ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ>経済指標>数字で見るセブのコンドミニアム市場 
経済指標

数字で見るセブのコンドミニアム市場 

よくマニラでコンドミニアムをご検討されている方からこういう質問を受けます。

 

セブのコンドミニアムってどうなんですか?

 

もちろん、セブで不動産をご案内させていただいている私としては「いいですよ!」と言いたいですが

ここは数字を持って判断してみてください。

 

まず今のセブにあるコンドミニアムの貸し出しの状況です。

やはりほぼ一色線に推移しております。

この数字はコンドミニアムだからすごいというわけではなくて、今フィリピンの指標を見れば

どれも同じような上昇をしております。

2014112183017.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のフィリピンのようなエマージングマーケットでは、不動産投資は王道をとるのが一番だと思います。

一等立地の優良物件に投資!セブでならまだ一等立地が買えます。

そして、早く始めることが何よりも重要。

みんなが押し寄せた時には、もう時は遅い。

 

エマージングマーケットでは、株式投資でさえも同様のことが言えます。

個別銘柄選びに慎重になって、機を逃すよりもETFなどでスパッと早く市場全体に投資しておく。

投資効率を上げてくれるのはいかに早く飛び込んだかが重要なんです。

 

あるお客様が、セブのど真ん中にあるコンドミニアムを買うのをものすごく悩んで買いませんでした。

その時、為替がもう少し良くなるかもしれないからという理由で迷っておられたのですが

結局、その読みは逆でした。その時1ペソ=1.9円だったのですが今はもう2.5円です。

為替だけでも3割変わりました。

さらに、その間に価格表は改定となり5%の価格上昇

 

日本にいると、株式投資にしても、不動産投資にしても慎重にならざるを得ません。

株は乱高下し、不動産はキャピタルゲインがないから、インカムゲインのみが頼り。

 

しかし経済というのは需要が伸びれば、同様に成長するというのは今セブで身をもって感じています。

人類の歴史上、人口が伸びている段階で不動産価格が下がったという事実は確認されておりません。

どの数字を見ても右肩上がりですから早く始めた分だけパフォーマンスが上がります。

 

私が、投資をした時には為替相場は1ペソ=1.7円を切っていた超円高の時でした。

今日はもう2.5円ですから、為替だけで47%も変わったことになります。

為替はラッキーでしたが、その間もやはりインフレは進んでおります。

 

長期トレンドはまだまだ圧倒的に成長基調。目先の小さな出来事は意識せずに

セブでは好立地の良い物件を狙ってください。

 

マニラとセブはどちらがいいか?

その答えは、フィリピン全体が伸びているからお好みでどうぞというものです。

 

私はセブが好きだからこちらを選びました。

なぜセブが好きか?

それは私のブログを読んでみてください。私の日常を綴ってあります。

2014112191325.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cebu-fudosan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194

PAGE TOP