ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>2017年2月

2017年2月

セブ なんなんだこのIT集団は?

セブは南国リゾートのイメージが強いと思います。

そして仕事のイメージというはあまりないかと思いますが、以外にもIT部門はなかなかです。

フィリピン人というのは、意外と頭が良いのです。

 

以前、当社がある日本の行政のITプロジェクトを請け負った際につきあいを始めたITグループがあります。

この中のアルバートという男はもうつきあいが5年にもなりますし、腕は衰えるどころか、理解不能のレベルにまで向上しております。

この行政プロジェクトに取り組んだ時は納期が非常に厳しく、チームが1日2時間睡眠で取り組みました。

作業場に私も乗り込み、とにかく寝るな!俺も起きてるんだからと言って作業をさせました。

アルバートはもう何度も、限界を超えてます!!!と言って泣きが入りましたが、俺の方がお前より年上なんだぞ!

泣くな!と言ってむちゃをさせました。

そんな厳しい状況を乗り切ってきた友人なので今回の相談にも耳を傾けた次第です。

 

今回彼らが提案したきたのは、コンドミニアム、あるいは普通の住宅などの通信関係、テレビの受信料、水高熱の節約などのシステムです。

ここでは仮称としてホスティングサービスとしましょう。

すでにテスト的に50世帯に導入してもらっていますが、もちろん素晴らしいソリューションです。

 

興味がある方は現地をご覧にいれますし、是非将来を見て投資も検討してみてください。

ざっと簡単に説明します。本当に簡単に説明しますので詳しくはお問合せを。

例えばセブでコンドミニアム、住宅に住むと、いろいろな生活コストがかかります。

  • インターネットプロバイダー
  • 固定電話の通信費
  • ケーブルテレビ受信料
  • 電気代
  • 水道代

これらすべてが別の請求書できて、別のところに払うわけです。

残念ながらフィリピンはまだ自動引き落としなどが進んでおりませんから、非常に手間です。

そして、このすべての費用は個別の契約なので割引がありません。

まず、彼らのホスティングサービスのメリットはこれらすべての請求書を一本に絞れます。

日常生活の中の事務の手間が大幅に削減きます。まずは時間と手間の節約

 

次に、このホスティングサービスが通信会社、電力会社、水道局と大口契約をするので

そもそも購入価格が違います。

このホスティングサービスの購入価格と、住宅オーナーの個別契約の購入価格の開きが儲けの味噌です。

個別契約よりも安い価格でこの便利なサービスを提供するわけです。生活コストの削減

 

さらにデベロッパー側にもメリットがあります。

このサービスを素に、住宅設計をするとケーブル配線の大幅な削減になります。

これはコンドミニアムなどではかなりのコストの削減になります。建築コストの削減

 

素晴らしいコンセプトです。彼らは普段は大手のIT企業に勤めています。

その中でこの事業を切り離しベンチャー企業として将来に夢を見ています。

さて、こんな事業がどんなところで準備開発されているのか?

私としてはITパークのどこかのビルか、ビジネスパークのどこかのビルかと思っていました。

普段は彼らはそこで仕事をしていますから。

 

Albert: Sir.Hisa...(私はこう呼ばれています)Can you come with us? I want to show you our office.

So you will understand what we are doing...(一緒に来てくれます?事務所を見てもらえば良く理解してもらえると思うから)

私:じゃあ、連れてって

 

と車に乗って連れて行かれるとなんだここ?

2017219104944.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017219105124.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テロリストのアジトかよ?的な事務所が待っていました。

彼ら曰く、こういう場所が静かで邪魔されずに集中できるとのこと。

それにしてもこんなところに強烈なサーバーラックが置いてあります。

2017219105250.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私:何なのお前ら?テロリストみたいだな。周りと全然調和してないじゃないか。

アルバート:この仕事の良いところは場所は関係ないんですよ。そしてセブに限らずフィリピンのソリューションになります。

私:なるほどね。詳しく聞かせてよ。

 

彼らは一生懸命夢を語ってくれました。しかし、さすがITの天才達、細部まで計画が練られています。

プログラムのような事業計画で完璧です。そしてオペレーションのためのアプリまで開発済み・・・・さすが。

こうやって新興国のベンチャーは育つんだなあと感心しました。

2017219105753.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017219105846.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーバーシステムもたいしたもんです。

20172191100.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーバーで処理したものをこのパラボラアンテナでお客様に配信・・・・・たいしたもんです。

