ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ不動産.com コンドミニアム WoodLandの社長に迫る!

日本と違い、海外での不動産投資ということはやはり情報が少ないです。

セブのコンドミニアムなどは一体どんな会社が作っているのか?

コンドミニアムの建築実績は?

財務状況は?

日本よりもその物件に関する周辺情報を深く調べる必要があります。

 

ということで、今日は今私が一番おすすめしているゴルフ場の会員権付きのコンドミニアム物件!WoodLandの社長のプライベートを紹介します。

今、セブではゴルフ場でプレイする場合に会員権がないとビジターではだんだんできなくなってきております(いいところは)

それで、仕方なく会員権を持っている赤の他人を借りて、その人の分を払いながらプレイしなければなりません。

 

ところが、このウッドランドの会員権は、自分を含めて4人まで招待してプレーができます。

これは魅力です。コンドミニアムにゴルフの会員権がついてくるんです!

 

では、社長のプライベートを公開しましょう。

私の友人でもあるDulos Landの社長 リト・バリノです。

まずは、彼との打ち合わせ風景からです。

2013115124941.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いシャツの一見ただのおじさんがリトバリノです。

一番奥が、私のビジネスパートナーのダフニー・サリンバゴンです。

彼の庭でよく打ち合わせをしますが、こんな感じです。

2013115125352.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れのプールです。

すごいのはこのプールを常にきれいに保っておける余裕です。

作るのは簡単。維持が大変なんですよね。

それにしても、こうしてプールがあると、日曜日に打ち合わせをするときにも子供たちを連れて行っても

仕事に集中できます。

子供も仕事に連れ回しても文句を言いません。助かります。

2013115125643.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201311512596.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭から見下ろす景色も豪快です。

この家は山頂にあります。そしてこの山の向かいにウッドランドがあるんです。

こういうところでじっくりと構想を練って作った企画がWoodLandなんです。

現在の不動産ブームとは関係なく、じっくりと20年かけてこの企画の実現を準備してきました。

山を買収し、ここにいたるまでの道をきれいにして(セブのメインロード。かなりきれいになりました。)、

メインロードからウッドランド、ゴルフ場までの道まできれいにすることが既に決まっております。

 

そして、建物だけではありません。

ここに住むということはホテルに住むのと同じようなサービスが受けられるのです。

コンシェルジェを用意して、何か困ればすぐに手配をしてくれます。

このサービスについてはまた、近いうちに詳述します。

201311513244.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リト社長の家の中に入ってみました。

201311513913.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013115131923.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013115132111.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013115132340.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013115132723.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも、セブに来てからはビックリすることが本当に多いです。

そして、このゆとりの中で、20年の構想を経て出来上がるウッドランドはどんなに素晴らしいものか?

この社長の家は古いですが、ウッドランドは新しい。

「森の中に住みながらホテルにクラスの便利さ」をがスローガンです。

 

この社長のプロジェクトを過去に見てきて、私はこの会社の物件は本当に信頼をしております。

建物の信頼性だけではなくて、物件の管理においてまでも最高のチームを作って対応しております。

 

不動産投資は長く、ゆっくりと楽しむものです。

是非、本物の投資を楽しむ意味でウッドランドをご検討ください。

このDulosLandが手がけるWoodlandに関する情報はこちらになります。

https://www.cebu-fudosan.com/housing/2013/10/woodland.php

セブ不動産番外編 セブの田舎って?

今日はセブの田舎の生活について触れてみようと思います。

 

最近は投資だけに限らず、移住ということも視野に入れたお問い合わせが増えているからです。

 

もちろん田舎に住むということではありませんが、セブに今後住むとしたらひょっとしたら田舎に遊びに行くかもしれません。

 

意外な発見があって楽しいのは間違いありません。

そこにみなさんは何を発見するでしょうか?

