ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブから只今、極寒の日本に戻りました。

寒いです。

 

本日12月30日にほとんど夏状態のセブよりキンキンに冷えた日本に戻って参りました。

やはり、この寒さも私の血圧上昇には影響があるかと思います。

7日分の血圧の薬もセブでは2錠しか飲みませんでした。しかし今日は飲まないと血圧上昇必至です。

 

帰ってきたばかりなので、クリスマスの頃の状況から少し日常をご紹介したいと思います。

セブに到着するなり、いきなりセブKOTOBUKIYAの忘年会に行きました。

20131230231229.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この仲間がセブのKOTOBUKIYAを支えてくれております。

感謝しております。あまり店に顔を出さないのですがきちんとやってくれてます。

みなさんもフィリピン人のイメージは怠け者という感じがあるかもしれませんが

サービス業などは愛想も良く気が利いて非常に優秀ですよ。

20131230231443.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となりでは盛大に忘年会をやっております。

来年はKOTOBUKIYAも盛大にやりたいものです。

20131230231547.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘年会といってもやはり気候的には夏の中でやっております。

屋外でも平気です。今日本にいると温かい感じが想像できませんよね。

 

翌日はクリスマスイブです。

この頃にはみんなほとんどクリスマスの準備は終わっているのですが

それでもそれなりにモールは賑わっています。

このモールは家の近くのローカルの小さなショッピングモールなのですが

(マクタンにいるとよく利用します。日常使いは便利です。)

結構人がいます。

20131230231855.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131230232017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が取り扱いしておりますイーストリッジにお住まいになる方はここを将来よく利用されるかと思います。

ガイサーノグランドモールといいます。

あと、マクタンプレインズをお買い上げの方もここが便利だと思います。

マクタンだけでも私の近所だけで今年は7名ほど不動産をご購入いただいておりますので

ちょっとした日本人の仲間が出来そうです。

 

ちなみに去年、人気があったイーストリッジです。

この1月から2月にかけてあたらしくお住まいになる方がいらっしゃいます。

ご近所ですから、生活の準備などお手伝いさせていただければと思います。

イーストリッジの夜の様子はこんな感じでした。

20131230232455.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131230232535.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントの近くにスピーカーが見えますか?

外にテレビとスピーカーとカラオケシステムを出してガンガンにカラオケをやっております。

そして歌がへたくそです。

・・・・・でも平気です。それがフィリピン人です。楽しければそれでよし。

そして、クリスマスは騒音も我慢です。

この家はカラオケ、そして私の家の前の人は、スピーカーを外に出して

パソコンに入っているジュークボックスのようなソフトを利用しながら全然違う曲を流しております。

カラオケをしている音、勝手に好きな音楽を大音量で流している人・・・・・・

能天気というか何というか・・・・・日本の常識では考えられないのですが

私も向こうの空気の中ではそれが当たり前になってしまって気になりません。

もちろんこんなことはクリスマスの時だけですが。

 

それでも、今年はやはりフィリピンの一部で台風がありましたから例年に比べればかなり静かなクリスマスでした。

それなりに、自粛ムードはあるようです。

 

異文化ではありますが、単純な国民性でいつの間にか私も気楽な人間になりつつあります。

セブでは女性のビジネス社会進出が目覚ましい。

セブにいて思うこと・・・・・・・・・

女性で優秀な人が多い・・・・・・・・・

大きな組織でも管理職になっているのは女性が多かったりします。

弁護士も女性が多いし、優秀。

 

何がそうさせるのか?

女王蜂を見ても、男の働き蜂と、女王蜂の差があるように女性の方が生物的には強いのかもしれません。

・・・・・男として認めたくはありませんが現実でしょう。

 

セブではみんな大家族で暮らしていることが多いです。

子供が生まれてもおばあちゃんや、姉弟が見てくれたり、あるいはメイドを雇って仕事に専念したりと

女性が家事ではなく、より生産性の高い仕事に集中できる環境が揃っています。

 

つまり、女性が家事に縛られることがない・・・・・・・・・・

そのように男性と同じ条件で社会に進出すると女性の方が他の男性陣をごぼう抜きにして出世することがあります。

 

私のビジネスのチーフスタッフも、女性です。

もう2年前になりまますが産後、すぐに職場復帰してくれました。

復帰できたのは、やはり子守の人が家にいるからです。

2013122019187.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は、昼間はMDCというアヤラグループのゼネコンの管理職に就いており、非常に優秀なので

私のビジネスも手伝ってもらっております。

若いですが、競争を勝ち残ってきているだけ合って驚くほど優秀です。

IQも話せばすぐに高いことがわかります。

こうした能力が発揮される環境が整っているのがフィリピンです。

 

かといって競争心むき出しかというとそうではなくて

仲間との調和を保ちながら結果を出せる人間が評価されるようです。

チーム・ビルディング(チーム構築)というのが仕事の中でよく使われる言葉です。

リーダーとしてチームワークを重視できる人間が求められています。

残業はこの国では生産性が低いと見なされ美ではありません。

 

日本はこういう考え方をしていないでしょうか?

