ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>2016年7月

2016年7月

セブでの開業のお手伝い 事務所構築はお任せを

セブ不動産.comの不動産事業も時代の流れに合わせて変わりつつあります。

今もコンドミニアムを中心とした不動産の販売は事業の中心ですが、

長年のノウハウからオフィスのリノベーションから開発まですべてを請け負うことができるようになりました。

 

特にセブではコールセンター業務、さらに英会話学校の進出などが盛んです。

 

そして事業をするとなるとまず必要なのが法人設立、ビザの取得、賃貸契約、営業許可、人材採用などのソフト面

それから、事務所の設計、施工などの建築関連、家具の準備、ネットワークの構築など自分でやるのは大変です。

当社はこれらをすべてワンストップで行うことができます。

 

 

セブ不動産.comと他社との違いは、セブ不動産.comは現地デベロッパーと共に仕事をしていることです。

そして、現場でかなりの苦労をしてきています。にわか仕込みではありません。

 

賃貸契約の場合の事業所作りはなかなか大変です。

家賃が発生してしまいますのでなるべく早く作らないと事業主の負担が増えますから。

このセブの遅いワーカー達を以下に早く動かすか。そこが腕の見せ所です。

 

皆さんがセブで事業所を作る場合に、ぶつかる問題点を最初にご説明します。

普通に工事を頼むとまず、納期ははるかに遅れます。

それから各種、法人設立を始めとした許認可関係を自分でやろうとすると一体いつになるかわかりません。

 

それぞれの分野でトップの力を持った人を抱えていないととてもじゃないですがスムースにはいきません。

弁護士に頼んだから大丈夫と思ったらダメです。

 

弁護士も医者と同じでそれぞれの得意分野があります。

一人二人の弁護士しかつきあいがないようではなかなかうまくいきません。

自分で何とかやってみようはだいたい相当な苦労をします。

是非、そんな苦労を避けたければ当社にお声をかけてください。

 

さて、今日はまた新たに現場がスタートしてますからチェックです。

201672894213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下地塗装をして、黒く塗ったのですが乾いてみると、ややでこぼこが目立つ。

それほど神経質にする部分ではないとしてももう一度埋めて塗り直し。
201672894651.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件はコンクリートでクールに床を作る予定なので床のレベル出しです。

アナログですからレーザーなんて使ってません。水平機と釣り糸です。

201672895027.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201672895213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。いたってアナログなんです。だから工程管理が難しい。

頑張らせるといい加減になりますからモニターは欠かせない。

 

と言うことで今回はスーパーバイザーは3人体制

女性が混じることで引き締まるんです。現場が。

この国は男はあまり当てになりません。

女性の力を上手く使ってビジネスをしないとダメですね。

201672810249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現場は暑いです。エアコンがありませんから。

さあ、今から1ヶ月半後には完成します。楽しみです。

セブでの怒濤の日々 ついに

セブに来て、早6年以上経ちます。

早く来ていたせいか、こちらではセブの人たちの間ではかなり名前も知られてきました。

 

ビジネスはほとんどフィリピン人を相手にしてきたので意外にも日本人の知り合いはこちらでは限られています。

何とかフィリピンで勝ちたい!その思いで突っ走ってきました。

 

もちろん今も、不動産は事業の中心ですが内容が大きく変わってきました。

 

単純なコンドミニアムの販売ではなくて、小さな開発まで手がけるようになってきました。

それなりのチームが自分にもできてきたと言うことです。

 

また、やはり今はこの国は環境インフラは重要です。

遊休地などを利用した太陽光パネルの設置、海水を淡水化するプラントへの取組など

不動産事業で培ってきたチームを総動員して大きなプロジェクトに挑戦しています。

 

こんな働きが、評価されてかセブ州の市長連中が日本に環境技術の勉強に来てくれました。

今回は日本側は協同組合 企業情報センター様が全面的にご協力くださり

非常に素晴らしい結果を残すことができました。

本当に感謝しております。

 

下の写真は、日本に降り立ったセブの市長達です。

2016719135750.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊は品川プリンスホテル

2016719142745.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、バスで埼玉まで移動。

Industria様の工場見学と、勉強会です。

セブの市長と言ってもあまり威厳はなく、普通のおっさんとおばちゃんです。

小さな島の市長などはワガママ出すだろうなと心配したのですが、今回のセミナーについては

非常に皆さん熱心に聞いてくれて、質疑応答も具体的なものでした。

セブは、と言うかフィリピンはやはりエネルギーと水が不足しているので皆さん真剣です。

また環境技術に興味津々なのです。

2016719154238.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201671916645.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場の見学は非常に衝撃を受けたようです。

この会社の会長がまだ現場に入っているのを見て、日本の職人気質に触れての衝撃だったようです。

 

この工場見学あの後は、いよいよ協同組合企業情報センター様のイベントです。

2016719163949.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは私が司会進行役でしたので、市長達の顔を見ていましたが実に真剣。

私は普段の彼らを知っているので、絶対に居眠りしたり、フェースブックやったりと

集中することはないだろうと思っていましたが、真剣そのものでした。

2016719165856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントは非常に有意義なものでした。

この国が今から予算を使うのはまさに環境の分野です。

ですから、このイベントはまさにタイムリー。

セブ不動産.comはインフラへの挑戦も始めています。

 

今回の運営を助けてくださった、セブ州の事務局の皆さんと旅行会社の方です。

ありがとうございました。

PAGE TOP