ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>不動産契約

不動産契約

セブ 実際にはビーチに面した宅地は稀少

セブというとどうしてもリゾーとというイメージがありますね。

実際に住み始めるとその印象は薄れていってしまうんですが・・・・・・・

外国人が富士山にあこがれるけど、実は日本人はあまりそこには行かないというのと同じようなもんです。

住み始めると当たり前の存在になってしまうんです。

 

しかし、やはり実際にビーチ際にいって海を見るとやはり極上の快感があるのは間違いありません。

行く度に、引退したらこういうところに住みたいなと毎回感じます。

 

ということで、今回はリロアンのちょっと先に行ったところ、コンポステラにある

新しいサブディビジョンの視察にいってきました。

ジェットスキーをパーキングできて、なおかつビーチフロントに家が欲しいというご希望のお客様がいらしたので

その要望に合う物件探しということです。下の写真はジェットスキー置き場になるそうです。

201612761414.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海に向かってこんな素敵なインフィニティプールが!!!!!リゾート感高いです!

201612761516.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブならではの、波のない静かな海です。波が荒かったらこんなにビーチ際には住めませんね。

201612761613.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201612761719.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブの不動産投資は、利回りだけではなくて夢を買う部分もありますね。

人生の仕上げにはこういうところでゆったりと暮らしたいなと思うようになりました。

セブにいるのにせかせか、働いております。ちょっとリラックスしたいなあと思う歳になりました。

セブ不動産.com お客様への物件引渡

お客様に物件を引き渡しするのは楽しいことです。

やはり人の家でも新しい家を見るのはワクワクします。

 

物件を引き渡しするときにデベロッパーのレベルがわかります。

簡単にチェックして鍵を一式まとめてよこすだけのところもあれば、

チェックシート、マニュアルをお客様に渡して丁寧に説明するところと

セブではばらばらです。

安い物件はそれなりに・・・・・・という感じでしょうか

 

今回はDuroslandの引渡に立ち会っていましたがやはりセブナンバー1だけあって事務手続もきちんとしています。

201412122241.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のクリスティンがマニュアルシート兼、チェックシートに沿って説明をしてくれます。

後ろで各部屋の鍵を準備してくれているのがリアンといって強面のオカマです。

このオカマの彼が丁寧に家の中全部を点検しながらチェックしてくれます。

鍵も、全部にわかりやすいように札をつけてくれます。

しかし、全部の部屋に鍵が付いているのにはビックリしました。

すごい数の鍵です。

 

保証内容も業者によってまちまちです。

安い物件などは物件引渡後15日間で問題なければそれで終わり・・・・・・・

え?と思うのですがそれが現実です。

このWoodlandはビックリの保証が付いております。

まず、ストラクチャーといって建物の構造体は10年の保証が付きます!

そして塗装などは1年

ドアノブや鍵などは3ヶ月の保証です。

自分でつけた電化製品や家具は保証の対象外です。

実に安心の内容

 

さらにビックリしたのは日本なみの気配りですが警察や消防、デベロッパーの担当部署など細かく

非常連絡先が書いてあります。もちろん病院もです。

そして消化器もつけてくれます。

 

ここまでしてくれる会社は他にはありません。

2014121221059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014121222249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、家具はすべて揃っていないようですが、少しずつきれいになっていくと思います。

 

また、このwoodlandは常に最高のものを目指して新しい工法を取り入れています。

このお客様は、残念そうでしたが、今から作る物件はすべてRC工法で作ります。

このような建物でRCは過剰な強度かと思いますが、この会社は強さにこだわるので

RCをセブで一番最初に取り入れました。

今後、今までの工期の半分近くに短縮される予定です。

 

不動産が常に値上がりする今、やはり工期を短縮して納期を早める方が

コストがかかっても得策なようです。

 