自分の幼いときの姿だったりして・・・・・・・・・・・

私の息子は今、妻の田舎で羊や犬と遊んでいます。

2013102620049.mp4

 

のんびりしております。

おじさんのバイクの後ろに乗っています。

田舎ではヘルメットは無しです。

2013102620445.mp4

 

マクタンほどではありませんが、ちょっとしたリゾートホテルはあります。

安い・・・・・・・これで日本円で6000円くらいでしょうか・・・家族で泊まってです。

横にはゴルフ場もついております。

セブの市街地から1本道で2時間ほどです。

20131026201541.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131026201615.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海・・・・・・・・ぴたっと澄み切っています。波もなく静か・・・・・・

平和すぎて一気に血圧が下がります。

20131026201742.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクタンの計算し尽くされたリゾートと違ってこのような自然たっぷりのリゾートもまたいいです。

気の抜け方が半端ない・・・・・・・・・

20131026201959.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も息子とちょっとドライブ・・・・・・・幸せの時

 

静かに夜は更けていきます。波音もなく静かに日が沈む

20131026202525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、下の写真のような小屋でみんなで食事。

ビーチにあって、レストランの食事を楽しめます。

20131026202644.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝は、隣のゴルフコースでゴルフを楽しみます。

海を背中にプレイするのが何とも爽快!!!!

20131026202918.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブっていうのはゴルファー天国なんですよね。

20131026203022.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフが終わったら、ちょっと街に繰り出して闘鶏場へ

コックファイティングといって鳥の喧嘩なんですがシンプルなギャンブルです。

どちらが勝つかに賭けるだけ。

最初は鳥がかわいそうな気がするのですが、この鳥は特別な鳥で、

もしこのような場所を用意しなくても、血が騒いで結局はどこでも殺し合うとのこと。

そういう血筋の鳥らしいです。

そして、愛好家は自分の鳥に自分よりも美味しいものを食べさせて大切に育てます。

負ければ肉屋に食用として売られます。

当然いいものを食べているので普通の鳥よりも美味しい。だから高く売れます。

よく見ていると、雌の方が強い・・・・・・・・駄目だな男

やはり生物的には雌が強いのでしょうか?

20131026203211.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131026204145.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにいると、観客の叫び声がすごい!!!!!!!!!!!!!

最初は唖然とします。

 

子供たちは健全にプールで遊ばせておきます。

20131026204424.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131026204544.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発展している市街地はもちろん魅力的です。

時には都会から足を伸ばしてこんな田舎を探索するのもいいのではないでしょうか?

このときは、大勢で出かけたので車は定員オーバー。

そんなときは荷台に放り込みます。セブではこれで出かけても全く問題なし。

こんな状態で2時間も車に揺られていました。

20131026204758.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブの生活は思いのほか、面白い。

自由です。細かな規制が少ないので伸び伸びやれます。

経済発展とともに、さらなる規制もあるのでしょうがそれでもまだまだのんびりとしています。

今回は妻の実家のボゴという街でした。

 

さて、次回の番外編はマラパスクアを紹介してみようかと思います。

ボゴからさらに北へ30分くらい行った北端からボートに乗って夢の島のマラパスクアに行くことが出来ます。

ついてみるとそこには・・・・・・・・・・・・天国に一番近い島がありました。

次回たっぷりとご紹介します。番外編が増えておりますがセブを楽しんでいただきたいのでご了承ください。

ここから船に乗ってマラパスクアに出発です。

2013102621123.JPG

 

お客様へのお詫び メール受信不良について

お客様へお詫びをまず、申し上げます。

当社のお問い合わせのシステム設定でメールの容量設定がなされていたため

10月の上旬より、お問い合わせいただいた方への返信が出来ませんでした。

その間にいただいたメールはサーバー側ではじかれており、こちらには記録が残らない状態でした。

大変申し訳ありませんでした。

 

この間にお問い合わせいただいた方は、大変申し訳ありませんが再度お問い合わせをお願いいたします。

また、もし私からメール返信がない方は、申し訳ありませんがまたメールをいただけるとありがたいです。

 

セブ不動産.comは迅速な対応をモットーとしております。

今回このような不具合でご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 

尚、サーバー設定の変更ですでにこの問題は解決しております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

