ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ 息子の海外移住

今、私は日本とセブを行ったり来たりしております。

嫁さんと息子はセブで生活を始めました。

いろんなことを考えての決断でした。

もう3年以上たちますが、私の中ではこの決断は正しかったと思います。

 

息子は最初はもちろん英語が話せないから苦労しました。

でも、この国はイジメとかがないので、息子も伸び伸びとみんなの気を引くために

面白いことをやったり、たくさん話しかけて今では学校でも友達がいっぱいです。

また、意外に思うかもしれませんが、この国は教育はしっかりとしております。

学校は私立に通わせれば、先生の目が行き届いてしっかりとした教育を受けることとができます。

 

先生も若い、子供もたくさん、エネルギーが前向きなんです。

学校に行くと本当に明るい雰囲気が漂っています。

その成果、息子は非常にまっすぐ育っていると感じています。

幼稚といえば幼稚なのですが、実に子供らしく育っている。

環境は大切ですね。

 

そんな息子にも寂しい事件が起きました。

大好きなお姉ちゃんが、大学に通い寮に入ることになったのです。

別に遠くではないので会おうと思えばすぐに会いに行ける距離なのですが

セブは今、市街地の交通渋滞がひどく毎日通うのは大変です。

そこで大学まで歩いて2分のところの寮に入れました。

意外と寮の規則も厳しいので親としては安心です。

寮に入った日には息子は夜、泣いておりました。

 

週末にはお姉ちゃんは家に帰ってきます。

息子はそれが楽しみで仕方がない。

帰ってくると、一緒に寝ます。

20148162272.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末は息子にとってお姉ちゃんと会える大切な日です。

 

正直言って、日本にいると忙しすぎてストレスも多くこういった人間らしい気持ちを忘れがちです。

セブにいると、家族というものを大切にするというのが一つの大切な価値観なので

自分もそのスタイルに合わせるようになってきています。

日本のように、仕事、仕事、仕事という訳にはいきません。

 

セブで良く聞く言葉で「ボンディングタイム」という言葉があります。

ボンド、つまり接着剤なのですが、つながりを持つ時間ということです。

家族みんなでご飯を食べる、家族みんなでビーチに出かける、家族みんなで映画を見に行く・・・・

そういったボンディングタイムがセブでは重要なんです。

 

そして、9月の中頃になればクリスマスが始まります。

私は、カトリックではありませんが、家族と過ごすボンディングタイムとして楽しもうと思っております。

たった一度の人生ですから、心豊かに生きたいと思います。

日本から直行便で4時間半のところに昔の日本のような温かい雰囲気の街があるんです。

良かったらセブに遊びに来てください。いい意味でのショックを受けると思います。

2014816221332.JPG

セブ Padgettコンドミニアム テナント付け

セブのコンドミニアムPadgettがオペレーション開始となり、

既にご購入くださった方たちの入居の準備をしております。

 

ここから先は、Padgettのプロパティマネジメント会社が担当するのですが

私の場合は、日本人の方がお客様なのでサポートもしております。

 

ということで、セブのコンドミニアムの場合は貸出のために家具付けをする必要があります。

それをお客様がすべてやるとなるとそれは大変です。

運び込みから何からすべて、サポート役を付ける方がずっと楽。

まず、セブの家具屋さん情報、家電やさん情報が少ないですから。

 

ということで、今回はPadgettを実際に家具付けしてテナントを募集できるようにしたので

見てください。

オーナーさんは家具屋さんにつきあうだけ。

投資だけだからというのなら、お任せでも大丈夫です。

201481619316.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?なかなかかわいく家具付けしてくれますよね。

高級品は使いません。投資ですからお手頃で壊れにくいものという基準です。

もちろん好き嫌いがあまり出ないような無難のものを選びます。

2014816193256.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビ台は買うと非常に高いので、作りました。

これで壁の装飾まで含めて15000ペソ

DurosLandは元々家具をやっていましたから、こういうのは得意です。

 

セブはやはり人件費が安いので、このように手作りを混ぜるのもオススメです。

ベッドも、ヘッドボードも手作りで設置しました。

この方がずっと安く上がるんです。

なぜならセブは、それほど地場産業があるわけではないので家具は輸入品がほとんど。

実際に家具屋に行けば日本と値段は変わりません。

2014816193539.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が結構重要視しているのがここ。

