ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ 介護元年なるか!!?

明けましておめでとうございます。

セブ不動産.com、今年も皆さんにセブを身近に感じていただけるよう、リアルな情報をお届けしたいと思います。

 

さて、タイトルにもあるように今年はセブ、Wood Land Residenceが日本人向け介護事業の先駆者となるかもしれません。

日本の大手介護事業者が、今Wood Land Residence内に、日本人向け介護施設を企画してくれています。

既に日本では17箇所も有料介護施設を経営されておられるのでそのノウハウはばっちり。

日本人スタッフも連れて、日本と同等の介護サービスを実現してくれるとのことです。

 

日本での介護との違いは、やはりゆとりです。

楽しみながら老後を過ごしていただくには、やはりゆとりが必要です。

日本での介護費用は安くはありません。年金生活者にはすべてが介護費用になってしまう方がほとんどです。

でも、セブでは遊ぶお金も残しながら楽しんでいただきたい。

そんなセカンドライフを楽しむための介護サービスが今回のプロジェクトです。

2月末から首都圏を中心にセミナーをしながらご紹介していくそうです。

セブ不動産.comも全面協力させていただいております。こちらのブログでも詳しく今後ご紹介します。

 

ということで、そのセミナーの中でのプロモーションビデオ撮影ということで、今回は

その介護事業者の方が撮影にセブまでお見えになりました。

今回はその撮影をお手伝いしましたので、その一コマをご紹介。

詳細は、2月に発表になりますから、それまでお待ちいただくとして今回は撮影現場のご紹介

 

当日はモデルを1人お願いしてスタイリストもつけました。背の高い方がモデルで、背の低い方が娘です。

201515182134.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、モデルさんは仕事が上手でナレーションもすぐに対応してくれます。

おかげで撮影もスムース。
201515182535.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2月の終わりからセミナーなどを開催していく予定です。

この介護施設については今後当社のブログでもご紹介していきます。

日本は寒いですから、皆さんもお体にお気をつけてください。

今年もよろしくお願いします。

 

セブの不動産王 なぜ与え、分かち合うのか

LIO・・・・・・・Life is once. つまり人生は一度きり。

セブの不動産王リト社長とお話をするときに良く出る言葉です。

だから楽しむことも忘れてはならない。

出会った頃の私は、日本人体質でワーカホリック的なところもあり、日本ではズボラでも

セブでは神経質に見える一面も。

その時に言われたのが、人生は一度きりなんだから楽しむことも忘れてはいけないぞと言うリト社長の言葉でした。

 

リト社長の人生を変えたのはある事件がきっかけだそうです。

遠い昔ですがまだ情勢が不安定な頃、仕事の都合で、遠くに出かけるときがありました。

バスで移動中そのバスがストップ。その時にいわゆる賊に襲われ頭に銃を突きつけられました。

リト社長の髪型が刈り上げだったために、軍人だと思われて銃を突きつけられたらしいです。

でもその時、幸運にも命を奪われず無事に事なきを得ました。

 

その時に彼が感じたのが「神のご加護」です。いかにもカトリックの信者らしい素直な感じ方ですね。

それ以降、彼はその後の人生を神からもらった第二の人生と考えるようになったのです。

神から与えられた人生。だから自分もこれからは人に与える人生を送ろうと・・・・・

与えられた人生だから、感謝して楽しまなければならないし、自分のためだけではなく人のために生きなければならない。

だから与えることを大切にしているんです。前回のブログでご紹介したクリスマスの様子がそれを良く表しています。

 

今、私たちは日本に暮らしていて他人を思いやる気持ちを忘れてはいないでしょうか?