セブ不動産.com お薦めコンドミニアム

只今、セブ不動産.comのイチオシ物件、WoodLand Residenceです。

セブで最も信頼のおけるデベロッパー、Dulos Landが手がけるゆとりのリゾートレジデンスです。

第1区画が大好評のもと、完売しついに第2区画が大幅にバージョンアップして登場です。

入り口をくぐると、このようにコンドミニアムタワーをシンボルに広大な土地が広がります。

20131020232728.pdf

 

このコンドミニアムは、本当に引退生活を優雅に過ごしたい方へ素晴らしい住空間を提案してくれます。

コンドミニアムでありながら、このような戸建て感覚の建物も用意してあります。

20131020233547.pdf

 

ゆとりがちがいます。

どうしても都市型のコンドミニアムは高額なため45㎡から60㎡程度になってしまうのですが

このコンドミニアムは45㎡から150平米程度まで用意されています。

20131020234042.pdf

201310210373.pdf

2013102103812.pdf

2013102103832.pdf

201310210395.pdf

そしてこの物件の目玉はなんと言っても・・・・・・

ゴルフの会員権が付いていることです。

 

ゴルフの会員権は非常に高価です。

それがWoodLandを買うと付いてくるんです。

 

今の段階ではプレミアが付いていません。

一番最初の売り出し価格だからできる、このお買い得感。

 

市場に出てしまえば価格は上昇します。

2013102102953.PNG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールも付いて、スポーツジムも付いています。

そして疲れた体にはスパまで付いております。

食料品店も入り口に用意されることになり、生活は非常に快適。

 

また、投資家のために家賃を1年目に保証するシステムもあり、

住む人にも投資家にも非常に優しい物件です。

 

流行に左右されずに、最高の物件を目指して作られたこのWoodLand

 

私も開発にアイディアを出させてもらっているため、愛情を持って販売していきます。

 

日本人のために日本語のしゃべれるスタッフも準備する予定です。

 

この物件は、只今最終的な詰めの段階で、来年の1月にはモデルルームを作り始めます。

セブの不動産の中でも圧倒的に差別化されたこの物件

気になる方は是非、お問い合わせください。

 

まさかの地震 初体験でパニック状態

本日、セブで大きな地震がありました。

実際にはボホール島で起きたのですが近いので余波は来ます。

 

セブの人などは地震に対する免疫はゼロです。

パニックで将棋倒しになって死者が出ました。

 

被害状況は、ボホールは古い建物が多くてやはり壁が崩れた建物もありました。

道路などもコンクリートを貼っただけですので崩れたところもあります。

 

セブの方は、それほど大きな被害はないようで数日で復旧するかと思います。

すでに電気も通信状況もよく、普通にしております。

 

3.11の東北大地震以降、体感しない地震の計測回数は増えていたそうです。

今回の地震はマグニチュード7.2とか、言われており日本での計測値に当てはめると

震度5に相当すると言われております。

フィリピン人にとっては非常に大きな地震であります。

パニックになるのもうなずけます。

 

本日、セブの友人に電話をしたときに、

「なんで、あの程度でそれほどのパニックになったの?」と聞くと

「日本の津波の映像を何度もテレビで見て、あの状態を想像してしまった・・・・・」

とのことでした。

 

今、私は日本にちょうど帰ってきているのでセブでの販売物件の状態が気になりました。

「すぐに現地スタッフに現場をみて監督に話を聞いて調べてこい!」と指示を出し

建物の状況を確認しました。

取扱物件、販売済み物件は全て問題はありませんでした。

 

フィリピンは大きなプレートの上に載っているので大きな地震は起こりにくいのですが

活断層はもちろんあります。

通常フィリピンで起こる地震の多くは活断層のズレによるものです。

参考までに日本の活断層マップと、フィリピンの活断層マップを載せておきます。

赤い線が活断層です。

フィリピンの方の活断層マップは、これが活断層ではないだろうかというレベルの判断だそうです。

ボホールに関しては今日の地震の結果、間違いなく活断層だと言うことがわかりました。

 