子供を作りたくても見てくれる人がいないから作れない・・・・・・

仕事があるから子供を作れない。

経済的に子供を持てない・・・・・・・・・・

貯金してからじゃないと子供は無理・・・・・・・

 

これはなるべく誰にも頼らないようにして生きようという日本人の考え方なんだと思います。

私も、セブにいて貧しい中にある明るい笑顔を見るまでは同様に考えていました。

 

貧しくても、家族が多いから助け合って生活するというのも人間らしくていいなと感じています。

 

家族がたくさんいるから仕事に専念できるという環境。

そして、家族を食べさせなければと一生懸命に上を目指して働く・・・・・・・・

私の目にはそれが健全に映りました。

 

使い古された表現を使って申し訳ありませんが

人という時は、人が支え合っている形を表しています。

 

日本人の美徳として誰にも頼らない、子供たちに迷惑をかけていきたくない・・・・

それはあるかと思いますが、やはり家族という砦を大きくして

助け合って生きるというのが人類の発展にもいいのではないかとセブにいると感じます。

 

そしてそのような環境であれば、働きに出るのは男性だけである必要はないのです。

男性と、女性に全く同じとはいいませんが、雇用機会は等しく与えられている。

とすると、男性には厳しいですが女性の優秀さが目に付くのです。

 

セブでの住宅購入 注文住宅は早い

セブにて、不動産をご紹介させていただいておりますが

主にコンドミニアムと、戸建て住宅の選択となります。

コンドミニアムは、自己名義で所有できるということから日本人の方は好んで選ばれます。

 

戸建て住宅の方は自分の名義で買えないから敬遠されがちなのですが

ちょっと待ってください。

コンドミニアムも土地は全く権利がないんですよ。

だから、基本的には楽に買って全く土地の権利がない形にするのか、(コンドミニアム)

ランドホールディングカンパニーを使って土地付き物件を買うのか、(戸建て住宅)

あるいは土地部分をリースにして戸建て住宅を買うのかという選択なんです。(戸建て住宅)

ランドホールディングカンパニーやリースに関しては、説明するにはきちんとしないと

わかりにくいと思いますので、またお会いしたときに!

 

ということで、今回は戸建て住宅を買った方の進捗状況です。

戸建て住宅は他との兼ね合いがなく、単独で工事が始まりますから

予定通り始まって、早く終わります。

そしてなんといっても魅力は、コンドミニアムに比べて割安なことです。

 

しかし、コンドミニアムにはホテル並みのサービスを受けれるところが多いですから

どちらがいいとは言い切れません。

特にWoodlandの第1フェーズを買われた方は、コンドミニアムのサービスを受けようと思えば受けられるので

非常にお買い得だったと思います。

今日は、逆にセブに今いらっしゃるお客様の方から、

「こんな風に進んだよ」と写真を送っていただきました。

着工から2ヶ月くらいでここまで来た感じです。

Woodlandのフェーズ1です。

東京からセブにいらしたMさんのお宅です。

20131215232116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131215234333.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様子なら来年の1月からは住めそうです。

コンドミニアムは待つ間がもったいないんですよね。

もちろん、その間が楽しみということもありますが。

 

こちらは、別のお客様で私が今住んでいるイーストリッジのお客さんの進捗状況です。

この方は車椅子を利用しておられるので、リフトをつけて2階に上がる住宅にしました。

20131215235833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフトも到着しており、まもなく設置です。

201312160818.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という状況です。

 

コンドミニアムを見ていると何年もかけて作るのでセブの建築は非常に遅い感じがするのですが

このように、普通に戸建て住宅を作る場合には、日本よりは遅いですが

それなりに日々仕事は進んでいきます。

 

今、街中で作られているコンドミニアムがだいたい2016年に集中的に出来上がってきます。

その頃には本当に大きく街の姿が変わると思います。

 

コンドミニアムだけが出来るのではなく、セブで今準備されている様々なプロジェクトが

その頃にオープンになるでしょうから、そこからセブの発展は更に加速すると思います。

 

セブ不動産.comは出来上がってからもおつきあいさせて頂いております。

なぜか?