今私が販売に力を入れているウッドランドのフェーズ2もすべてRC工法を取り入れます。

楽しみにしてください。

2014121224248.JPG

セブ不動産.comに新パートナー登場

お陰様で、2013年はCLSプロパティー社の販売実績でなんと

セブ不動産.comが年間ナンバー1となりました。

あいにく授賞式には参加できなかったのですが来年にはトロフィーもくれるらしいので

改めてこのブログにて紹介したいと思います。

 

実はそれほどガツガツと売っているわけではなく、現地のご案内も無料でやっておりますし

不動産見学だけでなく街のご案内もサービスでやっております。

 

不動産だけ見てもその価値はわかりませんもんね。

ロケーションも重要、そしてこの街の今後の発展計画も知っておいて損はありません。

そこまでしたあとで、お客様の判断を仰ぐようにしております。

その間に出てくる質問には即答できるように常に情報は収集しております。

 

とまあ、そのように頑張っておりましたら私にもパートナーが出来ました。

スウェーデンから来たニコラス(通称ニック)です。

彼の場合は楽にこの世界に飛び込めます。

英語がしゃべれますから。私もしゃべれますがレベルは低いです。

だから非常に苦労しました。

特に法律関係については弁護士に付きっきりで質問攻めにして来ましたから。

 

今後当社のウエブサイトを利用したスウェーデン初、ヨーロッパ向けのサイトも始まります。

そこで今回は彼にずっとレクチャーしました。

201312310545.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、DurosLandの社長の家でしっかりとレクチャーです。

横にいるのは彼女ですが、この彼女が元々私の友人でしたのでそのつながりです。

スウェーデンという国は年間の半分が曇り空で、自殺率が非常に高いことが悩みだそうです。

日本と同様に、人口減と高齢化も進んでおり将来には彼もあまり明るい展望を感じていません。

2ヶ月前に初めてセブに来たのですが、青い空、青い海に一発でノックアウトされて

移住を決意したようです。28歳・・・・・・・・若くてかっこいいです。

レクチャーの後は、現地の案内です。

私の息子も何故か同行していますが、セブではこれもありです。

2013123101050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013123101121.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりまじめな正確なようです。几帳面できちんとメモを取っております。

今日の現地研修には始まる前に自分で質問リストをiPadに用意してありました。

2013123101252.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、こんな感じで自分なりに勉強を初めてもらっています。

 

何が言いたいのか?

グローバル社会と良くいいますが、頭ではわかっていても実行に移すのが難しいですよね。

それはなぜ?

失敗が怖いから?

英語が出来ないから?

日本にいても失敗はあります。

そして、日本にいてもこの人口減少のスピードでは将来の姿にはリスクがあります。

私が言いたいのは、飛び出すときは一人でも

結局、現地でもたとえ外国人であっても多くの人間が助けてくれるということです。

そして、国籍が違えど、世界に飛び出してしまえば同じ土俵で戦えるし、また協力できる。

その感動体験は言葉では言い尽くせません。

 

たった一度の人生。

より多くのものに触れて挑戦して、多くの文化に触れてみる。

意外にもセブは世界各国からいろんな人が集まってきているから友達も国際的になります。

私もフィリピン人、中国人、韓国人、オーストリア人、アメリカ人、スウェーデン人、イギリス人など

友達のバリエーションが増えてきました。

私はその人脈こそがプライスレスであり、息子に伝えたいものだと思っております。

下の写真のように、外国人と英語で話をしている息子を見てうれしく思います。

誰よりも広い人脈を築き上げ、自分の人生を思いっきり楽しんで欲しいと思います。

201312310204.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局は人に助けられることで、成長するんだと思います。

今、私は一つ殻を破ったことで多くの外国の方と友達になることが出来ました。

全く違う文化ではありますが、なるほどと感心させられることが非常に多いです。

 

今はまだ私もどんどん挑戦中。

それでもセブは小さな街なので、等身大で様子がつかめるので

非常にやりやすいと感じています。

そして、きっといい出会いが待っていると思います。

セブ不動産.com 物件完成までの工事進捗報告 イーストリッジ

セブで不動産をご購入される方ははほとんどが、完成前、あるいは建築前の状態です。

 