自分のことだけで精一杯・・・・・・忙しすぎてそれどこれではない・・・・・・とてもそんな余裕はない・・・・

心が貧しくなってきているような気がします。それが世相にも反映している。

最近は、親が子を虐待するとか、放置するという事件が後を絶ちません。

顕在化しているだけでも数が増加しているのですから、その予備軍の数は同様にもっと増えているのかも知れません。

精神的なストレスがパンパンに張っているような気がします。

これが日本にいるときとセブにいるときに感じる一番の空気の違いです。

 

人生は一度きりなんだから楽しむことも大切なんだぞと言うリト社長の言葉は

出会った頃の私の完全日本人体質を見て、すっとそれを感じたのでしょう。

 

考え方やライフスタイルを変えてできた心の余裕は、今まで忘れていた愛情や、思いやりに変わります。

くだらない子供の話を真剣に聞く時間を作ったり、母親の健康が心配になったり、普段はうるさいなと思っている嫁さんにも

苦労をかけているなと感じたり忘れがちな感情がよみがえります。

 

リト社長も基本はワーカホリック。

でも与えられた人生だからこそ楽しんで、自分だけの人生ではないと知っているからこそ

考え方に余裕があるのでしょう。

 

心に余裕がなければ、与え、分かち合うことなど不可能。

日本で忘れがちな心の余裕が持てるのが今のセブライフです。

日本では人と人の距離感が遠い・・・・というか見えない壁が間にある感じがします。

でもセブではその距離も、壁も感じることがない。それが非常に快適です。

 

今回は日本から既に移住をされているE様の奥さんとお子さん、それからF総研の藪内さんという

移住希望者もリトさん宅にお連れして楽しく談笑しました。

藪内さんはまだ30歳と若いですが、一児の父となり、仕事の面、生活の面を含めて、真の豊かさとは何かを

真剣に考え始めているようです。今回は感動体験を積んでもらいました。
2014122771646.JPG

 

セブのクリスマス 不動産王宅での感動体験

今年のクリスマスはセブで非常に有意義に過ごすことができました。

12月20日を過ぎるともうセブはクリスマス色で染まります。

街も会社もどこの家庭もクリスマスで盛り上がります。

でもここはカトリックの国、日本のクリスマスとはやはりずいぶん違います。

今年はセブの不動産王リト・バリノさんのお宅で過ごすこととなりました。

 

そこで学んだことは・・・・・・

与えることの大切さ。分かち合うことの尊さでした。

 

朝の6時を過ぎた頃から近所の人たちがリト社長の自宅に足を運びます。

決してお知らせがあったわけでも何でもないのですが毎年やっているので

地元の方が足を運ぶのです。

それはリト社長が毎年クリスマスになると地元の人にお米やパンを配るからです。

ただその数が半端ではありません。見てくださいこの人の数。
201412275835.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014122751151.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


毎年のことなのでスタッフも慣れたものです。

きちんと整列させて、人グループにまとめて1列づつ並んでもらいます。

そして、並んだら音楽を鳴らしながら食べ物を渡して散会。これで1グループ終わり。

すると、また次のグループが始まる・・・・・・

朝からお昼までこれがひたすら続きます。一体何人来たんでしょう。1000人どころではないです。

子供にはおもちゃまで配られます。
2014122751619.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そしてちょっとしたパーティーのように音楽を鳴らしたり、少しインタビューしてみたり

待っている間も楽しい時間が過ごせるような工夫をしてくれています。

仕切り役はハードゲイのライアン君です。ヘアバンドを巻いているのがインテリアデザイナーのライアン君です。
2014122751936.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




子供達の笑顔を見てください。
2014122752142.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう後半ですがまだこれだけの食料があります。一体どれほどの量を用意していたのでしょうか。

写真はパンだけですが、お米やらお菓子、おもちゃまであります。
201412275257.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もらったおもちゃがうれしくて、子供達はすぐにその場で遊び始めます。

リト社長の自宅はこの日ばかりは子供達の遊び場になってしまいます。
2014122752921.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


201412275319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山のてっぺんにあるリト社長のお家。長蛇の列は続きます。
201412275339.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


途中、もう残りが少なくなり、みんなに同じものが行き渡らないかもしれないけど

我慢してくださいねという旨の挨拶が社長の奥さんよりありました。

やはり貧しい家庭にとっては一番うれしいのがお米なので、パンはそのバックアップなんです。
2014122753646.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014122754127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今年のこのクリスマス体験は私の人生の中でも最も感動したクリスマスでした。

唖然とするほどの規模でしたが、非常に学びの多い1日でした。

 

セブへの投資・移住にご興味を持たれている方が増えていることはありがたいことです。

確かに経済もいいし、不動産投資のパフォーマンスもいいです。

しかし、このようなプライスレスな価値があることを一番お伝えしたい。

お金では決して買えない経験、感動・・・・・その場にいなければわかりません。

 

