ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>2015年1月

2015年1月

セブ コンドミニアムは都会のオアシス

セブの市街地は、急速な発展と共に街は渋滞で苦労しております。

ほんのわずかな距離なのに、到着までにすごく時間がかかります。

 

街は非常にごちゃごちゃしており、人も多く落ち着いた感じはしません。

その中で、日本人の皆さんが気に入るスポットとしてITパークがあります。

非常にきれいに整理されており経済特区として急速な発展をしております。

アヤラグループの開発なので、緑を使ったセンスのいい街作りをされています。

 

皆さんもセブに来たら足を踏み入れたことがあるのではないでしょうか?

 

今日は、地上からではなく上階から見たITパークのショットをいくつか・・・・

都会にいながら何とも言えない落ち着きと、贅沢を感じる一瞬でした。

20151311455.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで泳ぐと気持ちよさそうです。

セブなら夜でも泳げます。ライトアップされたらまた素敵ですね。
2015131134822.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015131134924.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITパークの唯一の弱点だった買い物する場所も、現在モールが建築されていて改善されつつあります。

規模は小さいですが、アヤラグループの開発なのでそれなりに満足できる内容ではないでしょうか。

 

このように人が増えると需要に合わせて自然な成長があります。

けっして、どこかの国のように無駄なものは作らない。というより需要が高くて

間に合っていないから供給が追いつかない。

 

モールやコンドミニアムのような華やかなものだけではなくて、学校なども足りていません。

 

医大などもどんどん建築中。人材を育成していかなければ持続的な成長はありません。

しかも、単純な作業員ではなくてある程度のスキルを持った人間を作っていかなければならない。

常に前を向いている感じの空気は非常に快感です。みんなが明るいのは明日は明るいんだという希望が違うからだと思います。

成長は著しいですが、まだのんびりした雰囲気ももちろんあります。

201513114214.JPG2015131134442.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人口が減るというのも、非常に大きな悩みですが
人口が増えると言うも、問題がないわけではありません。
 
経済は好調でも、インフラが追いつかない。
道路、インターネットなどが、全く足りていません。
 
そして需要はいつも高いため、インフレは当たり前のこととなっています。
 
ただ、一つ言えるのは私が初めて来た10年前、そして事業を本格化した5年前と比べると
はるかに生活の質は向上しています。
まだまだ楽しみは広がります。
2015131141241.JPG

セブ 会社のクリスマスパーティーってこんな感じです。

少し時間的にはずれますが、昨年の暮れにDurosland社のクリスマスパーティーに参加しました。

昨年より、DurosLand社の国際営業部長も兼務することになったので最前列に席を設けてもらって楽しみました。

 

クリスマスパーティーはもはやセブでは経営者がやらなければならない義務でしょうね。

社員みんなが楽しみにしています。

私のような、スタッフ15人程度の会社でもセブではクリスマスパーティーは何かしらしてあげないといけません。

でも、それは経営者にとっても非常に楽しいものなんです。

 

DurosLand社は社員が1,000人くらいいますから全員参加とはいきませんでしたが(離島でプロジェクトを進めているチームもあるので)

それでも、600人程度は集まりました。

そして各部署ごと出し物があるんです。

きわめて完成度の低い歌とダンスでみんなを笑わせてくれます。
201512012416.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


201512012515.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと気合い入りすぎですね。
201512012921.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにWood Land Residenceに移住しておられる方にもお声かけして参加してもらいました。

もちろん、見て楽しむだけですが(ダンスまでは強要しません)。
2015120122954.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、リト社長と、奥さん(副社長)からご挨拶

2015120123058.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンスをしたスタッフだけ集まって記念撮影

審査員が得点をつけて、上位入賞者には豪華景品が・・・・・

大型テレビ、冷蔵庫などワクワクの商品がたくさんです。
2015120124233.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、これだけではありません。

それから数日後には今度はサンビックトレーダーズというDurosLandの子会社の社長宅での

クリスマスパーティーです。

これは自宅で行われました。

2015120125655.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015120125747.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来た頃は、パーティーばかりやって能天気だなあと思っていましたが

パーティーは日々の仕事のストレスから解放され、改めて仲間の絆を強くする一つの重要なイベントなんです。

私が、今年のテーマとしてブログでお伝えしていきたいのはこのセブの文化です。

人がまだ健全であると思います。
201512013911.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、この年末は私の仕事はかなりスローダウンしてしまいました。

セブ中どこでも会社ではこんな感じでクリスマスを祝っていますから

私の仕事の依頼は後回しとなっております。

こいつら!!!!!!と苛立ちばかりだったのですが、クリスマスは何よりも優先してしまう文化なので

私が合わせるしかありません。

 

お客様には迷惑もかかってしまうのですが、私もこの時期の彼らの仕事の停滞はコントロールできないので

お許しを。

文化の違いとはこういうとなんでしょうね。

 

