ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>市場>セブ フィリピンのGDP成長率が5.8%
市場

セブ フィリピンのGDP成長率が5.8%

皆さんはこの5.8%という数字を見てどう思われましたか?

その前の年は6.7%くらいの数字だったかと思います。

つまり1%鈍ったとも言えます。

もちろん日本に比べたら大きな伸びですが、私はこの1%の鈍化に敏感でした。

一番感じたのは、外国人のマーケットが縮小して、だんだんフィリピン人のマーケットが大きくなってきたのを感じたのです。

個人レベルでの外貨の流れが鈍化したというのが体感です。

これは、外国人の銀行口座の開設が難しくなったり、海外からの送金が厳しくなったりという仕組み的な問題が大きいのではないかと思います。

もちろん、経済学者などが分析すれば中国の経済の失速や、国際情勢の不安など他にも要素があるのだと思いますが

現実にセブにいるものとしては、セブというかフィリピンへのお金の流れにいろいろな制限がかかっているというのが

意外と大きな足かせになっています。

そして、こういったことは実際に送金をしてみたり、銀行に行って口座を開いてみなければ変化に気がつきません。

 

なぜこんなことを言うのか?

確かに日本での報道を見ていると中国経済の失速や、世界的な情勢不安など悲壮感が漂うのですが

フィリピン人はあまり気にしていないというか、あまり興味がない。

それよりも、日々の忙しさにみんな明け暮れています。

そのくせ、相変わらずパーティーは好きで楽しみはいつも重要。

他国の様子などにあまり気を使う人はいないような気がするからです。

 

それよりも今は選挙のことが一番重要なのでしょう。

人々の関心はそこに集中しています。

 

今、日本の天皇がフィリピンにお見えです。

日本はこれからフィリピンとの国交が盛んになっていくのを感じます。

 

人口は間もなく日本を追い抜きます。

そして圧倒的に若いマーケットは今後のビジネスを考えたときに非常に大きなマーケットです。

この5.8%の成長は実に自分の体感レベルと合致しております。

2014年ほどは勢いがなかった、でも逆にフィリピン人が力をつけてさらに力強い成長を感じたのも事実。

 

フィリピンが本格的な成長に突入するのはこれからだと感じます。

今ここに書けないプロジェクトがたくさん控えているわけですから・・・・・・
201613024524.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cebu-fudosan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/294

PAGE TOP