私が今、リト社長と取り組んでいるWood Land Residence構想はこのような価値観を共有できる方と

過ごすコミュニティー作りです。

 

私が今、リト社長からいつも言われていることはこうです。

「もっと与えろ、もっと損をしろ。それだけ福運を積み、必ず返ってくるから」です。

良く理解できます。

 

このクリスマスの体験は、成功とは何か?その答を見たような気がしました。

セブ シンガポールのデベロッパー進出

ついにセブにもシンガポールのデベロッパーが進出してきました。

WEI KIAT MANAGEMENT & DEVELOPMENT,INCです。

副社長のANG CHLISさんとお会いしてきました。

やはり華僑系なのでしょう、中国なまりの英語と、私の日本語発音の英語での会話でした。
20141217152320.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さすがだなと思ったのはそのコンセプトとコストパフォーマンスです。

確かにモデルハウスは少々安っぽい感じはするものの投資と考えたら十分な出来映えだと思います。

部屋のカットも投資に使いやすいサイズで好感を覚えました。

 

シンガポールは有限な土地に非常に効率よく建物を建てております。

このプロジェクト、LA NIVERAも700㎡という決して大きくない土地にコンドミニアムを建てます。

なぜこのような小さな土地でコンドミニアムが成立するのか?

 

コンドミニアムというとプールがあって、アメニティがあって環境も含めて価値がある。

それをこのLA NIVERAは17階にプールを含めたアメニティーを作り、建物の敷地内で

アメニティーを実現している。なるほどです。

 

実際にコンドミニアムにプールがあったとしてどれくらいの人が利用しているでしょうか?

実はそれほど使いません。近所の人に水着姿を見せるのが恥ずかしいのと、日焼けをしたくないという思いからでしょう。

17階で屋根付きのプールであれば利用頻度も上がるでしょうし、何しろ見晴らしが素晴らしい。
20141217153019.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


物件情報は近日まとめて物件リストに掲載します。

会員の方には先行でプレビルド価格でご案内いたします。

只今、最安値でこの物件が手に入ります。

220万ペソからスタートなので、魅力ある物件ではないでしょうか?

買ったときに既に家具がついておりますから、貸出の手間もかかりません。

そして差別化されているのはペットが可能!

 

シンガポールのデベロッパー、さすがに商売上手な物件だと感じました。
20141217165358.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


20141217165515.JPG

セブ SMモールでの準備・・・遅れてます。

不動産事業を行う傍ら、KOTOBUKIYAという飲食店も別会社でやってます。

最近の円安のおかげで、日本から仕入れる食材は一気に安くなるので楽しみではあります。

 

ということで、前にもお伝えしていたのですが念願のSMショッピングモールに出店準備中。

日本から帰ってきて、本日現場を見てみると・・・・・・・遅れてます。

ショッピングモールでの出店は、常にモール事務局の許可申請をして進めるので

やはりなかなか思うようには進みません。

フィリピンだからと言ってなめているといけません、SMモールまでになるとかなりきっちりとしております。

先日の日経新聞にも載っていましたが今後5年間でモール事業に1兆円投資するようです。

1兆円ですよ!

フィリピン人の購買力は非常に高まっています。

 

ということでやはり当初よりも開店は1ヶ月以上遅れそうです。

2014121004930.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



見ての通りお隣はナショナルブックストア、フィリピンでは人気店です。(本屋さん)

そしてモール中央部はこんな感じです。
2014121005130.JPG



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちより、一足先に開店したピザ屋さん。

オープン日に、設備が間に合わず、ピザがないのに営業していました。

全く考えられませんが、いいんです。ここはフィリピンですから。

2014121005333.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今現在のKOTOBUKIYAの工事現場を覗いてみると・・・・・・・

ガクリ!!!まだキッチンしかやっていません。

といっても、別働隊で、ダイニングエリアの準備は進めていますから

キッチンができればすぐに進みますが、工事のスピードも速めなさいとモールから言われています。

201412100572.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、完成はこの形を目指しております。
20141210130.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モール内はすでに、クリスマスモード。

年末商戦は逃してしまいますが、じっくりと進めたいと思います。
20141210169.JPG

 

セブ 台風の様子?

