ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>注文住宅ができるまで

注文住宅ができるまで

セブで私が思う理想の家・・・・

私がセブに来てから、ずっと仲良くしている中華系のフィリピン人の友達がいます。

貴金属の販売が主な仕事ですが、この友人とはビジネスをしないと言うことで

ずっと友達関係だけで来ています。

そんな友達が、頑張ったじぶんへのご褒美と言うことでセブの北部の方に家を建てました。

以前のブログでもお伝えしたことがあるのですが、それがついに完成しました。

20175513518.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、リゾートではありません。自宅です。セカンドハウス・・・・・

20175513528.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなリゾートよりも、自分だけの海があるという贅沢ははるかに贅沢だと思います。

1日海を見ていても飽きません。

朝日はこんなにきれい・・・・・これを独り占めなんてどう思いますか?

201755135820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんなに青い海です。

20175514022.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、生活も考えると若干不便なところでありますから、移住用にと進めるわけではありません。

あくまで、セカンドハウス用です。

2017551421.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もし日本人としてこのような夢のような家を建てたい場合はどうしたらいいのか?

土地が外国人が持てないというこの国で。

大丈夫です。もうこれにはひな形があります。

この近所は外国人ばかりです。

当社の法務部門にお任せください。

そして、皆さんの夢の住宅を建てるお手伝いをさせて頂きます。

ほら、私の息子も大喜び。

201755141049.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃんも、ヨガポーズでご機嫌です。

201755141139.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブでは、まだ夢を見ることが出来ます。

よろしければ、お声かけてください。

お手伝いさせて頂きます。

 

セブ不動産 引き渡し間近Woodland フェーズ1

セブ不動産.comがお薦めしている移住向け高級住宅Wood Land Residenceです。

まもなく完成、引き渡し間近の物件です。

 

一つはあと2週間くらいで完成。

50代半ばの女性の方がお母さんへのプレゼントの意味も込めてご購入くださいました。

家もまもなく完成ですが、同時にプールとクラブハウスの工事も進んでおります。

落ち着いて暮らすとともに、健康作りにもご配慮いただきたいと思います。

森の中を歩いて森林浴というのも、毎日の日課になるといいなと思います。

201462501450.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の建物は2月の上旬に着工しました。

DurosLandは工事が飛び抜けて早いです。

通常、この程度の物件を作るには他のデベロッパーなら1年近くかかります。

RC工法で工期を縮めただけでなく、老舗としてのノウハウの蓄積もあります。

もちろん、日本に比べたらまだまだだと思いますがセブでは飛び抜けております。

 

市街地のハイエンドコンドミニアムPadgettもほぼ予定通りの引き渡しです。

信頼の出来るデベロッパーを選ぶこと、それは大切な海外投資の条件だと思います。

 

引き渡し時に見栄えの良いようにお庭も作り始めています。

これはサービスですが、やはり全然仕上がりが違って見えます。

20146254504.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにお母様のために、お風呂もご用意されたのでまもなく設置です。

20146254570.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201462545943.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの家もどんどん建ち始めました。

今年の初めの頃にはまだほとんど空き地が多かったのですが・・・・

 

それからもう1軒

今度はやはり50代のご夫婦なのですがお子様4人をつれての移住計画です。

20146255219.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6人家族と言うことで建坪だけで50坪くらいあります。

家族構成はお兄ちゃんが3人と妹が1人です。

お兄ちゃんたちは最初は不安があって、行くのを反対するでしょうが

お父さんの決断でセブです。

中学生にもなると最初は言葉で苦労するかと思います。

ところが、友達はすぐに出来ますし助けてくれます。

助けるという価値観が強い国なので(カトリックの影響でだと思います)

数日で慣れ始めるでしょう。

 

そしてやはり英語が話せないとこれからのキャリアアップは望めないと思います。

日本で英語を勉強してもやはりなかなか通じません。

特に発音・・・・・・・そして時事の問題まで表現しようと思えば

英語の世界に暮らす必要はあります。

今の苦労が必ず身になると思います。

なにより、イジメがないし先輩後輩という感覚もないのでおおらかになると思います。

先輩=お兄ちゃんという感覚です。

201462551041.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブで引退生活・・・・・・・・

もちろんゆったりするのが目的でしょうがもう一つの呼び方でセカンドライフと言います。

今までの生活をリセットして新しくセブで生まれ変わる感覚でもいいじゃないですか?