フィリピン活断層マップ

http://twitpic.com/8h3x0x/full

日本の活断層マップ

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/8e/c74210e11632ede8b1356f66c9a64514.jpg

セブへの海外移住 息子の学校編

日本では、ずいぶんと先生の地位が落ちてしまっている気がします。

 

それぞれ理由はあるのでしょうが、やはりおかしな犯罪に走ったり、

 

あるいは、モンスターペアレンツの存在によって萎縮してしまっていたり、

 

同情しますが体罰なども厳しく言われるので先生は肩身が狭くて社会的地位も低下してしまっているような気がします。

 

息子の学校では、毎月1度、「先生の日」があります。

 

先生に対して感謝を示す日なんです。

 

その日は、学校の前で花を売っています。

 

生徒たちは先生にプレゼントするために花を買います。

 

先生にありがとうを言う日なんです。

 

私はいい日だなあと思います。

201310101712.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201310101749.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が子供の頃は無条件に先生に対して敬意を払っていました。

そしてやはり自分の成長を助けてくれた・・・・・・・

 

そういう先生の存在ってありがたいと思います。

 

セブの先生たちは、若くてビックリするのですが、仕事に対して真剣です。

 

職員会議もしっかりやって生徒一人一人の状況をきちんと把握しております。

 

私もそれもあって、学校のカウンセラーに何度呼ばれたことが・・・・・・・・・・

 

まだ6歳なのですが学校で下ネタを連発しているとか、

 

補習担当の先生に連絡ノートを自分の代わりに書かせて

「パパにばれるから、もっとぐちゃぐちゃにへたくそに書いてくれよ!」

と言ったり・・・・・・・・

 

おかげで息子の学校での様子がよくわかります。

 

先生からそのような注意を受けることも多いのですが、

逆にいいことがあると先生も喜んでくれます。

 

私の息子は英語の予備知識が全くない状態で入学して大変苦労しました。

 

ところが、2年目の今、読み書きのテストを普通にパスしたのです。

担当の先生が大喜びで連絡をくれました。

 

幼稚園から英語をやっている子でも落ちた子がいるのに途中から全くわからない状態で始めた息子が

 

パスしたのです。

 

それ以来、息子は本が好きになりました。自分で乗り越えた達成感があるのでしょう。

おもちゃを買ってくれから、本を買ってくれに変わったのです。

2013101011520.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、SMの家具売り場のシーンです。

横の女性はこの家具売り場のスタッフです。

息子が新しい本を買ったので、読みながらこのスタッフに説明をしています。

仕事中なのに、この若い女性スタッフは息子の話をしっかり聞いてしまっています(笑)

 

2013101011957.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブに行かれた方は、「そうそうこんな感じ!」と理解できると思うのですが

日本人からは不思議な光景です。

 

学校でも、息子は上級生のところへも全く物怖じせずに飛び込んでいきます。

最近の日本ではあまり見かけない光景です。

1つ、2つ上の学年ではなくて5つも6つも上の学年でも平気です。

みんな兄弟が多いので、下の学年の子がいたずらで混じってきても上手に扱います。

2013101012410.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この国は不思議です。

国民の多くの血液型が日本と違ってB型が多い。

みんなそれぞれ好き勝手やっているのですが街でけんかを見たことがありません。

もちろん家庭内では痴話げんかなどはあるのでしょうが

街が騒がしいのに穏やかな雰囲気なんです。

 

息子も好き放題やっております。

息子はまもなく7歳・・・・・・・・・・

日本にいたときはわがままだったのですが、今は自由奔放にもかかわらず

わがままはなくなってきているのが不思議です。

201310101328.JPG

フィリピン 物価上昇率 不動産購入はお早めに

日本が、年2%の物価上昇率をめざしており、その結果3.8%に達しました。

そのため、消費税が8%になるという結論となりました。

 