セブにおります。

 

6日から台風警報が出ているのですが、雨が少し降った程度で

風もなく穏やかでした。

8日の今日に至っては天気は晴れ間が見えております。

 

ところが、今日は学校はお休みです。

フィリピンでは台風警報などがあると、学校が大事をとって休みとなります。

ということで、そういう日はフィリピンでは家族で楽しむ日となります。

 

昨日より多くの方からこの台風に関してご心配頂きましたが

セブに関しては全く問題ありません。

ありがとうございました。

 

最近は台風が来るたびに、フィリピン全体が壊滅的な被害を受けたような報道をよく見ますが

セブの中心は今までほとんど台風の被害を受けたことがないエリアです。

今年の12月も多くの日本人の方がセブにお見えだと思います。

台風の影響は全くありませんので是非、セブを楽しんでくださいね。

 

 

セブ コンドミニアムのお客様対応の実際

セブでコンドミニアム投資をすると、そこからはプロパティマネジメント会社が

ビル全体を管理することになります。

メンテであったり、お客様のサポートであったり、日常のサポート全部はこのプロパティマネジメント会社が行います。

 

本日は、実際に住んでおられるNさんという女性のお客様からクレームを頂きました。

このクレームに対応するということは、今のフィリピンの不動産市場では大変重要です。

 

不動産を建築している会社、販売している会社、そして管理している会社とあり

特に管理をしている会社というのは日々長くつきあうことになります。

今回は新しく赴任してきたマネージャーがちょっとぶっきらぼうなのでガツンと言うことにしました。

 

問題は私のこの動きに対して、相手がどう対応してくれるかです。

聞いてくれるところばかりではありません。しかし、きちんと聞く会社は今後も伸びます。

 

今回は、プロパティマネジメント会社の雇用主であるDuros Land にまず連絡をして、

「すぐにお客様のところに行って、具体的な事情、それから要望などを聞き込んでこい!」と伝えました。

即日動いてくれたことに感謝しています。

 

これをもとに今度、プロパティマネジメント会社とミーティングをして改善していきます。

プロパティマネジメントは日々常に住んでいるお客様と接するわけです。

 

安いコンドミニアムですと、下にガードマンと受付がいるだけというところもあるのですが

高級であればそうもいきません。

 

日々のおつきあいがストレスなく行われていくこともその物件の価値に関わります。

 

このお客様、N様には感謝をしております。

この方の正確なアドバイスのおかげで私もデベロッパーにクレームをあげやすく、そして聞いてもらっております。

そして、この度、Padgett品質・サービス改善委員会を発足することになりました。

私もそのメンバーに加えてもらいました。

 

私は、日本にも年の半分近くを過ごしながら、セブでも同様に過ごします。

お客様は日本でも、セブでも私とのつきあいはずっと続きます。

 

売るときよりも買って頂いた後の方が大切なのは日本もフィリピンも同じです。

 

日本に比べてまだまだ未熟な部分が多いフィリピンです。

ただ、そこに改善点が多くあり、成長の糧になるのです。

このクレームにどう取り組むのか?その企業姿勢が今後の成長を決めるのだと思います。

これが発展途上国というものなんだと思います。

 

今回、一つの小さな意見に真摯に耳を傾けてくれ、動いてくれたDuros Landは伸びる条件を備えていると思います。

 

私がデヴェロッパーの体質に重きを置いた、不動産のご案内をしているのは

このようなときに、きちんと対応してもらえるかどうかが、私とお客様の関係に響くからです。

 

不動産投資は株式投資や、FX投資のようなものとは違います。

実態のある資産であり、それを利用する人間がいて、管理する人間がいる。

そして、海外不動産ということもあり、普段はあなたの目の届かないところにある。

だからこそ、どのように守られているのか、運用されているのかが大切なんです。
201412215613.JPG

 

セブに日本企業を呼び込みたい!