それは、慣れない土地で生活を始めたら最初のサポートはあった方がいいじゃないですか。

セブでの新生活はみなさんにとって楽しいものであって欲しいからです。

 

 

 

 

 

セブ 地元の生活はこんな感じです。

セブは、経済発展とともにだいぶいろんなルールがきちんとしてきました。

ちょっと前まで、交通規制なんてほとんどなかったのですが、

最近は街から外れてもちょこちょこまともな信号まで出現してきました。

 

とはいえ、まだまだ日本に比べれば規制は緩い。

私も時々、ピックアップトラックに乗るのですが、曇り空で暑くなければ荷台に乗っています。

みなさんもセブに行くと普通に荷台に乗っている人をたくさん見かけるでしょう。

私も時にその一人と化します。

 

この写真は荷台から撮ったものです。

20131214234120.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、大きな荷物を買ったので、軽トラックの後ろに荷物と一緒に乗って帰りました。

20131214234240.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131214234321.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の人も50CCのバイクに4人くらい乗っているのも平気です。

過去、最大で6人というのを見たことがあります。(一人は赤ちゃん)

 

良く運転できるなあと感心します。

 

この日はローカルの、いかにも地元のレストランに牡蠣を食べに行きました。

20131214234715.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養殖池から取ったものをそのまま料理してくれます。

大丈夫かなあと思いながらも、もう普通に食べてしまいます。

20131214234856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日上がった牡蠣が店頭に置いてあります。

さすがに生牡蠣は駄目だなと思い、火を入れてもらおうと店員を呼ぼうとしたら

この通り、しっかり寝ています。

日本でこんな姿を見ると、ついつい注意したくなりますが、ここはセブです。

笑って許すのです。

といっても、起こせばすぐに照れくさそうに準備を始めてくれます。

2013121423504.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131214235141.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、見ての通り、こんなにむき出しの店なのですがカラオケセットがおいてあります。

もちろんこんなので歌えば、周りに聞こえます。

だって、壁がないんですから。音もデカいです。

でも気にしません。ここはセブですから。のんきが一番です。

 

こんな感じで趣のある昼飯を食べた後に、コーヒーを飲みに近くのモールへ。

20131214235436.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩モールに入ってしまうと別世界。

非常にきれいで快適です。

ここは新しく出来たSMコンソラシオンというところですが、

私が今みなさんに一生懸命ご紹介しているWoodlandのすぐ近くです。

 

先ほどのような光景と、この店のような世界が混在しているセブ。

そして、店の前にはこんな車まで停まっていました。

20131214235645.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアンバランスがセブの現状です。

かといって、中国のように格差に文句を言う人もいない・・・・・・・

貧乏人は貧乏人同士で楽しく過ごしている。

金持ちも特に金持ちだからと言って威張る人もあまり見たことはない。

人がたくさんいてごちゃごちゃしてますが、何とも能天気で穏やかな街なのです。

セブへの海外移住 息子2回目の通信簿

セブでの生活が始まり、息子も私の都合で無理やり5歳からセブでの生活が始まりました。

とにかく、子供だから覚えが早いとは言え、最初は苦労をしておりました。

勉強よりも遊びの年頃ですし、友達もいっぱいで楽しくて仕方がない。

言葉が通じなくても、笑いを取っては注目を浴びていました。

 

しかし、現実はそう甘くはありません。

セブで普通に私学に通わせると勉強はなかなか厳しいのです。

 

ということで以前にも息子の成績表が初めてきたときにこのブログで公開したのですが

2回目の通信簿が来たのでご報告します。

 

特に最近は、お子さんの将来を考え海外移住をお考えのかたが多いので

実際に勉強について行けるのか心配かと思います。

ということで、私の息子はこの通り、いかにもいたずらで勉強嫌いです。

20131214211132.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131214211310.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブに来てから教育方針は、

誰かに怒られるまで放っておこう

です。

好き放題やらせて、あまり「駄目!」と言わないようにしています。

とにかく、自分でどんどんチャレンジする精神を持ってもらわないと海外で戦えないと

思ったからです。

 

これが正しい教育方法だとは思いません。

しかし、実際セブに来て、仕事上の競合相手が韓国勢だったり

他の国の人間だったりしたときに、やはり積極性の面で日本人は負けています。

もちろん、やり過ぎはいけませんが萎縮してしまって動きが遅いのが日本人です。

英語に対する苦手意識も萎縮してしまう原因です。

とにかく、どんどんチャレンジして欲しい。

せっかく息子なりにもセブで慣れない環境で戦ってきたんだから将来は自分の手で

成功がつかめるような積極性を持って欲しいと思います。

 

とまあ、こんな感じで放任主義でセブで育てていて成績の方はどうなったか?