ワクワクはいつまでも大事です。

 

日本にいて心の底からワクワクしたのは最近いつですか?

セブ不動産 障害者のお客様への物件引き渡し

今回はしばらくブログを更新できませんでした。

私はなるべく、現地の写真も織り込みながらブログで情報発信をしていきたいのですが

フィリピンのネット環境で台湾とフィリピンを結ぶ海底ラインが損傷したらしく

現在非常にインターネットが遅いのです。ですから画像が上がらず少し休んでおりました。

今は日本に帰ってきているのでしっかりと情報発信していきたいと思います。

 

以前にもお伝えしていたのですが私のお客様で下半身に障害を持っておられるお客様がおられます。

その方の注文住宅が完成したので引き渡しの準備です。

2014523103929.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真に写っているのはこの家のデザイナー、Chad。

お庭は私からのプレゼントとしました。

 

障害を持った方にとって大切なのは外観やデザインはもちろんのことですが

使い勝手です。

 

普通の人よりも体の可動範囲が少ないためにそれを補うような作りが必要。

そこで、使い勝手の細部を確認。

 

2階に上がるリフトもあります。

 

ほとんど問題はありませんがいくつか気になる点をチェック

2014523104317.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面台の高さはいいものの、足入れのスペースが若干低い。

足に感覚がないためこすれていたり、当たっていても気がつかないから

知らない間にけがをしてしまうことがある。

だから、ここは削ります。

 

それから、トイレ。

大変なのは車いすから、便座に移る時。そしてその逆の動き。

手すりはついているものの、少し遠い。

このお客様(市野様)が踏ん張りがきくように手すりを増設することに決定。

2014523104716.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産ビジネスをやっておりますが、実はこういう地味な作業が最も大切。

 

なぜなら、この家が彼の新しい生活の基礎になるわけですから・・・・・

2014523104758.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはイーストリッジというマクタンのタウンハウスです。

日本人も何人か住まれていますし、管理人も日本語が話せますから安心です。

 

そして全体を壁で囲んでおりますから安心です。

子供たちも近所の子供たちが集まっていつも遊べる賑やかな環境です。

賃貸もできますからお気軽にお声をかけてください。

2014523105144.JPG

セブの不動産 まもなく完成、障害者向け住宅

セブは非常に楽しいところです。

なにしろ、明るいし、若い。

確かに幼稚さはありますが、若さのエネルギーはすごいです。

平均年齢21歳のパワーは日本では味わえません。わくわく感です。

 

リタイアメントでセブの住宅をご検討いただくことはよくあるのですが

体に障害があって、それでも多くの人に囲まれて楽しく過ごしたいならセブはいいですね。

 

以前にも当社のブログに登場してもらっている市野さんという方は

車椅子でありながらセブでの生活に挑戦です。

 

特別注文の家ももうすぐに完成です。

 

2階建てですがリフトがリフトをつけました。

そして、台所も低くしてあります。

 

すべてのドアを1Mにして車椅子でも自由に出入るできるようにしました。

まもなく完成。

そして、彼のセブでの挑戦が始まります。

 

英語も只今、楽しみながら勉強中。

まだまだですが、今は電子辞書などもありますから必至にコミュニケーションしています。

介護の子たちも雇って新しい生活は夏前には始まるでしょう。

201451235232.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部工事に遅れがあるところがあるので注意。

私が現場を見に行くと嫌がります。

201451235259.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背の低いキッチンにして車椅子でも調理ができるようにしました。

201451235441.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂も車椅子からの移動が楽なように特別注文にしました。

201451235553.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周辺環境はこんな感じで、周りに多くの人が住んでいますから楽しみです。

20145123577.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201451235737.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこの時期の空は実に素晴らしい。真っ青です。

6月には雨期に入りますが寒い時期がないというのは本当に体に楽です。

 

セブでの生活を始めたかったらお気軽にお問い合わせください。

つまらない質問でも何でも受け付けております。

興味を持ったらすぐに質問してください!