セブ 不動産を買うこと以上に大切な貸出への準備

これは心理的には当然のことなのですが、多くのオーナーさんは不動産を買うことにエネルギーを99.9%使います。

これは販売する側も同様なのですがどうしても金額の大きい住宅購入に全神経を使う傾向にあります。

 

本当にお金を産むのは実際に借り手に自分の部屋を選んでもらいよりよい条件で契約を結ぶことです

 

コンドミニアムを初め、不動産投資というのは基本的にはお客さんがいるビジネスなんです。

日本での不動産投資と考え方を少し変える必要があるのは、自分である程度の価値のコントロールはできると言うことです。

 

よくある質問は、「この物件だと家賃はいくらですか?」

答は「お客様が部屋を仕上げる具合によります」です。

 

もちろん、買ったままの状態で貸すことも不可能ではありません。

でも、これは残念ながらあまりいい家賃が付きません。

 

ところが、訪れて今すぐにでも住めそうな状態にしておく、あるいは「わー素敵!」というレベルにしておくと

家賃が少しくらい高くても決まります。

 

現実に私の扱っている物件でも全く同じ建物で、同じ間取り、違うのは階だけという条件で

ファーニッシュの仕上げが違うだけで60000ペソから85000ペソの範囲で家賃が違います。

通常65000ペソくらいのところを85000ペソまで家具の付け方で変えることができると言うことです。

悪くて60000ペソ。それより悪い場合には貸出をしません。

 

これはお客さんの心理として、買う立場にあるオーナーさんは平米単価がこれくらいで、

間取りがこれくらいだからいくらという明確な判断基準があるのに対して

借りる側は、自分が住むということが、目的ですから結構その判断基準は主観的です。

 

日本であれば、駅からの距離がこれくらいだから・・・・

木造か、コンクリートか・・・・・

借り手さんは自分で家具を揃えていきますから判断基準はきわめて客観的です。

 

それに比べてコンドミニアムは、というより海外であえてコンドミニアムを選ぶ層は

それなりの成功者や、会社のある程度の上級職、富裕層のご子息などであり、あるいは海外からの駐在員であり

その判断基準は、利便性や立地はもちろんですが、彼らのレベルに合ったお部屋であるということが必要です。

 

コンドミニアムを買うことだけを考えて、投資だから家具は最低限のもの・・・・となると

借り手が現地確認にいらしたときに心が躍りません。

ドアを開けた瞬間・・・・・「うーん、こんなもんか・・・・」ではサインを躊躇します。

 

ところが、賃貸は大きな買い物ではありませんから

ドアを開けた瞬間に「わー素敵!」という印象であればそこで即決です。

 

日本での不動産賃貸事業と違うのは、日本は買った物件をそのまま貸します。

ところが、海外では買った物件をすぐに入居ができるように家具付け(ファーニッシュ)して賃貸に回します。

つまりお客様が付加価値をつけるという作業がある。

 

ところが、海外不動産はオーナーが自分の物件に付加価値をつけて貸し出します。

この重要性は如実に賃貸価格に表れます。

同じ間取り、同じ階でも仕上げによって賃貸価格が変わります。

 

セブで家具付けをするのはなかなか大変です。

売っている家具がまだ、いささかチープなものが多い。

いい家具、いい仕上げをしたければそれなりの購買ルートがないと仕上がりません。

しかし、いいものばかりを買っていたら投資効果が薄れてしまう。

 

投資でのコツはゴージャスに見えるが低コストに抑えることです。

 

そのために私どもはベッドやヘッドボードなどを作らせて頂き、コストを抑えます。

そして浮いた分を大きなテレビにしたり、しゃれたソファなどの

お部屋の顔になる部分に当てていきます。

 

お客様はいくつかお部屋を見比べます。

しっかりとお客様の心を掴む家具付けが実は大切な要素なんです。

セブでの賃貸事業はオーナー様が価値をコントロールする部分もあるビジネスであるという認識が必要です。
201511818170.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真、一見大したことないような部屋に見えますが

現実に、今のセブの品揃えの中でこれを全部自分で仕上げるとなると大変です。

賃貸のファーニッシュなどの依頼も受けておりますからお気軽にお問い合わせください。

セブから日本に帰ってきたら虐待ニュースが目に付く

セブから日本に帰ってきました。帰ってくると日本で何があったのか確認するために

録り溜めていたニュースをまとめて見ます。

それにしても目に付くのは虐待事件の多さ

23年連続で今年はなんと7万3千件・・・・・・・・・・

もはや日常化しております。最近は何と生後2週間の子供を虐待した事件も・・・・・

 

セブにはこうした幼児虐待の事件はありません。

だから、日本が悪い、セブがいいとかそういう話をしたいのではありません。

 

ただ、今私は幸運にもセブと日本を行ったり来たりしていることで比較することができる。

かたやイジメも鬱もなく、幼児虐待なんてとんでもないといったセブ・・・・・

かたやイジメや鬱が多発、幼児虐待は急激の増加している日本・・・・・・

 

いつもそういった違いはどういったところから来るのだろうという理由を探しています。

 

イジメって何で起こるんだろう?

