・・・・・そう感じさせられる時間でした。

セブはやはり国際的だなあと感じる時

今日は異業種なのですが、CLSプロパティーの社長から紹介したいグループがいるということで、

パーティーに参加しました。

行ってみたらインドネシア人が経営するパイロット養成学校の卒業式でした。

2015116193641.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この濃厚なイケメンがこの学校の校長先生、というか経営者です。インドネシアの方です。

2015116193856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのクラスはなんと、パプアニューギニアの生徒達でした。

感じたのは、やはり若者達の夢に向かう強さでした。

なんか、この感じは日本から消え始めてるなあ・・・・・・・などと感じました。

というより、日本でパプアニューギニアの人たちなんかがこうして集まって楽しく学べる環境なんてありません。

外国人を受け入れる環境も必要ですよね。

2015116194530.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、今回もベンハー国会議員のコバンザメで行ったので、VIPの特等席

私としては荷が重いですが、だれも私と国会議員のレベルの違いを知らないので

あたかも、同等のような顔で図々しく座らせていただきました。

2015116194811.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この卒業式が行われたのは、最近ちょこちょこブログでも触れるカシノ・エスパニュール

セブの会員制の社交クラブです。

 

こういうところにいくと、世界からいろんな人が集まっているので楽しいです。

日本人はだいたいいつも私だけです。ベンハー議員のスピーチです。来年選挙なので選挙についても触れています。

2015116195725.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のパーティーに比べて、参加しても結構楽しいです。

前半は、ティーンエイジャー達のヒップホップのパフォーマンスもあったりしていかにもフィリピン

 

本当に感じるのは、いろんな文化が混じり合うこの国・・・・・

それが自然であることは非常にいいと思います。

日本は、もはや人口減少で存続不可能な自治体だらけ・・・・・・

どうやって存続するのでしょうか?

お金だけではない。人という重要なファクターが壊れ始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブ 外国人の口座開設が急に難しく・・・

つい最近、お客様の銀行口座の開設のために銀行の窓口に行きました。

去年まではパスポートさえあれば、簡単に銀行口座の開設が可能でした。

ところが・・・・・

 

本当に急に銀行口座の開設が難しくなってきたのです。

IDもパスポートだけでなく、もう一つ必要ですし、入国管理局でACRというものも発行してもらわないといけません。

これらは先進国からの要請で変わってきているようです。

 

話は私事になりますが、

最近は、息子にも仕事の手伝いをさせたりしており頑張ったときにはお小遣いを上げたりするようにしました。

201511575059.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで、お小遣いが、750ペソほど貯まりました。日本円で2000円もありませんが。

そしたら、息子が「ぼくは銀行口座を作りたいんだ!」といって銀行に口座の開設に行きました。

 

ここまでは、いいのですが・・・・・・

翌日からは、小銭ができればすぐに銀行に行って預け入れがしたくて仕方がありません。

ちょっとお小遣いが41ペソほどできたらすぐに銀行に走って行きました。

まさかとは思いましたが、41ペソを銀行の窓口に行って預け入れしております。

20151158357.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一所懸命金種も分けて記入しております。

日本だったら確実に怒られるでしょう。

つい窓口で、「済みません。面倒なことさせて・・・・・」と謝ると

窓口の人たちは、二人がかりで息子の記入を助けてくれました。

 

まあ、これもいい経験かなと思って見ていましたが、

翌日もまた窓口に行っていたので、次からはもう少し大きなお金になってからねと伝えておきました。

温かいセブの人たちのおかげで息子のチャレンジも許されました。

 

今、フィリピン国内向けのローン金利がやっと下がりました。

以前は銀行ローンと言えば、9.5%から12%の住宅ローンです。

それがなんと6%程度にまで下がってきました。

今後更に住宅市場は活況になりそうです。

セブからパラワンへ

セブの不動産投資というと最初はコンドミニアムが一般的ですが、

上手く運営ができて良い結果に満足していただいたお客様には次なるステップの投資もご紹介させていただいております。

最近は離島にも足を伸ばしております。

 

ということで、今回は空港も新たに建設中のパラワンに高級住宅地を作るので、

そこの土地をファイナンスしてあげるという投資案件を私のお客様にお願いしました。

3年間だけのファイナンスですが、利回りは抜群です。

 

この案件は非常に魅力があり、主な収益源がクラブハウスになります。

クラブハウス?