お風呂場のちょっとした小物使いです。

私の性格は超おおざっぱなので気がつかなかったのですが、

女性のインテリアコーディネーターと話をしていて、実用的な部分を使い勝手良くすると

テナントがつきやすいとのこと。

なるほどと思い、それから注意してみています。

201481619383.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構引き渡しが始まって良く足を運んでいますが

私も住みたくなるような素敵な空間です。

海外のお客様者多いのですぐにどんと入居するわけではないのですが

毎日新しいお客様が入居の準備をしております。

私もイチ押し!是非一度セブに見に来てください。

2014816195450.jpg

LINEの個人アカウントを乗っ取られました。

お世話になります。今、日本にいるのですが

私、寺田寿永のライン上の個人アカウントが盗まれてしまいました。

今ニュースでやっているLINE乗っ取り犯罪です。

 

私になりすました誰かは、LINEでメッセージを送り

コンビニでプリペイドカードを(WEBマネーと呼ばれるもの)買って

その番号を写真で送るように頼まれるようです。

 

私は既にこのアカウントにはアクセスできず、内容は詳しくはわかりませんが

ニュースなどで注意を促している内容と全く同じなので

警察には通報しました。

 

既にあたらしいアカウントを作成しております。

旧、アカウントをお持ちの方、それから金品を催促するような内容を受け取った方は

アカウントを削除していただくか、ブロックしてください。

セブに日本商工会議所の皆さんがお越しになりました②

セブについに日本商工会議所の皆さんがお越しになり、セブの経済界の方と親交を深めて頂きました。

私のセミナーを聞いて頂いた後は、セブを2班に分かれてご覧頂きました。

 

私が担当させて頂いたのは、ショッピングモール巡りと、コンドミニアムのご案内でした。

ショッピングモールは非常に大きく、よく迷子になる人がおりますので不安でした。

201481016556.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201481016734.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モールは迷わず終了。

今度は私どものセブで一番のオススメのコンドミニアムです。

間違いない鉄板商品です。Padgett

20148101697.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014810161059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん優雅にくつろいでいらっしゃいます。

ペントハウスからの眺望も皆さんと楽しみました。

2014810161619.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、夜は懇親会と言うことでウォーターフロントホテルでパーティー

セブの不動産王、リト・バリノ社長にも参加していただきました。

2014810161927.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014810162049.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然にも商工会議所の会長も、日本では有数のデベロッパーの社長です。

セブと、日本のデベロッパーが顔を合わせました。

今後、非常に楽しみな展開です。

 

ちなみに、こちらはセブで太陽光パネルを促進するお手伝いをしていただく

アドバンテージソーラージャパンの永田修一氏と、ドラコンプロの鈴木氏。

中央に入るのはRCBCの支店長デビーさん。

不動産事業と同時に、太陽光パネルも本格的になってきました。

セブはまだまだ伸びる!そう信じて頑張ろうという1日になりました。

翌日の模様はまた次回!それではまた。

2014810162346.JPG

 

セブ 海外移住しながら感じるこの国の成長

不動産投資をする方。

勉強熱心な方が多いのをいつも感じます。

もちろん大きな投資ですから当然です。

 

人口も伸びている。そして市場は若い。GDPは伸びている・・・・・・・

など、経済指標を見ると今のフィリピンには死角が無いように見えます。

 

でも、大切なのはやはり人。

これだけは実際に移住してみないとわかりません。

ではこの人を作るのは・・・・・?やはり教育です。

人が増えるから成長するというのはありますが、その質の成長ももちろん大切ですよね。

人がたくさんというだけなら他にもまだありますが、バランス良く成長する土台があるのかないのか?

その土台が教育なのではないでしょうか?