やはり、そこは大切です。

成績表が帰ってきたので見てください。

左が科目で、1の下が1回目の成績(点数)2の下が今回の成績です。

20131214211930.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語と、算数、理科は前期よりも成績が少し上がりました。

コンピューターは落ちています。

フィリピン語は捨ててもいいと言ってあるので下がりましたがよしとします。

Mother Tongueというのは母音のことで発音の勉強だと思います。

これも、確かに発音が良くなっているので成績にも反映されています。

20131214212248.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の表の中に成績表の見方があるのですが、

勉強の科目の方がほとんどD

つまり発展段階というものです。

 

もちろん、いい成績に超したことはありません。

でも、セブでの勉強というのはトップになったからどうのこうのではないんです。

受験戦争はありません。

もちろんあるのですが、基本的には受験よりも大学には入ってからの方が

大切なんです。

小中高校で大切なのは、規律を守り、落ちこぼれないように付いていくことなんです。

 

そのために、私の息子には学校のカリキュラムが終わったらチューターという

別の先生が付いてくれます。

そして、放課後の教室で個人授業をしてくれます。

文句を言いながらも、少しずつ英語がわかり始めて、今では私にも教えてくれるような場面もあります。

 

友達もたくさん出来て、近所ではボスになっています。

まだ7歳で一番年下なのですが、フィリピンではあまり先輩後輩という概念がないようです。

いたずらですが、まっすぐ伸び伸びと成長しております。

 

セブの学校を覗いてみてください。

非行少年を見かけることがないですから。

いつも不思議に思っています。

セブ インフラが成長に追いつかない・・・

世界の人口は増え続けております。

その中でもフィリピンは出生率は3人を超え、きれいな人口ピラミッドはどんどん裾野を広げるばかりです。

 

事業主はどんどん富み、経済は好調ですが人々の給料は上がっていません。

なぜなら、経済は成長してインフレ傾向にはあるものの、労働力の供給は常に増え続けているからです。

 

私もセブではスタッフを雇っていますが、いつもこの給料でどうやって生きているんだろう?と思ってしまいます。

しかし、生活のスタイルが日本と違うのです。

みなさんは今何人の方と同居されていますか?

そして、みなさんのご家庭の稼ぎ手は何人いらっしゃいますか?

 

私のセブの店の店長は11人兄弟です。

その中の末っ子ですがすでに収入を得ています。

もちろん嫁いでいった姉弟もいますから11人がまだ全員一緒ではありませんが

それでも10人以上で暮らしています。

その中に稼ぎ手が6人くらいいます。

ちりも積もれば・・・・・・ではありませんが十分に生活が出来てしまいます。

最近、この店長のお母さんは他界してしまいましたが

常に家族に囲まれて、お孫さんたちもたくさんいる中で生活をして幸せだったと思います。

 

セブはフィリピンの他の地域に比べて生活水準はある程度高いと思います。

街を見ても悲壮感がないのは、家族が多いため、一人一人の所得が低くても頭数で勘定が合うのでしょう。

街で、物乞いをする子たちなどもいますが、そういう子たちはミンダナオなど他の地域から流れてきた子がほとんどです。

 

ということでこのように、貧しくても生活が出来ているというのが実態で、

携帯電話、それも安物ですがスマートフォンやタブレットがこのような状況でも急速に普及しています。

街に出れば、携帯電話のお店が多いのにビックリするでしょう。

それもプリペイドで簡単に買えるものが多いため電波塔のキャパシティーを完全に越える量が普及しています。

そのため、インターネットも携帯電話もつながりが悪い!!!!!

 

通信会社はどこもうれしい悲鳴を上げています。

うれしい悲鳴をあげて、余裕をかましているのが許せなくなるくらいです。

最近は、クレームも増えてきてついに電波調査などを始めて本格的な設備投資が始まりそうです。

 

さらには、人口が増えているということで、10人に一人くらいは車が持てるような状態になってきました。

車もずいぶんといい車が増えました。

街を見渡すと300万円を優に超える車がたくさん走るような現状を8年前には全く想像できませんでした。

 

セブに今行けばもちろん貧しさも垣間見ることは出来ますが、

成長を肌で感じることが出来ると思います。

 

この国には、まだまだ供給が追いつかないほどの需要がある。

ここにたくさんのチャンスがあります。

 

私は不動産をご購入いただいた方でまだリタイアメントには早いというお客様には

同じことを申し上げております。

「不動産はきっかけ。セブに来る機会を増やしてチャンスを見つけてください」

 