完成した物件は既に高く、待たなければならない物件は不安もあるでしょうから

 

安く買えるわけです。

 

割安で買えるのはいいですが、待っている間は正直不安ですよね。

 

いつも見れるわけではないのですから。

 

そこで私たちは、完成までの間にちょこちょこ現場に足を運び覗いてきます。

 

今回は,イーストリッジで完全注文住宅をご購入された方の案件。

 

建物だけで150㎡もありますからなかなかの大型物件です。

 

今、ちょうど基礎工事が始まりました。日本とはだいぶ違います。

 

このイーストリッジがある場所はマクタンのリゾートのど真ん中であり、珊瑚礁の上です。

 

今は、開発がどんどん進んで道路工事が多く渋滞が大変ですがどんどん住環境がよくなっております。

 

スーパーもSMの食料品店部門がでておりますし、ガイサーノも2件あります。

 

さらにスーパーが今後2件ほど新たに建築予定です。

 

飲食店もずいぶん増えました。

201392310296.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まずはイーストリッジの基礎部分です。

201392310324.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と深く穴を掘った後、セメントを流し込みます。

地震がない国の基礎がどんなものか私も気になっていました。

2013923103432.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱部分を含めて木材は内装以外には使いません。

201392311128.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、もう一方の建築現場。

3LDKの物件ですがこちらは来年の1月には完成の予定です。

既に壁の工事まで始まりました。

柱の間にブロックを積んでモルタルで仕上げです。

201392311751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013923111720.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、こんな感じですが仕上がればなかなかなものになります。

基本的にイーストリッジはお手頃物件ですが、リゾートのど真ん中という魅力があります。

これからさらに発展して賑やかになるのを見守っていきたい地域です。

ちなみに完成するとこんな感じです。

これは私のうちのリビングです。

2013923112030.JPG

セブ 不動産の売買契約の現場

今日は、先日MactanPrainsをご購入なさった方の契約に行ってまいりました。

マクタンプレインズは、私が良く泳ぎに行くポートフィノビーチのすぐ近くです。

マクタンニュータウンがすぐ横で、今非常に安く買えるので魅力大です。

https://www.cebu-fudosan.com/housing/2013/08/mactanplainskiaraldk.php

 

作ってくれるのはこの会社です。

2013912105224.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社内はこんな感じ

2013912105411.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして完成予定のモデルもあります。

ビーチの近くで白で作られるので将来本当にリゾート感を楽しめる家になりそうです。

2013912105618.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013912105937.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、支払いもしていよいよ契約です・・・・・・・・・・・・「う!」

いつものことですが,出てきました契約書・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本と違い、印鑑ではなくサインです。割り印もできませんからすべてのページにサインです。

重要事項の説明を受けた後は、一気にサイン。

なんと、250枚すべてにサインです・・・・・・・・・・

途中から別人のサインのごとく劣化しております。

201391211634.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013912111010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、これで工事開始。

この会社のいいところはなんとアフターサービスで5ヶ月間の保証が付いていること

他のところは15日間で問題なければそれでさよなら的なところが多いです。

 

ペイントなども5ヶ月間の間であれば保証対象なので安心です。

この家は日本に比べたらまだまだですが、モデルハウスを見る限り作りも丁寧で

私も好感が持てます。

・・・・・・残念ながら私が住んでいるイーストリッジよりもいい感じです。

 

これから完成までにいろいろ手続があるのですが、私も楽しみに見守っていきたいと思います。

人の家でもやはり住宅ができるまでを見ているのは非常に楽しいものです。

この担当者も非常に感じのいい若者なので楽しく仕事ができそうです。

 

ちなみにこの会社で出してくれた珈琲はスターバックスの豆を使っていました。

やけにおいしいなと思っていたので聞いてみました。

 

PAGE TOP