 

私の息子は今7歳。日本で言えば小学校2年生

ところがこちらでは3年生です。

なぜなら、ついこの前まで6.3.4という形で

小学校、中学校、突然大学・・・・・この国の力に比例した教育制度でした。

ところが、この国は急速に豊かになっている。

それに比例して教育制度は7.3.3.4という形でいきなり学校カリキュラムが

4年も延長。

 

大学進学率は急速に伸びております。

大学はなかなか立派で、衝撃を受けました。

特に理系の学部にはiMacがずらりと並んでいます。(下のパソコンは図書館なのでウインドウズです)

この国が教育に力を入れて、その成果が出始めたとき本当にこの国が豊かになると思います。

201486234956.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014879364.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学ぶ環境も整ってきました。

サンカルロス大学です。

学生が入りきれずに第二校舎を新設、それでも収まりません。

2014879393.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学だけではありません。

実は今日から息子の学校がテストです。

学校の先生にお願いして(チューター)、家で一夜漬けかもしれませんが

詰め込み勉強です。

今も、毎日放課後はチューターが助けてくれますが、今回は麻疹にかかり、

1週間ほど入院しておりましたので、その遅れを取り返します。

それから、書くのが遅い・・・・・・・わからないと止まる・・・・など

先生は意外とよく見てくれています。

結局、自宅で布団の上での勉強でしたが夜10時まで教えてくれました。

20148795048.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わったらそのまま、こてんと布団で寝てしまいました。

それにしても、先生方の気の長いこと・・・・・・

この先生がもう既に息子を見てくれて2年以上たっておりますが

最初の頃、全く話も聞かず、走り回っては1問、走り回ってきては1問と

全く勉強にならない様な状況から、今は少し成長したのか

席に座って勉強するようになりました。

本当に助けられております。

 

投資情報として、様々な経済指標を分析するのも大切ですが

このような教育という観点からこの国を見ると、本当に成長の予感を感じるしかありません。

競争を促して教えるのでは無く、助け合って学校の求める基準をパスする。

大学も入るのはそれほど困難でないから進学率は高くなります。

しかし入ってからが大切で、卒業までしっかりと勉強しなければならない。

優秀な人間がたくさん作られております。

 

日本は今からさらに、市場が縮小するからビジネスでもより競争が激化します。

だから、競争、競争と言い続けるしかないのでしょう。

 

一歩外に出れば、市場が発展し続けるためにいろいろ融通し合ったり

より大きなことをするためにパートナーを組んだりと戦い方が違います。

アジアの時代と呼ばれ初めて、トレンドは後者なので

息子にはこの感覚を養ってもらい是非、成功して欲しいものです。

さよならKOTOBUKIYA1号店 そしてSMへ出店!

セブのKOTOBUKIYAを7月31日に閉店しました。

 

セブに来るときに、お店を出すのならSMモールに!という思いがありました。

ところが、実際に出店の申し込みに行くといつも決まってこの言葉でした。

「モールでの経験はありますか?」という言葉で断られました。

 

それであえなく、J.Centreモールという非常にマイナーなモールに出店したわけです。

ところが、ここに実店舗を構えて何年か経営していると今度はSMモールから

破格の待遇で出店依頼があったわけです。

夢がある意味叶ったわけです。

 

今、工事打ち合わせなどしておりますから2ヶ月から3ヶ月後のオープンとなりますが

今度はしっかりとこの市場を理解した上での出店なので子供を中心としたマーケット狙いの

フレンドリーな作りの店にしたいと思います!

20148491849.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の分岐点となった店なので思い入れは一番強いです。

しかし、この伸びるマーケットに挑戦したからには、伸びる可能性が高いところに合わせて

どんどん変化していかないといけません。

ボチボチやれているからいいやでは、伸びる市場に生まれたスタッフに申し訳ない。

 

当然、店を閉めると言うことは、店の設備の運び出しやら

経理的な残務処理、スタッフの問題など細かな作業がたくさんあります。

大変だなあ・・・・などと思っていたらうちのスーパーバイザーの子(女性の方)が

「社長、ほとんどすべて終わっておりますので最後の確認だけお願いします」

「え?・・・・・・あ、わかったよ。」という感じです。

本当に優秀なスタッフに助けられ感激しております。

というか、この子は天才です。なかなかこんな子は見つからないでしょう。

20148492533.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、今から新店の準備もあり大忙しです。

といっても、もう私がいなくてもどんどん進めてくれる仲間がおります。

セブの人材・・・・・・・

その特質を理解すれば非常にやりやすい。

ポイントは女性を要職に適用する。

おかまちゃんを補助に付ける。だと感じております。

 

女王蜂と働き蜂で組織を構成するのが大切なのかと今は感じております。

労働条件が同じであるばあいには、女の方が強いんだなあと少しガッカリもしますが・・・・

 