この国は、今高度成長の真っ只中。

青い海、青い空ばかりではなく無限のチャンスをつかんでください。

セブ 安全な住環境というプライスレスな投資

中国の環境汚染が凄まじいですね。

法整備が整っていないところへ、外国資本がどんどん生産を依頼してきて

環境への配慮がないまま発展した姿だと思います。

ある意味、社会主義で情報がないところへ急に資本主義の競争を持ち込んだ悲劇なのかもしれません。

これについて、どうのこうのコメントするつもりはありません。

単純に事実としてあの空気の中で生活できるのだろうか?と心配になります。

私も3年前に中国に行ったときに、2日目から気管支をやられてしまい、その後まさに100日以上の

ひどい咳に見舞われ体力を落としました。

経済発展という名の下に中国の人は住環境という生命に関わる財産を失ったのではないでしょうか?

 

日本はどうでしょう?

お隣中国から流れてくるPM2.5・・・・・・・・・

私の周りでもこの数年、おかしな咳に悩んでおられる方が増えています。

関連性はわかりませんが、私も含めてこの数年、やや気管支は弱くなっております。

 

さて、特定秘密保護法案が衆議院にて再可決されました。

これについても、民主主義の理想と、世界とのバランスと間で難しい選択だったのでしょう。

 

国民主権を基本とする我が国の憲法上、知る権利は主権を行使するにあたり大切な人権であります。

正確な情報を知り、それによって行動に移す表現の自由もまた重要。

そのような主権行使のプロセスに制限がかかるわけですから、ある意味恐怖もあります。

 

特に、みなさんが気にされているのは今なお、出口が見えない福島原発の問題でしょう。

実際には放射能はどうなっているのか?

また、今の状態で原発を再稼働していく流れ・・・・・・・それどころか海外には販売に力を入れている。

核燃料廃棄物は地下に10万年以上埋めてそれでなくなるかどうか不明です。

そもそも今は2014年です。

それ以前は紀元前・・・・・・・

人類の歴史以上の歳月を必要とする廃棄計画を信用しろというのが無理があるような気がします。

 

エネルギーという問題は非常に多くの問題を生んできました。

石油を巡る争いごとはずっと絶えませんでした。

原子力というエネルギーはあまりにも一つの事故が生み出す悲劇が大きい・・・・・・

 

今、日本は住みよい環境なのでしょうか?

非常に行き届いたサービスで通常の生活には何の苦労もありません。

でも、私たちが日々触れている空気・・・・・・・・・

これは安全なのでしょうか?

 

たまにこのブログに登場する私の息子なのですが日本には5歳になる前までいました。

アトピーと、喘息に悩み、いろんな病院を回っていました。

ステロイドを体に塗り続け、傷にならないように毎日指の腹で背中をかいて寝かせつけていました。

アレルギー用の薬を常に飲ませ続けておりました。

洗剤にまで気を遣いましたが、解決策がありませんでした。

 

そんな中で、セブに私の仕事で行くこととなり、セブでの生活が始まって1ヶ月ほどで

アトピーは治まりました。

また、喘息もおさまり夜も朝までぐっすり眠り続けます。

疲れたときには咳が出るようですが以前のようにひどくありません。

 

今年の春、息子が久しぶりに日本に帰ってきました。

3日目に喘息と、アトピーが始まってしまいました。

しかも、この時期ですから花粉症まで発症し、常にマスクをつけての生活・・・・・・

私も当然、花粉症全開で涙流しながらマスクをしておりました。

せっかく日本に帰ってくるのを楽しみにしてくれていたし、私も息子に久しぶりの日本を

楽しませてあげようと思いましたが残念でした。

 

医学的な根拠は調査したわけではないのでわかりませんが

私の息子と同じような方はセブにはいらっしゃいます。

それが理由だけで移住を決めた方もいらっしゃるくらいですから。

 

さて、何が言いたいのか?

投資ですから、もちろんそれなりの収益を求められると思います。

と同時に、今私たちの置かれている状況を考えると安全な住環境というプレイスレスな投資もあっていいんじゃないかということ。

きれいな空気というプレイスレスな環境。

 

フィリピンは原子力発電所という選択肢が消えました。

1基あるのですが、稼働していませんしこれからも稼働しないでしょう。

 

そして新たなクリーンエネルギーを推進する法律と予算が組まれ、

この国は原子力以外の発電方法を取り入れることになりました。

 

そのモデルプランとしてマニラではソーラーシティーなるものが今検討されています。

http://www.youtube.com/watch?v=LasZoFRWf2w

再生可能エネルギーで運営される街作りです。

 

そして再生可能エネルギーを後押しする法案として、日本のソーラーパネル事業と同じように

電力の固定買取制度が行われます。

これで民間のグリーンエネルギーに対する設備投資を後押しします。

 