セブ不動産.comという日本人の方へ、セブの不動産投資物件のご案内、移住の相談事業をする傍ら、

私は、Duros Land Properties,inc 社においてInternational Marketing Dierectorという立場で仕事をしています。

日本語で言えば、国際営業部長と言い換えたら良いでしょうか。

2014112714226.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Duros Landとはセブで開発事業をしている会社なのですが、不動産開発だけでなく道路工事、橋建設などの

公共事業を柱に展開しております。詳しくは下のリンクをご覧ください。

http://www.duros.com.ph/

http://www.durosland.com/

 

ただ、景気の良い今のセブですから開発の需要は高く、不動産開発の比重は年々高まっております。

そして今、セブの市街地ど真ん中に新たなプロジェクトを始めます。

 

ご存じの通り、フィリピンというのはカトリックを中心とした世界です。

街の一等地には教会があることが多いです。

敬虔なカトリック教徒である、DurosLandの社長のリトさんと、奥さんのフェさんは

教会に寄付をずっと続けてきました。

すると予期せずに、教会側からセブの最高立地を開発しないかという申し出がありました。

それがこちらです。奥に見えるのがウォーターフロントカジノホテル、左手がアヤラのあるビジネスパークです。
20141127135439.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブに来たことのある人であれば、この土地の価値がいかに高いおわかりになるでしょう。

そして、20000㎡(2ha)もあるこの敷地・・・・・・・・・・・・ここを今から開発いたします。

当然のことながら、プロジェクト内容も場所に見合った最高のものでなければならない。

私はここに是非、日本企業を誘致したいと考えております。

ビジネス向けのホテルはもちろん、オフィスと小売り、飲食なども含めた総合的な開発を検討しております。

日本企業の方のジョイントベンチャーの申し出をお待ちしております。

 

ただ、今回はここに家を建てたいとか、店を一つ構えたいというご依頼はお受けできません。

セブの一等地で、シンボルになるようなプロジェクトを目指しております。

日本とは違い、今後更に続く人口ボーナス、セブの勢いはまだまだこれからというところでしょうか。

別角度からの写真もご覧ください。すぐ奥にビジネスパークが見えます。しかもここは角地です。
20141127141147.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はセブが大好きです。そしてフィリピンは隣国では数少ない親日国です。

このセブのシンボルとも言える場所に日本企業のビルが建つことを夢見ております。

 

是非、日本とセブとの架け橋となるようなこのビジネスにご興味を持って頂いた方はご連絡ください。

cebufudosan@gmail.com

担当 寺田までお願いします。

セブ 父親として子供の将来を考えての選択肢

2014年11月21日 日本国内では衆議院が解散となりました。

悩むのは、いくら我々に選挙権があるとはいえ、今の日本の状況では

一体どこをどう手をつけたらこの国が良くなるのかが見えないと言うこと・・・・

期待を込めた一票と言うより、仕方なくここか・・・・的な投票になるのではないでしょうか?

 

今の日本は年収400万円の家庭が、800万円の支出を毎年している。

そして借金は1億円。そしてこの1億は返すことはできずに毎年更に400万円分ふくれあがる。

個人や会社であれば手っ取り早く、破産して出直しという選択肢もあるし

企業であれば、まず徹底的なコストダウンという取り組みも考えられる。

ところが、国は簡単には破産もできないし、社会保障も国民が相手だから簡単にはカットできない。

我々国民も非常に悩みます。

 

話は本題に戻り、この自分でも解決策や、今後良くなる見通しが全く見えない今の日本しか

選択肢がないとすると、人生がかなり悲観的になるのではないでしょうか?

 

投資の側面から考えても、良くいわれるのは「同じかごに玉子を盛るな。」

つまり分散投資でリスクを分散していく話を良く聞くかと思います。

 

では「自分」という最大の投資はどうでしょう?今のこの日本にしか選択肢がなかったらそれは一つのリスクではないでしょうか。

私はこの激動の時代に、自分の息子の選択肢が日本しかないというリスクは取りたくありませんでした。

 

インターネットが普及し、飛行機という移動手段がこれほど整っている世界で

自分の息子のチャンスが日本にしかないとしたら?

 

何が自分たちの行動を狭めてしまっているのか?