日本人は自分と違うものが苦手なのかもしれません。

そしてコミュニケーションが苦手です。

兄弟が少ないから年が違うとなかなかコミュニケーションできない。

きわめて「個」の世界で生きている気がするんです。

独自の世界で生きているというと聞こえがいいですが、自分のことしか見えなくなっている人も増えているのも事実。

そして「個」というプライベートを侵害されるとキレてしまう。

 

イジメは自分とは違う価値観や、風貌をした者を認めることができないから起こるのかもしれません。

虐待は、自分の時間という「個」の時間を子供の夜泣きなどによって犯されたいら立ちから起こるのかもしれません。

ストレス社会だからという、ストレスのせいにするだけでなく、我々のものの感じ方が変わってきているのだと思います。

 

日本での人間関係は、親しくても間に1枚の壁がある気がします。それが遠慮につながります。

セブではそれがない。言葉は通じなくてもその壁が内から居心地がいい。

 

セブは「個」の世界ではなく、「和」の世界なのです。彼らはユニティーという表現をしますが

協調・共和のことです。

国際観光都市でもありますから、初めから異質に慣れている。

兄弟が多く、そもそもプライベートがない。

いつも周りに人が多いから、相手に思いやりがないと喧嘩になります。

 

子供同士だから、なんでも言うからそれが勉強になる。

例えばお菓子を分け与えないでいれば、「ケチ!」と言われるから与えることを覚える。

ひどいことを言えば、相手が泣くから傷つけたことを覚える・・・・・・・

こういうことの繰り返しが、人間形成になるのに少子高齢化が進んでいる今の日本では

この機会が子供にあまり与えられない。

 

セブでイジメがない一番の理由は、兄弟が多いからどの子も小さいこの扱いに慣れていると言うこと。

セブでは学年の違いなどあまり関係ありません。年上は、年下を上手く扱います。

息子は下の写真では一番年下ですが、全く遠慮がありません。
20151913155.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年上のお兄ちゃん相手に(7歳年上)に熱弁を振るっております。
201519131614.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


年の差関係なく、遊んでいる姿はなかなか微笑ましいものです。
昔懐かしい、金魚草の蜜を吸っております。
20151913237.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにして育つと、当然大人になっても人と接することに抵抗はありません。

大人同士も、いつも大勢でいることが多いのです。
20151913261.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事も大勢でするのがセブ流。

以前、店を作ったときにカウンター席を作って失敗しました。カウンターに座るのは日本人だけです。

一人で食事をする人はセブにはほとんどいません。
201519132851.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、不動産情報はもちろんご紹介していきますが、同時にセブの人についてもどんどん紹介していきたいと思います。

単純に、投資利回りがどうだとか、キャピタルゲインがどうだとかだけでなく、

人の温かさが残っているというプライスレスな価値があるからです。

 

人間にとって何が本当の幸せなんだろう?

セブに来て、日本にいたときと価値観がずいぶん変わってきた気がします。

セブ 介護元年なるか!!?

明けましておめでとうございます。

セブ不動産.com、今年も皆さんにセブを身近に感じていただけるよう、リアルな情報をお届けしたいと思います。

 

さて、タイトルにもあるように今年はセブ、Wood Land Residenceが日本人向け介護事業の先駆者となるかもしれません。

日本の大手介護事業者が、今Wood Land Residence内に、日本人向け介護施設を企画してくれています。

既に日本では17箇所も有料介護施設を経営されておられるのでそのノウハウはばっちり。

日本人スタッフも連れて、日本と同等の介護サービスを実現してくれるとのことです。

 

日本での介護との違いは、やはりゆとりです。

楽しみながら老後を過ごしていただくには、やはりゆとりが必要です。

日本での介護費用は安くはありません。年金生活者にはすべてが介護費用になってしまう方がほとんどです。

でも、セブでは遊ぶお金も残しながら楽しんでいただきたい。

そんなセカンドライフを楽しむための介護サービスが今回のプロジェクトです。

2月末から首都圏を中心にセミナーをしながらご紹介していくそうです。

セブ不動産.comも全面協力させていただいております。こちらのブログでも詳しく今後ご紹介します。

 

ということで、そのセミナーの中でのプロモーションビデオ撮影ということで、今回は

その介護事業者の方が撮影にセブまでお見えになりました。

今回はその撮影をお手伝いしましたので、その一コマをご紹介。

詳細は、2月に発表になりますから、それまでお待ちいただくとして今回は撮影現場のご紹介

 

当日はモデルを1人お願いしてスタイリストもつけました。背の高い方がモデルで、背の低い方が娘です。

201515182134.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、モデルさんは仕事が上手でナレーションもすぐに対応してくれます。

おかげで撮影もスムース。
201515182535.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2月の終わりからセミナーなどを開催していく予定です。

この介護施設については今後当社のブログでもご紹介していきます。

日本は寒いですから、皆さんもお体にお気をつけてください。

今年もよろしくお願いします。

 

PAGE TOP