フィリピンは、意外に思われるかもしれませんがアジアで最も早く発展した後、

一気にアジアの底辺にまで落ちました。

その失敗を二度と犯さないようにと、以外にも緻密な政策が採られております。

 

環境を守りながらの経済発展です。

今なお、他のアジアの周辺諸国は日本と原子力発電所建設の商談を進めているところがあります。

そのことはその国の自由です。

私自身の気持ちとして、自分の息子にはいつまでも安全な空気の中で住める準備をしてあげたいなと思っております。

 

よくある世紀末映画のすべては核戦争後の世界を描いています。

実はこの核はミサイルではなくて原子力発電所と、その放射性廃棄物なのかもしれません。

 

青い空の下では気持ちも晴れやかになります。

世界は今なお、人口が増えている。

その中で、きれいな空気というのは大切なものになっていく気がします。

中国の人たちの苦悩、福島で目に見えない放射能におびえながら暮らす苦悩、

花粉症で2ヶ月苦しむ苦悩、PM2.5が舞い込み始めている九州地域の方の苦悩・・・・

 

自然エネルギーを選択した国に住むというのも一つの幸せへの投資かもしれません。

青い空が当たり前のものではなくなり始めているのは怖いな感じます。

2013128225229.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201312823338.JPG

セブ 最も安全な不動産投資

海外の不動産投資

みなさんはどういう印象をお持ちでしょうか?

 

不動産投資は、現金への流動性が低いわけです。

ぱっと売ってというわけにはいかない。

長期的に考えて売るときもおよそのタイミングで売る、あるいは家賃収入を得ていく。

 

だからこそ安心を追求したいと思いませんか?

 

私もこの仕事を始めたときは良い物件を見つけて販売という感じでしたが

今はこのセブの建築業界のトップからお話を聞く機会が増えており、また日本人の考え方についても

お話をさせていただくことが増えました。

 

日本人が感じるのは、やはり海外不動産投資、またフィリピンという怪しさはまだありますよと

率直にお伝えしています。

DulosLandの社長さんは日本人に親しみを感じており、真剣に日本人の引退後の不安をどう取り除くか?

また、どのように投資家にも満足していただけるかを深く考えてくださっております。

 

セブはみなさんが考えているよりも治安なども特に危険は感じませんし

街は汚いところもありますが、非常に垢抜けたところもあり、このアンバランスな感じが

成長の真っ只中を感じます。

しかし、貧富の差が激しいのと同様、デベロッパーの質もローコスト住宅からハイエンドまで差は大きいです。

 

投資だから安く買って高く売りたいと思うのは当然ですが、

余りやすさにこだわってマーケットを間違えてはいけないんだなとつくづく最近は感じます。

伸びているマーケットでは背伸びしてでも成功者はいいところに住みたがります。

 

安い家は地元の人がやはり借りたがるので家賃の交渉もやはり大変です。

しかし、ハイエンドはそもそも住む人の見栄もあり、やはり家賃も結局は高く貸すことができて

購入価格は高くても利回りが良いということになります。

市場は完全に二極化しておりますからやはり不動産投資も二極化して考えた方がいいなと最近では感じております。

 

そこで今日はまもなく完成するハイエンド物件、セブし街中心地のPadgettというコンドミニアムのご紹介です。

建物も、立地ももちろん素晴らしいです。

セブで人気のスポットアヤラまで歩いて行けますし、窓の外にはウォーターフロントホテルの特徴的な建物がよく見えます。

アヤラのセブ・ビジネスパークと、ITパークの中間に存在する圧倒的な存在感を示すコンドミニアムです。

このPadgettを皮切りにあの周辺に高級コンドミニアムのブームが起き始めたといっても過言ではないでしょう。

眼下にはアヤラが見えます。

20131128201611.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして視点を変えればカジノとその奥のビル群がITパークです。

20131128201752.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物の内容は後から添付してございます動画で確認してください。

 

私がこの物件をお薦めするのには訳があります。

賃貸に回してインカムゲインを狙うときに、リスクといえば借り手が付くまでの間です。

やはり、できあがりました、はい、入居者が来ました、というほど簡単ではありません。

きちんと告知をしていかなければいけません。その間は家賃収入はゼロです。

このパジェットはそのリスクを少しでも軽減しようと初年度はNetで6%の家賃収入を保証してくれます。

Netというのは家賃総収入から諸経費を引いた物です。

そして、次年度からは市場価格にておよそ9%の利回りで運用をしていけるようにしてくれます。

6%の時も、市場価格の9%の時も諸経費を除いた純利回りです。

グロスでは初年度でも8%、次年度からは12%以上あります。

 