201721911149.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にどうやって動作するかも見せてくれました。スマートテレビの画面には彼らの創ったアプリもありました。

システムはすでに完成していて、お客様も大口が決まりました。

問題はシステム拡張の費用です。その相談です。投資家を探しているわけです。

もしご興味がある方はお問い合わせください。

2017219112554.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸びている国は良いものです。このようにみんなが果敢にチャレンジしていく・・・・

ビジネスモデルとしてはかなり成功の臭いがします。

楽しみです。

伸びているからこそ、こうして一つのことに集中できる・・・・素晴らしいことだと思います。

是非、どなたかのお力をお借りしてこのITビジネスが成功すればと思います。

 

2017219112833.JPG

セブ不動産 これだから建築は遅い!!!

私としては、またやってくれたんだねという感じでもう動じませんが

初めてフィリピンを体験する人は驚愕するでしょう。いわゆるフィリピンスタイルの典型をご紹介。

さあ、皆さんも受け止めよう!

 

実はうちの機械を置いてある家があるのですが、雨が降ると壁と塗装の間に水が溜まるという状態が続いていました。

最初は何だろうこの膨らんだのは?と思ったのですが破ったら水が出てきたので原因が分かりました。

201721894041.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで直さなくちゃと思い、修理というか塗装屋を呼びました。

一生懸命壁をはつって、汗を流して頑張っています。非常によく頑張ります。

201721894242.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何とか壁をはつった後にはこの通り、再塗装も終わりました。

見事に汚い仕上がりですが、とりあえず、問題はクリアしたのでよしとしましょう。

でも、この仕上がりは間違いなく日本人のお客さんはキレます。その矛先は常に私に向かっております。

でも、今回は自宅なのでよしとしましょう。

201721894615.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのように汚い仕上がりか、私が付いていればまず下地塗装というか、平滑化をします。

それで仕上げ塗装なのですが、この坊やははつったところにダイレクトに仕上げをしています。

その結果、このように見事な凸凹のアートが仕上がります。そして作業中に手を着いたところには

見事に彼の手形と、指紋が残っています。

これもアートですから、この手形と指紋は彼のシグネチャーとして受け止めようではありませんか。

私も鬼ではありませんから。

 

し、しかし!!!

ふと床に目を落とすと見てください。ペンキをポトポトこぼしてあるではありませんか。

201721895337.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「おい、これ何?」

作業者「Yes, Sir....It's Just Paint sir.....So No Worry.」(はい、それはただのペンキですから心配ありません)

一瞬体内で血圧が20くらい上昇します。ただ態度は変えずに(態度を変えずにはポイントです)

私「ペンキは見りゃ分かるんだよ。心配ないってどういうこと?」

作業者「Ah.......because...It's just paint, so.....soon it will dry」(あ・・・あくまでただのペンキだから、そのうち乾きますよ)

予想外の素敵な答が返ってきます。この発想が良いですね。

濃い色の床に白いペンキをこぼしておいて、問題点を「すぐに乾くかどうか」に置いている・・・

この見事なロジックに彼の創造性を感じます。

しかし、さらに私の体内で血圧は20上昇・・頭皮の毛穴が開きかけます。でも態度は変えません。

私「で、おまえこれどうするの?」

作業者「Don't worry sir.....After it dry, you can already walk sir.」(心配しないでいいですよ。乾いたら歩けますよ)

泣きそうな顔で、見事なソリューションを私にくれます。

彼の手荷物をみて、シンナーもないし消すための布もないからすぐにどうもならないなと察しました。

仕方なく釈放です。

 

この野郎!!!!頭少しは使ってくれよ!また余計な仕事増やしやがって!と心の中では苛立ちます。

このイライラをどこかで発散させようと、ちょうど買い物から帰ってきた姪っ子のアンマリーを現場に呼びました。

身内なのでここではイライラオーラを出しながら一気に吐き出します。

私「アンマリー!見てみろこれ!!!せっかく塗って直したらペンキこぼしてるぞ!

どうするんだよこれ!!!!なんだあの馬鹿野郎は!」

アンマリー「Don't worry Uncle, It's aready dry! Only paint」(心配しなくて良いよ、おじさん。もう乾いているから.ただのペンキだよ」

 

え?お前もか?(私が間違っているのでしょうか?)

2017218103947.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で確認して私を安心させようとしているこの気の良いバカな姪っ子を

最後にパシャリ。未来永劫、天然バカとして記録の残るよう、素敵な笑顔と共にウェブに公開させていただきました。

 

PAGE TOP