昨日の日本経済新聞の小さな記事ですが、9月のフィリピンの消費者物価指数が

2.7%上昇しました。

 

年に2%の上昇を目指している日本と、インフレを抑えながらも月に2.7%も上昇してしまうフィリピン

 

実際、私の手元にある、不動産ブローカーがまとめた物件リストの価格を見ても

この1年で新築の販売価格が2割は上がっております。物も良くなっています。

 

街を見渡すと、車がどんどん良くなっています。

私がセブに来た頃は、まともな車がなかった・・・・・・・・

どれも原型は何かわからないような車ばかり。

Honda CVRがみんなの憧れで、ステータスシンボルでした。

 

今は街を見渡せばいい車が本当に増えています。

それだけでも、大きな変化を感じます。

 

今、この国では人口が爆発的に増えています。

私のスタッフにちょっと話を聞いてみました。

「おまえ、兄弟何人いるの?」

主任「僕が末っ子で、11人です」

「え??じゃあ、おまえは?」

スタッフA「7人です」

「は?」

という感じで聞いていたのですが、一番少ない人間でも4人兄弟でした。

この増え方で、今後この国の内需はとんでもないことに・・・・・・

 

歴史上、人口が増えている国では不動産価格が下落した国はありません。

 

不動産を買うと決めたら早く決断をすることです。

人気のある物件は、すぐに完売してしまいます。

 

去年、F総研のYBSHコンサルタントが現地のコーヒー店の調査に来ました。

その時、現地のコーヒー価格を調べるのにつきあいました。

アヤラモール、SMモールに入っている全店のコーヒーショップに入り、味と価格の調査をしました。

その時のコーヒーの価格がどこも80ペソから90ペソ。

最低価格が100ペソ(250円程度)を超える店はありませんでした。

ところが・・・・・・・・・・・

ちょっと写真が見にくくてすみませんが、なんと135ペソ!!!!!!

300円突破です。

本当にフィリピンか????と目を疑います。

2013106211249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013106211421.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店はその時にも調査に回った店です。

 

しかもほぼ満席・・・・・・

 

と、このようにフィリピンのインフレは我々の感覚では理解できないくらい早いです。

政府債務比率もどんどん圧縮されており、今ではアジアの優等生。

 

結局、セブの不動産投資は決断が早ければ早いほど得だということになります。

 

きちんと、安全と内容を確認できたらすぐに決断。

為替が、もう少し良くなってから・・・・・・なんて考えていると物価上昇率の方でやられてしまいます。

 

今は、まだ成長の伸びしろがたっぷりあります。

セブの不動産に興味のある方は、丁寧に説明をさせていただいておりますので

是非、一度ご相談ください。

セブもセブンイレブンが爆発的増加 ついにマクタンにも登場

私が住んでいるマクタン・・・・・・・・・

まだまだ田舎だなあと思っていたら、来る度にちょこちょこ町並みが変わっています。

まず、飲食店がずいぶんと増えました。

これは、本当に数年したら見違えるようになると思います。

 

皆さん、まず空港から出ると自分のマクタンのリゾートに向かうまでは暗い道に不安になります。

そして、今にも折れそうな木の電柱。

背も低いのでこれが圧迫感があります。

と、ところが・・・・・・・・

知らぬ間にどんどん背の高い日本のようなコンクリートの電柱に変わっているではありませんか!

これが張り巡らされた後は、今の気の電柱はお役御免で撤去でしょう。

道路は今本当に迷惑なくらいほじくり返しております。

でも、これで道はきれいになります。

 

そして今回ビックリ。

この1年半ほどで異常な店舗展開をしているセブンイレブンがなんとマクタンにオープンしているじゃないですか!