日本語という独特の言語もその一つだと思います。

英語はやはりもう欠かすことのできない必須語学になっていると思います。

そして、本当の発音ができるようになるためには少しでも早く勉強を始めた方がいい。

大人になってからではどうしても発音ができません。

私も、発音が悪いので(日本人発音)どうしても電話がつらいです。

 

この12月下旬より、名古屋空港と関西空港からも直行便がセブに出ることになりました。

セブとの距離がものすごく縮まります。

環境は徐々に整いつつあります。

セブの不動産は、単純に不動産物件を買いました、家賃が入ってきました、あるいは高く売れましたという尺度だけでなく

将来の自分、そして家族ためのリスクヘッジととらえてもらっても良いのかもしれません。

視野を広げるために。

 

日本の人口減少市場と、フィリピンの人口爆発市場をつなぎ合わせることで

ひょっとしたら日本に活路があるのかもしれません。

息子には広い視野で将来の仕事に取り組んでもらいたいと思います。

 

今は間違いなく、何も考えていないでしょうが・・・・・・

20141121174838.JPG

 

 

セブ コンドミニアムだけが選択肢ではありません

最近は、お客様でも投資はもちろんですが、移住を希望されている方が増えております。

しかもお子さんもご一緒に。

私としてはうれしい限りで、私どものスタッフもお客様の移住のお手伝いをすることで

日本人との交流を楽しんでおります。

 

皆さんセブに来ると、すぐにインターナショナルスクールに入らなければとお考えになるのですが

実際には、お子さんが小さければ早くから英語環境に慣れてしまうので問題なく学校に入れるのですが

お子さんの年齢が、たとえば既に12歳とか・・・・・あるいはもっと上の場合はどうでしょう?

 

最初にプレスクールといって英語を学ぶコースを取らないと本コースに進めない場合があります。

ここで英語を勉強しながら、本コースに入る準備をしていくのです。

 

場合によっては、学年が一つ二つ遅れることもあるかもしれません。

でもどうでしょう?このまま日本語だけでお子さんたちの未来はどうなるでしょうか?

 

日本は、世界で今力を落としています。

今後、世界の勢力図が代わり、そのスピードが飛躍的に向上している。

日本は景気が下降気味ですし、今後正直言って明るいネタがありません。

労働力の不足で今後、就職はできるかもしれませんが、未来は明るいのか?

 

ところが、ひとたび世界に出ると、やはり成長を続けています。

その中でも、親日で、英語がしゃべれて経済が絶好調、人口構成からも今後長期的な

経済成長が見込めるフィリピンは挑戦に値します。

 

この国にはイジメがありませんから、お子さんにとっても負担は少ないと思います。

 

日本では英語をしっかりと習得するためにインターナショナルスクールに通うのは非常に有効です。

でも、セブでは学校の授業がすべて英語なので、無理してハードルの高いインターナショナルスクールに通う必要はありません。

教育制度も変わり、地元の私立学校でも十分な教育が受けられます。しかもはるかに安い。

 

そうして、留学を含めた移住となるとやはり住むところは高層タイプのコンドミニアムよりも

日頃の運動も含めて空気の良い、サブディビジョンという選択肢はいかがでしょうか?

私のお客様も庭付きの家でのんびり暮らしたいからという理由でサブディビジョンを選ばれる方が多いです。

 

ということで、移住向け、留学向けにオススメの物件をご紹介。

まずは、こちら。大きくてなかなかお洒落です。大家族にぴったりです。

2014111822829.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、周りに日本人がたくさんいたらいいなという方にはこちらをオススメします。

Wood Land Residence

20141118221243.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブで暮らす一つの魅力は、家族の大切さを再発見することです。

それはセブの文化が家族を大切にする文化、家族と過ごす時間を大切にする文化だからです。

コンドミニアムでお洒落に暮らすのも良いですが、家族が多ければこのように

戸建てで家族の時間がじっくりと楽しめるような家を考えたらいかがでしょうか?

 

当社が大切にしているのは、本当に移住するときの大変な時期をサポートすることです。

日本国内でも、引っ越しは大変です。

海外であればもっと大変ですよね。

勝手を知った私どものスタッフがお手伝いいたします。

 

わからないことや、知りたいことがあったらお気軽にご相談ください。

つまらないことで結構です。お待ちしております。

cebufudosan@gmail.com

PAGE TOP