ホーム>セブ島不動産.com スタッフブログ

セブ島不動産.com スタッフブログ

セブのリゾートコンドミニアム改装奮闘中!

こんにちはHIKOです。
 
 
今日は晴天です! 気温は約35℃です。
今が、まさにセブの一番暑い時になります。
日本の真夏のように!
 
 
 
さて、先月、私のお客様Kさんはマクタン島でコンドミニアムLa Mirada(La Mirada)を購入しました!

https://www.cebu-fudosan.com/housing/2018/06/airbnb-la-mirada.php

 

やっぱりいいですね。 Mactanlは!
 
静かでリゾート感があります。
 
セブの海がまたきれいになったように感じます。

201952212947.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019522121024.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工は現在、今月中に完成するために努力をしています!
 
地元の大工さんには助けてもらっていますが、やはりフィリピン人の仕事です。要注意!
 
うちの代表、寺田が全部チェックして、やっと納品できる形になります。

2019522121516.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件はアメリカ人オーナーから、新しく日本人オーナーに転売した籬セール物件です。

当社は常勤の弁護士が、このようなリセール物件などを担当します。

リセールの面倒くささは前のオーナーがほとんど素人なので、手元にこれだけ頂戴!

的な依頼が来るからです。税金関係の整理と書類をまとめるのが私たちの仕事です。

201952212166.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019522121643.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このオーナーさんは中途半端に鏡をつけていたので整理して5枚増やしてデザイン性を高めました。

2019522121724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁は見積もり外だったのですが、ついついこだわりグセが出て塗ってしまいました。

この仕事は好きでなければできませんね。また赤字は確定です。

2019522121832.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末に再度、最終確認で終了です。

また、ビフォーアフターをご紹介したいと思います。

完成の瞬間が作る側の私たちにとっても至福の瞬間です。

 

終わったらビールで乾杯!

新しいオーナーさんには、満足してもらったら奢ってもらうことになっています。

 

セブの夜はギンギンに冷えたサンミゲルライトでタガーイ!

こんにちは!HIKOです。

 

セブも雨期に入っちゃいましたね。時折どこかしらで鳴り響く雷の音と、いきなり降り出す雨..

梅雨入りしちゃったな―と実感します。

天気が良いときはピーカン晴れsunなんですけどね!

 

先日お客さんとアイランドホッピング行ったときはこんな感じでした⇓

すごい綺麗でしょ!ボートの上から携帯のカメラで撮ったのですが、海が透明なのがよくわかりますね!

201952210498.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤーしかし暑いsweat01 『暑い!』が口癖になりそうですwobbly

4月までは日陰に入ると涼しかったんですけどね。

年中温暖なセブですが、本格的に真夏に突入した感じです!

 

さて、今回はフィリピンの屋台村?らしき所に行ってきました。

2019522101354.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ..屋台村の中でサンダルや子供のおもちゃが売ってます。

2019522101548.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日だったせいか閑散としてますね。

2019522101711.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019522101749.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでもズンバが...coldsweats01

セブの女性はズンバが好きですね!セブ市内でもショッピングセンターに夜出かけると

ズンバをしている姿をよく見かけますが、ここ想像できないような爆音を響かせて踊ってます。

この暑さの中で......美へのこだわりは何歳になっても変わらないのですね。(´ー`*)ウンウン

 

2019522102250.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この屋台村はCONSOLATIONという場所にあります。

セブ市内からは車で1時間程度です。当然のように日本人はほとんどいません。

ほぼ地元民でしょうね。

実はセブ不動産のオーナー(寺田社長)はこの屋台村でレストランも経営してます!

 

ある意味日本風な料理を提供しています。⇓

https://www.facebook.com/surfries.surfries

 

ここに来るのは5回目くらいなのですが、ここの楽しみは何と言ってもビールbeerlovely

凍る寸前のギンギンに冷えたビールを格安で提供してくれてます。

 

あまりのおいしさに、写真を撮ることを忘れてしましましたsweat02

2019522104311.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じsweat01 凍る寸前です!

 

日本のビヤガーデンもそうですが、暑いところで汗をかきながらギンギンに冷えたビールを飲む!

くーーーーーーーーーっsad

やめられませんな!

ってなことで、本日も見事にダイエット失敗しちゃいましたcrying

 

機会があれば一度おためしあれ。

Tambayan food Park

https://www.google.com.ph/maps/place/Tambayan+sa+Consolacion+Food+Park/@10.3741747,123.9561793,15.5z/data=!4m5!3m4!1s0x33a9a2b6cd189019:0x435290a5843f0c04!8m2!3d10.3806649!4d123.9674816?hl=ja&authuser=0

 

セブの富裕層の優雅な生活に触れてきました!!

こんにちは、はじめまして! セブ不動産スタッフの"HIKO"です。

セブで働き始めて1年が経過しました。早いものですねhappy01

 

先日、セブの富裕層宅にお呼ばれしてきました!