これでビールを買い忘れたときも安心です。

マクタンニュータウンにできたので、この近辺にあるマクタンプレインズをご購入された方は

かなり便利になると思います。

もちろんマクタンニュータウンの方は便利ですが・・・・・・

ちょっと覗いてみると・・・・・・・・

201310315721.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい混んでいます。そして店の前では店で買ったビールで一杯やっております。楽しそう。

セブンイレブンはどこも入っています。

もう既に昔から会ったかのようにセブにも入り込んでしまいました。

店内もこの通り

20131032011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクタンは今後住みやすくなると思います。

気軽にリゾートホテルのレストランに行けるしコンビニなどの便利な機能も加わってきました。

 

でも、下の写真のようにメイン道路を工事しているので今は我慢も強いられます。

でも、この道は本当に必要な道です。

凸凹で古い感じの道から快適な道に変わっています。

今、マクタンで賃貸に出そうとしている人はこの道のせいでちょっと苦労をしていますが

道ができてますます活性化するので今後賃貸需要も高まると思います。

道路の工事はそれほど遅くないので順番に進んでいます。

 

201310331235.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクタンで賃貸募集中のKさん、Yさん、もう少々お待ちください。

この道で現地に足を運びにくくなっているだけですので

もうすぐ借り手が見つかります!

 

でも、これでイーストリッジの資産価値はまた上がりそうです。

セブにてお客様と過ごす楽しい夜 マリバゴブルーウォーター

今、セブに半移住をお考えのお客様が来ていらっしゃいます。

もう既に住宅を私どもから購入されており、今建築中です。

障害があり、車いす生活なので注文住宅となっております。

 

そんな障害がありながらも、日本から一人でセブまで来てしまいます。

始めて来たときはガチガチに硬くなっておりましたが今回で3回目。

もう緊張している姿は見えません。

 

午前中は銀行に一緒に行ったりしながら移住のための準備手続をしたりしておりましたが

午後は私が他の仕事がありましたのでこのお客様とは別行動です。

看護師の子が付いて面倒を見てくれているのでこのお客様もどんどん自分でショッピングセンターなどに

遊びに行ってしまいます。

 

夜は私たちみんな帰りの方向が同じだったので一緒に食事をしました。

今日は、マリバゴブルーウォーターでパスタビュッフェを楽しんだのです。

音楽が流れる海辺の空間で、お客様と楽しむ食事はやはり最高です。

お客様と言っても、もう何回も会っているので友達みたいな感じですから。

 

パスタビュッフェはおもしろくて、

まず自分で具材を選んだ後に、スープを選びます。

トマトソース、イカスミソース、カルボナーラみたいなホワイトソース・・・後4種類くらいありましたが

名前は忘れてしまいました。

そして、最後にパスタの種類を選んでシェフに渡します。

そうすると自分の好みのパスタが出来上がるのです。

私はイカスミを頼みました。

20131018754.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜も豊富です。

201310181230.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事も揃ったところで乾杯。

お客様も南国のリラックスした雰囲気の中でご機嫌です。

201310181732.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201310182139.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんおいしい料理には楽しい音楽

フィリピン・・・特にセブでは音楽は欠かせません。

20131018256.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンはみんな小さい子供の相手に慣れており、息子もすぐに

お兄さんを見つけると絡んでいきます。

このスタッフもフレンドリーだったので早速息子の餌食となりました。

201310183040.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクタンに住むと、リゾートホテルに泊まらなくてもちょっと食事に・・・・・・という感じで

リゾートホテルを楽しむことができます。

もちろん街の中で食べるよりは高いですが、時にはこのような時間が過ごしたくなるものです。

 

リゾートホテルの中に張って食事をすると日本の居酒屋くらいの価格でしょうか。

若干それよりも高いところもありますが満足感ははるかに上だと思います。

 

リゾートの中に住む・・・・・・・・・そんな生活日本ではなかなかできません。

このマクタンのおすすめ物件はこの二つです。

https://www.cebu-fudosan.com/housing/2013/08/mactanplainskiaraldk.php

https://www.cebu-fudosan.com/housing/2013/08/post-7.php

 