夢だったSMへの出店、非常に楽しみです。

セブに日本商工会議所のみなさんが来てくれました。

最近はセブへのビジネスの注目度も高まっており、

ついに日本商工会議所の方たちがお見えになってくださいました。

 

皆様、日本では大変成功されておられる方ですが

セブではまだ私に一日の長があるため、セブに関する私の情報をセミナーという形で

ウォーターフロントホテルにてお話しさせていただきました。

まずは、日本商工会議所会長、仲田氏よりご挨拶いただきました。

201483235816.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このご挨拶を頂いた後、私のセミナーを2時間にわたって受講していただきました。

20148401041.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自らの体験を中心にした内容ということもあって、真剣に聞いていただけました。

特に人材の活用の仕方については、セブ独特のやり方があります。

それを理解していただくと、事業の立ち上げが飛躍的に楽になるのでご興味を持っていただけました。

20148402032.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は現地視察でITパークまで歩いて行きました。

このITパークが8年前には野原だったことにみなさん驚愕されておりました。

20148404553.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014841451.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20148411158.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、セブというとフィリピンですから非常に貧乏な国を想像してきたようですが

全然違います。

貧しい人が多いから、不幸な国だと勘違いしてこられるのですが

実際には非常に豊かな層が増えております。

 

世界で加速度的に増えているのは富裕層なのです。

そのことを今回感じていただき、新たにチャンスを感じてくださったと思います。

とにかく、このように商工会議所の方たちが真剣にセブをビジネスの視点から

勉強しに来てくださったことを本当にうれしく思います。

 

この夜は私の師匠、リト・バリノ氏と懇親パーティーです。

その模様はまた今度。

セブ コンドミニアム Padgett引き渡しパーティー

セブ不動産.comがオススメしておりますPadgettがついに完成となりました。

今セブに来て頂けると気がつくのはこのような本格的なコンドミニアムがセブにはいかに少ないかに気がつくでしょう。

また、Padgettの美しい外観は所有する人にとっては満足感を高めてくれます。

 

ということで、引き渡しパーティーの模様をご紹介します。

途中から行ったのですが、知っている顔ばかりの中でのパーティーだったので非常に楽しかったです。

私の7歳の息子もパーティー参加と言うことで気合い十分です。

201473183549.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ですが雨でした。この時期は観光客も少ないです。

住む方にとっては涼しくて別に苦にはなりませんが、遊びに来た人にはつらいでしょう。

201473183851.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブで行動力が飛躍的にアップしている息子は7歳ながらもどんどん自分で受付に行き、

入場した後はどこかに行ってしまいました。

201473184253.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティーの開始はもちろんリト社長の挨拶からです。

20147319623.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、建築部門よりリト社長に大きな鍵が渡されます。

201473191615.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共にお仕事をさせて頂いてやはりうれしい瞬間です。

ここからはやはりセブです。

音楽です。いきなり始まったファイアーダンス・・・・・

と、知らぬ間に息子も戻ってきて最前列で見ております。

201473192454.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201473193639.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201473193751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子はずっとPadgettの大きい鍵が気になっていたらしくパーティーが終わり次第

すぐに鍵のところに行きました。

20147319580.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はリト社長と記念撮影。

2014731101052.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブでこのような場所に息子が参加させてもらうことは本当に光栄です。

息子も、「俺もリト・バリノになるんだ!」といつも言います。

成功をしたいと強く願う気持ちを養うこと・・・・これは今の日本にいたら実は一番難しいことかもしれません。

 

リト社長も簡単に成功したわけではありません。

数知れない修羅場をくぐってこの地位にいるのは古今東西成功者は皆同じだと思います。

 

Padgett・・・・・・・・

出来上がったPadgettを改めて見てみるとやはり本当に心からオススメしたい。

質実剛健、まさにこの社長の人柄が表れたコンドミニアムです。

セブ コンドミニアムパジェット 引き渡し開始

セブ不動産.comがオススメしております、パジェットが本日完成パーティーを行います。

といっても、上層階は内装に後数週間かかりますが、引き渡しができる物件も多いので運営開始です。

既に貸出部分については、テナントの申し込みも来ております。

今後、家賃の設定状況など詳しくお伝えできると思います。

まだ25%くらいのお部屋が販売可能ですので、すぐに収益を埋める物件としてやはり今後も不動のイチ押し物件です。

さて、中身を見ていきましょう。

2014726103252.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり出来上がってみると美しいです。