セブでの住宅購入 注文住宅は早い

セブにて、不動産をご紹介させていただいておりますが

主にコンドミニアムと、戸建て住宅の選択となります。

コンドミニアムは、自己名義で所有できるということから日本人の方は好んで選ばれます。

 

戸建て住宅の方は自分の名義で買えないから敬遠されがちなのですが

ちょっと待ってください。

コンドミニアムも土地は全く権利がないんですよ。

だから、基本的には楽に買って全く土地の権利がない形にするのか、(コンドミニアム)

ランドホールディングカンパニーを使って土地付き物件を買うのか、(戸建て住宅)

あるいは土地部分をリースにして戸建て住宅を買うのかという選択なんです。(戸建て住宅)

ランドホールディングカンパニーやリースに関しては、説明するにはきちんとしないと

わかりにくいと思いますので、またお会いしたときに!

 

ということで、今回は戸建て住宅を買った方の進捗状況です。

戸建て住宅は他との兼ね合いがなく、単独で工事が始まりますから

予定通り始まって、早く終わります。

そしてなんといっても魅力は、コンドミニアムに比べて割安なことです。

 

しかし、コンドミニアムにはホテル並みのサービスを受けれるところが多いですから

どちらがいいとは言い切れません。

特にWoodlandの第1フェーズを買われた方は、コンドミニアムのサービスを受けようと思えば受けられるので

非常にお買い得だったと思います。

今日は、逆にセブに今いらっしゃるお客様の方から、

「こんな風に進んだよ」と写真を送っていただきました。

着工から2ヶ月くらいでここまで来た感じです。

Woodlandのフェーズ1です。

東京からセブにいらしたMさんのお宅です。

20131215232116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131215234333.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様子なら来年の1月からは住めそうです。

コンドミニアムは待つ間がもったいないんですよね。

もちろん、その間が楽しみということもありますが。

 

こちらは、別のお客様で私が今住んでいるイーストリッジのお客さんの進捗状況です。

この方は車椅子を利用しておられるので、リフトをつけて2階に上がる住宅にしました。

20131215235833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフトも到着しており、まもなく設置です。

201312160818.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という状況です。

 

コンドミニアムを見ていると何年もかけて作るのでセブの建築は非常に遅い感じがするのですが

このように、普通に戸建て住宅を作る場合には、日本よりは遅いですが

それなりに日々仕事は進んでいきます。

 

今、街中で作られているコンドミニアムがだいたい2016年に集中的に出来上がってきます。

その頃には本当に大きく街の姿が変わると思います。

 

コンドミニアムだけが出来るのではなく、セブで今準備されている様々なプロジェクトが

その頃にオープンになるでしょうから、そこからセブの発展は更に加速すると思います。

 

セブ不動産.comは出来上がってからもおつきあいさせて頂いております。

なぜか?

それは、慣れない土地で生活を始めたら最初のサポートはあった方がいいじゃないですか。

セブでの新生活はみなさんにとって楽しいものであって欲しいからです。

 

 

 

 

 

セブ お客様の住宅建築の進捗状況 マクタンイーストリッジ

私が住んでいるイーストリッジに新たにお客様が家を建てております。

既に何度かこのブログでもご紹介しているので前回の工事現場との比較をしてみましょう。

 

フィリピンの住宅工事は遅いです。超ローテク。

ということで、実際に1週間でどのくらい工事が進むか比較してみましょう。

ブログの掲載日は違いますが、実際の1週間分の工事のビフォー・アフターを比較してみます。

 

まず、イーストリッジバージョンアップ版のMさまのお宅。

通常イーストリッジは2LDKですが、この物件は3LDK。

メイドさん住み込みにも適しております。

まずは、1週間前(この前のブログでもお伝えしました。)

2013929102950.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013929103211.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モルタルが処理されておりました。これだけかよ・・・・・・・・・

という感じですがこのユニットだけでなく全体を進めているのでこのような進捗具合です。

でも来年の1月には完成です。

このイーストリッジの良いところは管理人さんが日本語しゃべれることです。

私が留守の間も安心です。しかもすごくいい人です。

ちなみにこの家の最初の方に作っている物件は外壁に色が塗られていました。

201392910370.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、私のお隣さんになります、車いすの方の家です。

彼は、障害者ではありますが非常にアクティブで積極的に自分で行動します。

全く英語がしゃべれずに最初は緊張していました。

ものすごく人に気を使う優しい性格なので最初はカチコチでしたが

(やはり血液型はA型です。几帳面で、気遣いをする方です。)

今ではこちらに何度も足を運んで友達もできてきて少し気持ちが楽になっております。

今日、まもなくこちらにお越しになる予定です。もう飛行機に乗ったかな?

