ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>2015年9月

2015年9月

セブの人は貧乏ばかりではありません。

セブに来るとやはりフィリピンですから、空港をおりたらすぐに貧しい人たちが目に付きます。

そしてそれが、日本人の目には貧しい国だなあと映るはずです。

 

でも、それは違いaます。

貧富の差が激しいために、そのマジョリティーである貧困層が目に付くだけで、このセブは豊かな側面もあります。

例えば、自転車一つとっても友達の家に行けば日本円で50万円くらいの自転車が普通においてあります。
201592517619.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に、大型テレビが置いてあり、子供達はiPhoneの最新型で遊び、奥さん方はテーブルゲームをしています。
20159251797.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をやってるんだこのおばちゃん達は?と思いのぞき込んでみると麻雀でした。デカい牌です。

2015925171224.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで普通に過ごしている家庭もたくさんあります。

だからこの国の理解は非常に難しいんです。

稼げる人はあっという間に稼ぐし、必死に働いても稼げない人はたくさんいる・・・・・・・

資本主義の縮図です。

 

 

 

コンドミニアムの着工パーティー Soltana マクタン

今日は、ソルタナというコンドミニアムの着工パーティーに参加しました。

コンドミニアムの着工を祝うのが目的でしたが、日本人参加者も多かったので

このパーティーのケータリングも請け負うことになりましたので裏方としても参加させていただきました。

販売開始からもう2年以上経っていて、最初は苦労するかなあと思っていたのですがなんだかんだしっかり着工までこぎ着けました。

日本だったら頓挫しそうな大型案件も、やはり人口が増えて伸びているので結局何とかなってしまいます。

2年前と今ではやはり経済の底力が違うような気がします。

2015925162319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のビルディングがモデルユニットで、その後ろのクレーンが工事現場です。

2015925162558.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


モデルルームもきれいにできています。
2015925163621.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトとしては7本もコンドミニアムが立つので非常に大きいのですが、今のこの国はこのような大型プロジェクトでも

問題ないでしょう。

タフトプロパティーと、ガイサーノグループのジョイントベンチャーで、市街地ではHorizon101の建築もしております。

ご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせください。

201592516407.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティー会場では私たちKOTOBUKIYAのスタッフが一生懸命給仕しております。

裏方の準備は外です。
2015925164321.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が落ちれば、自動的に真っ暗です。・・・・・・・この中で料理です。
2015925164442.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこのような裏方もしながらパーティー参加でした。
201592516516.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のパーティーは裏と表で両方参加させていただき光栄でした。

というのも、この会社が裏方にどう接するのかも見えたからです。

非常に紳士的に接していただき、私どももいい印象を持ちました。

 

実は、2年前のマネージメントチームと今回はずいぶんと変わっており、すごく大きな進化を感じました。

結局、不動産もそこに関わる人で成功が決まりますので、今はこの案件も非常に明るい未来を感じます。

 

セブの不動産がまだまだなのは、やはりこのような進化の過程にあるからだと思います。

でも、中に入ってみると優秀な人が増えていますし、その優秀な人の数で成功が決まるような気がします。

まだまだセブは伸びます。そう感じました。

 

さてさて、ここで宣伝ですが、私が一番力を入れているWood Land Residenceですがパートナーのライフケアさんがきちんと

運営方法をまとめてくれています。

この物件は、他のコンドミニアムと違います。あくまで運営が一番大切。

意外とセブのコンドミニアムは販売したらその後のフォローの投資運営の仕組みがなかったりします。

ですから、このWood Land Residenceはまずこの運営をしっかりと固めることを重視しています。

日本人にしっかりと管理してもらい運営できる仕組みです。

是非ご検討ください。
http://lifecare-cebu.com

セブ いよいよ人材派遣も活性化

最近は、少し不動産とも離れた仕事が多く、隠密行動が多い日が続きました。

何しろ、各種申請書類が多い事業に取り組んでいるのである程度形になるまでは静かにしている必要がありました。

 

ということで、今私が取り組んでいる事業の一つに人材の送り出し機関の仕事があります。

不動産事業と全く関係ないような感じなのですが、実はつながっています。

私が所属するDuros Land Properties社は、そのパートナー事業として人材のトレーニングセンターがあるんです。

そこの社長は私の仲が良い人で、社長の奥さんの弟でもあるのでお手伝いするわけです。

 

日本での受け入れ先機関のパートナーも見つかり、今は準備段階。バタバタやっております。

とはいえ、もう来年には送り出し開始です。

送り出し先は、セブの不動産を通じておつきあいさせて頂いている方なので、ご指導頂きながら進めております。

 

ということで、今日はその送り出しのためのトレーニングをしている授業を取材しました。

将来を夢見て、このように日々、トレーニングに励んでいる人が常にこの施設には2000人近く居ます。

まずは溶接訓練から
201591510499.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015915105035.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに国の認定を受けるまでに何時間従事しなければならないとか細かく基準があります。

工場そのものは汚いですが、設備には意外とお金がかかっています。

暑い中ですが、このように座学をする場所もあり、実技をしては、座学、という感じで進めています。
2015915105215.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一転、このような工事現場系からホテルのサービスや、ケーキ屋さんへの派遣のための研修などもやっています。

派遣と言ってもすべて日本に送るわけではなくて、ここできちんとした政府認定の技術を身につけて就職活動をすると

やはり優位に立てるからです。つまり国内で就職する場合にもこのような職業訓練は非常に有効なのです。
2015915113737.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015915113816.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供がひょこっと混ざっていますが、フィリピンではこれでいいんです。

別に職場に子供が居ても文句は言われません。日本とは違いますね。

ただこの子供はさすがにこのおやつが待ち遠しくて仕方ないようですが・・・・・
2015915113957.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな活動をしながら、将来日本との架け橋になれるように準備をしている最中です。

 

でも、一つだけ不安があるんです。

今のセブはやはり幸福度数が非常に高い。でも、今でも日本は豊かで夢の国というイメージがあるのですが

おそらく来たらイメージとのギャップにガッカリするでしょう。

観光で来るには非常に魅力のある日本ですが、就職して暮らすとなるとこのセブの明るい未来に満ちた国の人には

日本はどのように映るのでしょうか・・・・・・

PAGE TOP