フィリピンは貧富の差が激しいため、富裕層はある意味エクスクルーシブな空間を好みます。

そこで、住宅街にクラブハウスを併設して、スポーツから麻雀、レストランまで含んだお金持ちの社交場を作り、

継続的な収益を上げていきます。

 

その場所に選んだのがパラワンです。美しい・・・・・・
2015114152729.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201511415291.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でもブラッドピットのお気に入りだそうです。

 

詳細な図面は今日打ち合わせがありますので、まだ公開できませんが、クラブハウスとはどんなイメージかをお伝えします。

コンセプトになったのはセブの中心街にあります、カシノ・エスパニョールです。
2015114153521.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015114154050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような威厳のある建物です。

そして会員は、メンバーになるために今待ちの状態です。ここは2000人で運営されてます。

2015114154944.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールにテニスコート、レストランにバスケットコート、麻雀施設にスポーツジムと盛りだくさん。

意外と麻雀人口の多さにビックリしています。

 

ここまで大きなクラブハウスではありませんが、300人規模のクラブハウスを作りたいと思います。

パラワンは今世界的にも注目されている場所です。

フィリピン人は引退したらパラワンという気持ちも多いです。

そういう意味で、この開発は非常に楽しみです。

 

ワクワクするプロジェクトです。

セブ お盆なので田舎に行ってきました。

日本とはちがい、セブは先週末がお盆休みでした。

街から田舎にいっせいにみんな帰るため、街は閑散、田舎は人がたくさんです。

今回はボゴに行ってきました。

田舎は町の発展というよりも人口密度が高まったなという印象程度です。

確かにセブの開発のスピードもワクワクするのですが、正直言ってセブの元々の良さが消えていくのも寂しいです。

 

夜はみんな海の近くのバーベキュー広場へ繰り出します。
2015114143220.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015114143545.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時間が本当に幸せを感じる時間です。うちのマネージャーも一緒にボゴに帰省しました。

地元の人は飲みに行くと言っても本当に日本円にして500円くらいしか使いません。

それでも十分に楽しめます。

 

田舎にきてはっきり感じること・・・・・・・・

それはやはり空気がきれいだと言うことです。

セブは街中がやはり非常に渋滞で、空気も排気ガスで汚れているんだと田舎に来ると感じます。

何しろ、星がきれい・・・・・こんなにあったのかとビックリするくらい星が見えます。

流れ星を2つも見ました。

2015114143955.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、墓参りに行ってきたのですが・・・・・ビックリです。

貧困層のお墓は頭蓋骨が丸見えです。
2015114144754.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなお墓は絶対に嫌だなあ・・・・・と思いながら見つめていました。

もちろん、少しお金を出せば公園のような素敵なお墓が選べます。

ちなみに日本人が死んだ場合には、こちらで火葬して日本にお骨を送ってくれます。

 

セブに人生をかけてみようと思ったのは、やはりこの人口の増加を肌で感じることです。

田舎のボゴに帰るのは3年ぶりでしたが、人口が増えているのは目に見えてわかりました。

人口が増えることで起こる様々な問題もあるでしょう。

でもそこにチャンスがあると私はいつも感じています。

 

<<< P R >>>

さて、セブで老後を楽しく過ごしたい、そして介護が必要になってもそのまま滞在できるような物件のご紹介です。

http://lifecare-cebu.com

日本の介護施設が運営してくれるWood Land Residence

ぜひ、一度セブにきたらご案内させてください。

 

セブ KOTOBUKIYA主催のSMモールイベント

KOTOBUKIYAはSMモール コンソラシオン支店に入っております。

セブのモールというのはいろんな方法でお客様を呼びます。

新しくできるモールはどれもイベントができるスペースをしっかり確保していて、イベントを楽しみに来る人がたくさんいます。

 

KOTOBUKIYAも、今回初めて自主企画でイベントをさせて頂きました。

2015109204717.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

題して、「KOTOBUKIYA フィーバー 10月」なのですが、単なる早食い競争です。

音楽と、早食いと、KOTOBUKIYAに関するクイズを混ぜた2時間半ほどのイベントです。

2015109204956.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズと言っても簡単なものばかり。

そんなにKOTOBUKIYAは知名度ないですからマニアックな質問には答えられません。

例えば、ラーメンは味噌、醤油、豚骨、つけ麺とありますけど、あなたが知っているラーメンを2つ上げてくださいと

ヒント丸出しで、答えられるようにするわけです。

日本語で、サンキューはなんですか?などと、誰でも答えられるものを用意します。

当たった人には商品券プレゼント

2015109205452.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ早食いイベント

2015109205949.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201510921252.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供も参加してくれてますが、早食いではなくて普通に食事しています。盛り上がりに欠けるではないか!