私もワクワクして待っております。

 

日本でも少しずつ英語を勉強しているようです。

今は,便利になってわからなくなったらスマホで翻訳して相手に伝えることができます。

そして、同じ人間とたくさん接していると相手が理解してくれるようになります。やはり人間です。

 

さあ、今回はどれくらい英語が上達しているか?

最初の頃は、ホテルでおもいっきり

「モーニングランチお願いします。」と言ってホテルスタッフを混乱させておりました。

ブレックファーストです・・・・・・・・・・・

 

フィリピン人は英語が間違ったくらいでイライラしません。

驚くほど気が長いです。だから間違いは全然大丈夫です。

私も英語がある程度はしゃべれますが、難しい英語はわかりません。

それでも、相手がイライラしている様子はありません。

ですから、完璧な英語は目指さないでください。単語が少しづつ増えてくれば伝わります。

ネット環境があればこちらのサイトがコミュニケーションにはおすすめです。

http://www.excite.co.jp/world/

 

この人には、フィリピンで仲間をたくさん付くってもらい、新しいチャンスをつかんで欲しいなと思います。

日本では、自分の周りに何人も人を置くことはなかなか大変ですが、ここフィリピンではそれが可能です。

そして自分のチームを作ってもらい自分の手足となる人間を育てて欲しいなと思います。

そうすれば、彼の行動範囲は無限大です。そしてチャンスも!

 

さて、それでは彼の工事現場を見てみましょう。

201392910541.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一週間後、結構進んでおりました。

2013929105559.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは柱も進んでおり、意外と進んでいます。

しかしでかい・・・・・・

169㎡もあるのでやはりでかいです。

 

私もこの物件はできあがりが楽しみです。

特注ですが、大きいので本当にゆとりの空間が出来上がると思います。

 

今、マクタンのイーストリッジは道路工事が激しくて少し不便です。

でも、その後には必ず便利になります。

 

投資向けに買われた方も、今現在問合せが韓国人の方が多くて、値段交渉に苦労しております。

直接足を運びにくくもなっています。

近くには韓国料理店が増えているのでその方たちが広告なしでも問合せに来てくれますが

もう少し間口を広げるために少し広告を打とうと思います。

 

今後もこのイーストリッジは近くということもあり細かく観測して皆様に報告したいと思います。

セブ不動産.com 独占販売 自然の中のリゾートコンドミニアム

先日もお伝えしましたゴルフ会員権つきの夢のコンドミニアム

 

WoodLandの追加情報です。

 

フェーズ1は完売いたしました。

 

フェーズ2の販売に向けて只今準備中です。

 

きっと誰もが見たら住みたくなるような素晴らしい物件なのですが

 

投資目的の方も実はこのサイトの会員の方は多くいらっしゃいます。

 

そこで、本日この会社の社長とほぼ1日話をしてきました。

 

そこで素晴らしい提案を受けました。

 

まず、投資で家賃収入を求める方のために・・・・・・・・

 

いくら景気のよいフィリピンでも不動産を貸し出ししたら最初の数ヶ月は空き室リスクは当然あります。

 

誰もが、広告宣伝を打つわけではないですから、知ってもらうまでに時間がかかります。

 

そのリスクを減らすために、最初の1年は家賃を物件価格の5%分だけは保証してくれるというのです。

 

翌年からはすでに借り主が見つかっているので市場価格で家賃設定をしてオーナーに還元します。

 

初年度から、家賃が保証されるし、2年目からは条件がよくなるので安心して投資ができます。

 

来年の春からは販売を開始できるように準備しておりますが、第1フェーズも広告宣伝なしに

 

すぐに完売してしまいました。今回もそれ以上のペースかも知れません。

 

