ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>政治>セブ ロータリークラブで環境保護について説明
政治

セブ ロータリークラブで環境保護について説明

私の懸念は、セブがこのように急速に発展している中で、成長のみに目が行ってしまい

環境が破壊されていくのではないかということです。

どこの国でもそれはおこってきました。日本も中国も同じです。

日本は公害病やらいろんな問題が起きて、その解決に膨大な時間と費用を要しました。

 

私はセブが好きです。

ですから、環境問題については今から配慮して欲しい。

最近はそのことを、ことあるごとに伝えてきました。

 

もちろん日本のそういった技術を売り込みたいという思いもあってのことです。

それは一つのビジネスですから。

 

今日はロータリークラブの会長と話す機会があったので、詳しく私の思いと参考になる日本の技術を紹介させて頂きました。

2016116185854.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダニエルという会長ですが、頭の切れが半端ではありません。若いのに経験豊かです。

そして凄まじいエネルギー。

ビジネスをいくつもこなしているため、動きが半端じゃなく早いし、頭の回転が尋常ではありません。

太陽光パネルの話を今中心にしておりますが、さらに水の処理の話だとか、油の再生利用の設備などの話をしています。

上の写真も、実は夜の11時半くらいの話です。

普通の人たちは5時には仕事を終わりますが、やはりセブでも成功している人はいつでも戦っています。

ただし、早くリタイアすることを考えていますが・・・・・・・・

 

この私の活動は評価されつつあり、セブの25の市長が今度日本に来ることを企画してくれています。

具体的に実現するために、この25の市長のトップに立つ市長とスケジュールなどについて打ち合わせをしました。

選挙前は、いろいろとまた面倒に巻き込まれるので、あくまで選挙後でお願いしました。

何とか実現して皆さんにご報告したいともいます。

きわめて公式な行事にして、日本の環境技術を伝えていきたいと思います。
2016116191034.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から2番目の方がセブ市長達の代表です。

その横の女性が、私達の顧問弁護士のバージさん。

左端が私共にセブで戦ってくれている新倉君です。

 

セブの成長の中で環境が破壊されないように日本の技術を伝えて開発していきたいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cebu-fudosan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/291

PAGE TOP