次のグループは男にも積極参加を促しました。逆に今度は面白くてうちの息子が参加者のテーブルに行って

ガン見しています。失礼だろうが・・・・

201510921453.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完食はステージから見えるのですぐにジャッジ!
201510921856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝者には1000ペソの商品券が!セブでは大きいですよ。

あれ?ふと、横を見るとKOTOBUKIYAのスタッフが!!!!

余裕で店を放ったらかしにしてサボっています。私の前で。
2015109211238.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなショッピングモールも、KOTOBUKIYAも私たちが開発しているWood Land Residenceからはすぐ近くです。

皆さんにもWood Land Residenceに住んだときに生活をイメージして欲しくて紹介しました。

モールでの時間が生活の一部となるでしょう。

 

Wood Land Residenceは日本の介護施設が運営をしてくれる魅力のリタイアメントリゾート

詳しくはライフケアさんのホームページをご覧ください。

http://lifecare-cebu.com
 

セブの不動産 開発はだんだん差別化されつつある

最近は、セブにいながらも地元のデベロッパー仲間と他の地に足を伸ばすことが増えました。

その一つはパラワン島

世界で最も美しい場所と選ばれてから注目されています。

私が若いときに見たレオナルド・デカプリオの映画「ビーチ」の撮影場所はここでした。あまり有名な映画ではありませんが。
201510918918.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201510918947.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい秘境です。ここが注目され始め人が世界から人が集まると共に、開発の計画がたくさん進んでいます。

すでに工事も進んでいる飛行場もその勢いを今後加速するでしょう。

 

日本の投資家の方から支援を受けてここに新しいプロジェクトを進めることになりました。

といっても、ここの場所柄、低価格住宅ではありません。

ある程度、高級で豊かなクラスを提供するためにクラブハウスまで含めた開発です。

 

住宅だけではなくクラブハウスも併設して娯楽を提供する。そんなプロジェクトです。

ということで、セブで老舗の会員制メンバークラブを視察。コンセプトを理解するために私も連れて行ってもらいました。

こういう場所は会員でなければ入れないのでいい経験です。

 

これだけ貧富の差が激しいと、富裕層は住む世界が違います。

このように明確に分かれていて、一般人が入れない方が気軽に遊べるのでしょう。
2015109181746.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの会員権価格は現在90万ペソ(160万円くらい)そこそこのお値段です。

最初に売り出したときは10万ペソくらいだったそうですからずいぶん上がりました。

ただし、会員になるには現在しばらく待つ必要があります。

誰でも入れるわけではありません。
2015109182313.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクラブハウスは1000人規模なので大きなクラブです。セブでも屈指のクラブ

パラワンに開発するのは300人程度の会員規模のクラブです。

これを住宅(サブディビジョン)に併設するタイプのプロジェクトです。

住宅の購入者にはもちろん会員権が付いてきます。住宅購入者以外の会員は260名程度になるかと思います。

 

ビジネスモデルが変わってきているんです。

デベロッパーは今まで、建物を売って引渡をしたらそれでビジネスが終わり・・・・

継続的な収入を得るのは、建物管理をする会社というのがスタイルでした。

 

このように、販売後も継続的に収益を上げる仕組みをどうするかを考えるようになってきたようです。

一時的な収益よりも継続的な収益を上げる方が魅力があるんです。

 

このようなリゾート会員権と聞くと日本のバブル期

こんなようなビジネスモデルをいくつも見ました。

このようなビジネスモデルは導入時期が重要なんだと思います。

経済や、人口の成熟期に始めたものはどれも苦労しています。日本がその例です。

 

今のセブ、いやフィリピンは人口構成から見るとまだ30年、40年の人口ボーナスがあります。

日本にいるとこの感覚はわかりませんが、今のフィリピンはこれからです。

 

お知らせ

セブで余生を送りたい、老後楽しく過ごしたいという方へ、日本の介護施設ライフケアさんが

ウッドランドでお世話をしてくれます。

私達が開発するWood Land Residenceをライフケアさんのサービスで是非楽しんでください。

http://lifecare-cebu.com

PAGE TOP