日頃から私が入っている、セブで一番美しい物件というのは間違いではありません。

2014726103429.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人情報なので写真は遠目ですが、角で写真を撮っているのが私のお客様です。

本当は投資の目的で買ったのですが、見てその美しさに気に入っていただき

自分が住むことに急遽変更となりました。

 

入り口のコンシェルジェブースも完成し、ここが住民の方のお手伝いをいたします。

今日のパーティーでは電気もつきますからまた写真を撮ってきます。

201472610375.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールサイドもくつろげるようになっております。天気が悪いのが残念ですが。

2014726104054.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールサイドではコーヒーショップを用意するようです。

お部屋から出て、プールサイドで朝は珈琲を飲む・・・・・・いいじゃないですか。

201472610453.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014726104235.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、肝心の引き渡し作業。

かならず、この物件を管理するプロパティマネジメントがございます。

そこのマネージャー、ミスターボンズより説明をしてもらいました。

1時間30分くらいはかかりました。

お客様も、途中からは話よりもフィリピン人がまじめに仕事をしているのが不思議なようで

「全然、日本と変わらないなあ・・・・」などと言って話す人の顔をずっと見ておられました。

2014726104955.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様も、最初はフィリピンでコンドミニアムだから心配はしていたけど

本物を見たら、マニラやセブの他のコンドミニアムよりもきれいでしっかり作られていると

お褒めの言葉を頂きました。

品質は表面ではなく、内側から醸し出されます。

目には見えませんが、となりとの壁を通常のコンドミニアムの1.5倍にしたり

高コストなRC工法でセブ最強にしたりして質感を高めました。

外観は美しく、中身は質実剛健です。これぞ財産!

広告宣伝は控えめな分、建物にしっかりとお金をかけて作ってあります。

 

まだまだ販売中です!実際のテナントへの貸出状況なども今後ご報告していきます。

是非、お早めのお問い合わせお待ちしております!

絶対に買いです!見れば納得!

 

セブ不動産.com

代表 寺田寿永までお気軽にメールください!

cebufudosan@gmail.com

2014726105215.JPG

セブ不動産.com 安心という付加価値

セブで不動産をご紹介するにあたり、大切にしていることがあります。

それは一言、「安心」です。

 

建物そのものに対する安心もありますが、

やはり引退して生活を始めようという方にとって退職庁の支援があるとないとでは違ってきます。

今、私はDurosLandという会社と開発などにも取り組んでおりますが

日本人の気質として、政府機関、しかも退職庁のお墨付きとなるとその安心感は全く違ってきます。

ちなみに退職庁はリタイアメントビザを発行してくれるところです。

 

Woodlandを退職庁とタイアップして引退者向けに推奨できる物件と言うことで

リタイアメントビザの取得手続きを簡素化していただくよう合意しました。

私のプレゼン内容も評価をしていただき、今後日本人の私のお客様には

ビザの手続きも私ども(セブ不動産.com& DurosLand)の方ですべてやらせていただけます。

私どもが推奨するWoodlandの緑と共に生活するという理想のリゾートプランは

老後の生活がさらに楽しくなるように整えられております。

それを第三者にきちんと評価していただけたことは非常にありがたく思います。

そしてそれが政府の機関であるということはWood Land Residenceの価値がさらに安心と共に価値がついたことになるかと思います。

201472125522.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職庁のCEOが私の話を聞いてくださったことが非常に感慨深かったです。

最初は厳しくて質問攻めでしたが、すべて私の中で答が用意してあったので

パートナーとして認めていただきました。

現場にもお誘いしてさらにWood Land Residenceに好意を持っていただけました。

201472125958.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私(ブルーの横縞シャツ)の横の黒い服の人が退職庁のCEOです。(上の写真)

一番右の人です。テレビにもよく出る人です。(下の写真)

2014721338.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかお会いできる人ではないので、私も光栄でした。

General Manager/CEO   VEREDIGNO P.ATIENZA氏です。

 

PAGE TOP