あるいは、契約によって5年間の家賃保証をお願いする契約もあります。

もちろん、次年度からの利回りは6%の次は7%、その次は8%などと低くはなりますが

契約なのでその分は確保されます。

 

そしてこのPadgettの良いところは、投資家にとって最もありがたい情報である

「この物件を買いたい!」という人が現れたときにはその情報をくれるということです。

その時の買い手の希望と、こちらの希望価格が合えばそこで商談は成立です。

 

リース・マネジメント部門は非常に優秀であり、住んでいる人のトラブルなどはすべてオーナーを困らせることなく

対応してくれます。

オーナーは月々の貯金通帳に家賃が振り込まれることを確認するだけでいいのです。

 

私のお客様はすべて日本人です。

セブにいつも遊びに来ている人ならともかく、いつも日本にいる人は絶対にトラブルに巻き込まれるのはごめんです。

すぐ行けないし、自分で解決することはできません。

リース部門がしっかりしたところで投資する、その安心感は計り知れません。

実物資産で運用するのであればやはりしっかりと安心して行いたいですよね。

 

こういう運用が出来る会社は財務状況が強くなければ出来ません。

私が今、最も親しくしているDulosLandは格付けがAAAの優良企業です。

 

この物件、この年末か来年初めには建物が完成します。

そして総点検をした後、5月くらいには引き渡しが始まりその時期から家賃収入を生む物件です。

プレビルド価格で買える最後のチャンスです。

 

現在60㎡以上の物件のみ残っております。

もちろん住環境も便利なので住むにもよし、投資にもよしの物件です。

待てば待つほど高くなってしまうセブの不動産投資。

やるなら今です。

http://www.youtube.com/watch?v=iuyFeJlrDxY

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

cebufudosan@gmail.com

寺田まで!

セブで息子と過ごす1日

セブに来た頃は、まだ挑戦中という感じで仕事も毎日詰まっていない状態でした。

息子もまだ学校に入っておらず、それこそ息子と遊ぶ時間もたくさんあり、家もマクタン島にあるので

海に行くことも多かったです。

今は仕事も忙しくなり、休みらしい休みは今回は1ヶ月ほどいますが今日が初めてです。

息子は今日は学校ですが休ませて、父と子の時間を無理矢理作ります。

久しぶりだったので海に行きました。

海に行くと、息子の成長を感じます。以前は浮き輪付きのベストを着せていたのですが

今ではビート板みたいなスチロールのボードで大丈夫です。

2013112220711.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子も異国の地で最初は大変だったと思いますが、なんとかついてきてくれました。

住めば都とはよく言ったもので、逆にここまで馴染んでくると日本の学校の方が逆に窮屈に感じると思います。

この国は不思議なもので、先輩後輩というのはありません。

先輩のところにはクヤ(お兄さん)と呼んで近づいていきます。

2013112220206.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーチで遊んだ後は、まだまだ時間があります。

息子とマクタンベースのゴルフ場に行きました。

と言ってもさすがに息子にコースはまだ無理なので打ちっぱなしで練習です。

マクタン空港の中にある軍の施設の中にゴルフ場があるのがおもしろいです。

2013112220307.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人件費が安いのはいつも感じていますが、これには驚きました。

機械の代わりに人間がティーアップしてくれます。

写真はアプローチですが、ドライバーではこの女性のすぐ近くを私は思いっきりフルスイングしました。

ずっと目の前に座っています。

20131122203525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子にまでティーアップ係がついてくれます。

なんか、やってもらいながら申し訳ない気持ちにもなったのですが

結構一生懸命やってくれたので変な感動を覚えました。

20131122203914.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人件費が安いからひょっとしたら・・・・・・・と思いレッスンプロを初めて頼んでみました。

実は、私はゴルフは今年始めたばかりなのですがドライバーがそこそこ飛ぶため調子に乗って

最近フォームが崩れており、スライスとフックに悩んでおります。

プロに見て欲しいなと思いましたが、セブでは安いので気楽に試そうという気になります。

1時間400ペソ 1,000円しません。それでも意外に高いなと思ってしまいました。

息子もこの通り指導を受けております。

2013112221319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分もやらないうちに息子も最後にはこんな決めポーズになってきました。

20131122211257.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今私が、一番自信を持っておすすめしているWoodlandと言う物件があります。

こちらはセブで初のゴルフ場の会員権付き物件

ゴルファー天国といわれるセブでは最高の物件になるでしょう。

息子もそこでプレイする日もあるかと思います。

今のうちから練習して楽しんでもらいたいものです。

最後は息子もうれしくて決めポーズ!