そして今回ご紹介したホテルの情報はこちらです。

セブの中でも手頃に楽しめる値段のため大人気です。

http://www.bluewater.com.ph/

こちらのマリバゴになります。

セブ お客様の住宅建築の進捗状況 マクタンイーストリッジ

私が住んでいるイーストリッジに新たにお客様が家を建てております。

既に何度かこのブログでもご紹介しているので前回の工事現場との比較をしてみましょう。

 

フィリピンの住宅工事は遅いです。超ローテク。

ということで、実際に1週間でどのくらい工事が進むか比較してみましょう。

ブログの掲載日は違いますが、実際の1週間分の工事のビフォー・アフターを比較してみます。

 

まず、イーストリッジバージョンアップ版のMさまのお宅。

通常イーストリッジは2LDKですが、この物件は3LDK。

メイドさん住み込みにも適しております。

まずは、1週間前(この前のブログでもお伝えしました。)

2013929102950.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013929103211.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モルタルが処理されておりました。これだけかよ・・・・・・・・・

という感じですがこのユニットだけでなく全体を進めているのでこのような進捗具合です。

でも来年の1月には完成です。

このイーストリッジの良いところは管理人さんが日本語しゃべれることです。

私が留守の間も安心です。しかもすごくいい人です。

ちなみにこの家の最初の方に作っている物件は外壁に色が塗られていました。

201392910370.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、私のお隣さんになります、車いすの方の家です。

彼は、障害者ではありますが非常にアクティブで積極的に自分で行動します。

全く英語がしゃべれずに最初は緊張していました。

ものすごく人に気を使う優しい性格なので最初はカチコチでしたが

(やはり血液型はA型です。几帳面で、気遣いをする方です。)

今ではこちらに何度も足を運んで友達もできてきて少し気持ちが楽になっております。

今日、まもなくこちらにお越しになる予定です。もう飛行機に乗ったかな?

私もワクワクして待っております。

 

日本でも少しずつ英語を勉強しているようです。

今は,便利になってわからなくなったらスマホで翻訳して相手に伝えることができます。

そして、同じ人間とたくさん接していると相手が理解してくれるようになります。やはり人間です。

 

さあ、今回はどれくらい英語が上達しているか?

最初の頃は、ホテルでおもいっきり

「モーニングランチお願いします。」と言ってホテルスタッフを混乱させておりました。

ブレックファーストです・・・・・・・・・・・

 

フィリピン人は英語が間違ったくらいでイライラしません。

驚くほど気が長いです。だから間違いは全然大丈夫です。

私も英語がある程度はしゃべれますが、難しい英語はわかりません。

それでも、相手がイライラしている様子はありません。

ですから、完璧な英語は目指さないでください。単語が少しづつ増えてくれば伝わります。

ネット環境があればこちらのサイトがコミュニケーションにはおすすめです。

http://www.excite.co.jp/world/

 

この人には、フィリピンで仲間をたくさん付くってもらい、新しいチャンスをつかんで欲しいなと思います。

日本では、自分の周りに何人も人を置くことはなかなか大変ですが、ここフィリピンではそれが可能です。

そして自分のチームを作ってもらい自分の手足となる人間を育てて欲しいなと思います。

そうすれば、彼の行動範囲は無限大です。そしてチャンスも!

 

さて、それでは彼の工事現場を見てみましょう。

201392910541.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一週間後、結構進んでおりました。

2013929105559.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは柱も進んでおり、意外と進んでいます。

しかしでかい・・・・・・

169㎡もあるのでやはりでかいです。

 

私もこの物件はできあがりが楽しみです。

特注ですが、大きいので本当にゆとりの空間が出来上がると思います。

 

今、マクタンのイーストリッジは道路工事が激しくて少し不便です。

でも、その後には必ず便利になります。

 

投資向けに買われた方も、今現在問合せが韓国人の方が多くて、値段交渉に苦労しております。

直接足を運びにくくもなっています。

近くには韓国料理店が増えているのでその方たちが広告なしでも問合せに来てくれますが

もう少し間口を広げるために少し広告を打とうと思います。

 

今後もこのイーストリッジは近くということもあり細かく観測して皆様に報告したいと思います。

PAGE TOP