日本人の方にはセブ不動産.comが独占販売権をいただいているので当社が責任を持ってご案内いたします。

 

この物件は販売直後からお声がすぐかかる物件なので、事前に視察をしたい方、

 

または、定期的な情報を受け取りたい方はご連絡ください。

 

今日、行ってきましたら、壁にどーんとゴルフ場の図面が貼ってありましたので写真を撮りました。

201392712737.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスも立派です。

201392712924.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフをやって、その後プールもあるなんて・・・・・・・贅沢すぎます。

201392713130.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、第1フェーズの1戸建てタイプのもの。

モデルハウスですがこれも完売。

第2フェーズはさらに高級バージョン、モダンバージョンとなって登場します。

20139271348.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2フェーズはこんな感じです。

20139271481.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今現場はこんな感じです。

これが今から2年くらいかけて素晴らしい街になります。

 

これからもこのWood Landの情報はブログでも徹底的にご案内していきたいと思います。

20139271594.JPG

セブ不動産.com 物件完成までの工事進捗報告 イーストリッジ

セブで不動産をご購入される方ははほとんどが、完成前、あるいは建築前の状態です。

 

完成した物件は既に高く、待たなければならない物件は不安もあるでしょうから

 

安く買えるわけです。

 

割安で買えるのはいいですが、待っている間は正直不安ですよね。

 

いつも見れるわけではないのですから。

 

そこで私たちは、完成までの間にちょこちょこ現場に足を運び覗いてきます。

 

今回は,イーストリッジで完全注文住宅をご購入された方の案件。

 

建物だけで150㎡もありますからなかなかの大型物件です。

 

今、ちょうど基礎工事が始まりました。日本とはだいぶ違います。

 

このイーストリッジがある場所はマクタンのリゾートのど真ん中であり、珊瑚礁の上です。

 

今は、開発がどんどん進んで道路工事が多く渋滞が大変ですがどんどん住環境がよくなっております。

 

スーパーもSMの食料品店部門がでておりますし、ガイサーノも2件あります。

 

さらにスーパーが今後2件ほど新たに建築予定です。

 

飲食店もずいぶん増えました。

201392310296.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まずはイーストリッジの基礎部分です。

201392310324.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と深く穴を掘った後、セメントを流し込みます。

地震がない国の基礎がどんなものか私も気になっていました。

2013923103432.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱部分を含めて木材は内装以外には使いません。

201392311128.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、もう一方の建築現場。

3LDKの物件ですがこちらは来年の1月には完成の予定です。

既に壁の工事まで始まりました。

柱の間にブロックを積んでモルタルで仕上げです。

201392311751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013923111720.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、こんな感じですが仕上がればなかなかなものになります。

基本的にイーストリッジはお手頃物件ですが、リゾートのど真ん中という魅力があります。

これからさらに発展して賑やかになるのを見守っていきたい地域です。

ちなみに完成するとこんな感じです。

これは私のうちのリビングです。

2013923112030.JPG

セブの設計士と打ち合わせ

今日は、CLSプロパティーのボスと打ち合わせ。

 

今度私の家の裏に住むことになった人の注文住宅の打ち合わせです。

 

私が住んでいるタウンハウスもすでに日本人が5人になりました。

 

みんな友達なので気が楽ですし、日本語でも会話していますから寂しさは全然ありません。

 

201353222559.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に打ち合わせを始めると仕事ぶりは日本人と変わりません。

 

きちんとプロセスに沿って進めるし、細かいところまで考えてくれている。

 

もちろん日本ほど品質の高い家が出来るわけではないのだけれど、実際に住むには何の不自由もありません。

 

意外と快適です。

 

今回は他の物件と違って注文住宅なので私も図面から参加させていただいています。

 

フロアプランはだいぶ決まったので、あとは内装のイメージです。

 

私からの注文はリゾート風に・・・・・・

 

せっかくの注文住宅、セブなのですから一部は遊び心を入れてみたいです。

 

今日の打ち合わせ後、オーナーから承認をいただいたら次のステップ、内装の図面を決めて3D図面です。

 

進捗はまた報告します!

 

打ち合わせはいたって和やか。

 

みんなフレンドリーなので仕事は非常に楽しいです。

20135322431.JPG

 

 

PAGE TOP