20131122212341.JPG

セブ 不動産業界No1のゼネコン社長と過ごす日々

セブにいるときはとにかく日々前進!という思いから毎日精力的に動いております。

 

今はセブでも多くの人に支えられ、日々貴重な情報を得ながら過ごさせていただいております。

 

セブに挑戦して良かったなと思うことの一つにこちらのトップクラスの経営者、政治家の方たちと仕事ができるようになったことです。

 

以前のブログで取り上げたこともあるDurosLandの社長リト・バリノさんから最近は多くのことを学ばせていただいております。

過去のその時のブログはこちら

https://www.cebu-fudosan.com/blog/2013/11/com-woodland.php

 

まもなく詳細がかたまるWoodlandというリロアンにできる高級コンドミニアムなのですが

社長も日々、現場に足を運び様子を見ています。

私も今回は一緒につきあって現場を見ています。

 

このWoodlandというのは彼の集大成とも言える大型プロジェクトであり、

夢とロマンが詰まった物件と言えます。

 

この社長と先日ゴルフをさせてもらったのですが実にうまい。

「本間」の4スターゴルフセットを使ってハンディはシングルです。

そんなゴルフ好きが自分で最高のゴルフ場を作ると決めたのです。

デザインはアメリカ人が最終的に行うのですが彼の思いが詰め込まれていて

ワールドクラスに仕上げていくと静かに語ります。

まずはその現場確認から。

2013112125056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に山を崩していきます。

この山も20年近くかけて買い集めました。

昔、日本がバブルだった頃大阪のAさんという方のプロジェクトが

建築許可が下りない状態でリゾートを売ってしまったために大きな問題になってしまいました。

今のマクタンにその時のリゾートの作りかけが残っています。

そのような派手な仕事を目の当たりに見てきたのでこのリト社長は地元の人と時間をかけて話をして

立ち退きが必要な人には別のところに住宅を用意してあげて誰も泣かさずに広大な敷地を手に入れました。

確かに同行していて、誰もがリト社長が来るとうれしそうな笑顔で接してきます。

2013112125723.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の人も立ち退きをするのですが、きちんとした住宅が用意されるので今よりもずっと生活が楽になりうれしそうです。

子供たちも彼が来ると寄ってきます。

201311213010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、地元の人も実はこのWoodlandができるのを楽しみにしています。

そしてWoodlandのゴルフ場は120㎡の大きさとなりセブでは最大クラスになります。

セブで一番人気のセブカントリークラブで50㎡です。

そして会員権も1500万円もします。

先日ダナオでこの社長と回ったコースは60㎡

マクタンベースのゴルフコースにいたっては40㎡しかありません。

従ってセブのゴルフコースはフェアウェイが狭い。

Woodlandのゴルフコースは広々としたフェアウェイで楽しめます。

下の写真はダナオのコースです。

2013112131437.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013112131938.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この社長は以前はこのゴルフ場の役員もしていたのですが退任し

Woodlandに専念しております。

毎日山に足を運び、もっとこうしたらよくなるかな、ああしたらよくなるかなとやっているうちに

プランはどんどん熟成されていきます。

2013112132617.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにほぼ完売となったWoodlandの第1区画にも足を運んで進捗を確認。

10月に成約となったM氏の住宅もこの通り。

1月の始めには引渡となります。

2013112133527.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真はまもなく引渡の物件です。色はこのお客様は緑を選ばれましたが他の色もあります。

2013112133759.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この社長のすごいところはたった1,500ペソしか手持ち金がない状態で家具を作り始めて

一代でセブのゼネコン王になったことです。

このようなコンドミニアムや住宅は彼の仕事の一部であり、

道路や学校までやっております。

したがって、このようにアスファルトのプラントまであります。

2013112134356.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのようにセブのゼネコンの社長と過ごすのか?

やはり、不動産をご紹介する者としてこの地域の開発の今後数年先までの計画を知る必要があります。

なぜなら、アジアの国などの不動産の価値などはどんどん街が変わるので

将来の設計図がわかっていないと価値の予測が難しいからです。

 

やはり、セブでもこれだけ貧富の差があるとこの街を引っ張っていく人間が限られております。

そして、彼らはセブの街をどう開発をしていくのかを常に考え、どのように自分たちの開発する地域に付加価値を付けていくかを綿密に練っています。

そしてそれを実現してしまいます。

だから彼らから直接話を聞くのが一番正確な未来予測なのです。

 

ここに紹介した社長は、誰よりも早くからセブの発展を予期し、多く土地を手に入れてきました。

それもそこに住む人たちに優しい方法で。

尊敬できる社長に会えて私もうれしいです。

 

PAGE TOP