日本でもお金持ちは豪邸に住んでますが、こちらのお金持ちも日本人に負けず、いや、それ以上の素晴らしい豪邸に住んでますねcoldsweats02

 

今回お邪魔したお宅は、セブで有名なアルタビスタというゴルフコースの近くになります。

アルタビスタはは山間部にあり、素晴らしいゴルフコースです。

2019520171541.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は私です。多分ナイスショットだったような❓

雲の高さを見てください。見晴らしも良くマクタン島を一望できますheart04

 

話は戻りますが、今回のお宅はこのゴルフコースよりさらに高台に位置します。

森林に囲まれたとても静寂な雰囲気の外観。

 

201952017297.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築12年ですが、自然に溶け込んだ外観。建築面積は200坪を超えています!

お金持ち定番のプールも。

 

2019520173110.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内装、家具はアンティーク調にこだわっているみたいですね。

2019520173153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中は迷路のようになっていました!

2019520173636.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベランダからの眺望は大自然そのものです。

2019520174037.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにエアコンは使わないそうです。

この時も扇風機の風で寒いくらいでした。

都市部からはこの涼しさは想像できません。同じセブなんですけどねcoldsweats01

 

セブと言えば...『青い空』 『青い海』 『白い砂浜』を想像しますが、セブのお金持ちは海の近くには家を作らないそうです。

やっぱり生活するにはビーチじゃなくて森林の方が快適なのでしょうね!

セブ市街地の喧騒とはかけ離れたゆったりとした時間が流れていました!

 

癒されるーlovely

 

いつもクラクションの騒音と排気ガスに悩まされてますが、別世界ですね。

 

セブにはこのような高級住宅地が数か所存在します。

もちろんビーチに面したものや、今回のように山間部に位置するもなどなど。

セブには大人気のアヤラプレミアムの開発したアマラという海に面したサブディビジョンがあります。
 
でも、このアマラというサブディビジョンよりも、この山手にあるアルタビスタのサブディヴィジョンが高額なんです。
 
平米あたりで30%くらい高い感じでしょうか。
 
 
以前、セブに住む華僑のお金持ちに聞いたことがあります。
 
なんでセブなのに、山なんですかと聞くとこんな答えが返ってきました。
 
 
私たちはずっと忙しくて、毎日慌ただしく生きてきた。
 
せめて自分の住むところくらい、静かで落ち着いたところにしたい。
 
それだけだよ。
 
でした。
 
 
この言葉がずっと頭にこびりついています。
 
何人も同様のことを言いました。
 
というわけで、今、Proportunityという会社がShizuokaという名前のマウンテンリゾートを開発します。
 
これは私たちが夢に描くリゾートです。
 
近々、こちらも公開しますからお楽しみに!

 

 

201952018023.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

full大好物の肉汁! 最近ダイエット中なのですが、私のストマックが破裂しそうなほどご馳走になりました。

流石に今日は締めのラーメン食べれそうにないですsweat01

 

 

セブ コンドミニアムの価値を上げる私達のインテリア!!

皆さん、セブでコンドミニアムを買ったあと、内装をどうしていますか?

コンドミニアムを買ったら、実はいちばん大切なのは内装工事です。

ファーニッシュとこちらでは言いますが、これが賃貸価格にも転売価格にも大きく影響します。

 

買ったとき、どんな形で引き渡されるかご存知でしょうか?

味も素っ気もありません。こんな感じです。

2018913185051.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に寒々しい。

これでは借り手も付きませんし、所有している喜びすらありません。

ですから、我々の仕事はこの寒いお部屋に命を与えることです。

我々のインテリアデザインはすでに大きく進化しました。

セブでは今でも、いい建材がなかなか見つかりません。

特に木材が!!!

 

でも、私達のインテリアはふんだんに木材を使い、温かみを出しています。

やはり、基本的にコンドミニアムは住むところです。

美しいだけでなくて、いかに温かみがあり、住みやすい環境を作るかは非常に大切です。

かっこいいだけではダメ。そこに本当に心地よい感じが必要なんです。

 

私達が内装工事をすると、上のお部屋がこのように大変身

20189131928.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201891319326.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201891319529.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、明日はベッドルームの仕上げも行うので今週の土曜日には撮影に向かいたいと思います。

 

賃貸がつくかつかないかは、お部屋のドアを開けたときに以下にワーオ!となるかどうかです。

その感動が物件の価格を決めるとも言っていいかと思います。

 

日本では、内装は普通借り手がしますが、フィリピンではすぐに住めるようにして貸すのが常識です。

物件価格と、必ずこの内装費用と頭に入れて投資を決めてください。

 

当社は今後、なるべく日本の商品を内装に加えながら、セブにいながらも

日本と遜色ない住空間を作ることを目指してがんばります。

 

ぜひ、みなさんもセブでのコンドミニアムの内装工事をするときは、当社にご相談ください。

現在、セブでは最高の仕上がりを提供できると思います。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

cebufudosan@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブ マンダニベイ(Mandani Bay)が人気爆裂!!

本日、マンダニベイ(Mandani Bay)がタワー4(フェーズ2のタワー2と呼ばれています)をオープンしました。

朝、一番で乗り込んだつもりがなんと予約が殺到していて抽選会!?

みんな事前に価格も知らないで予約をしていたために、朝早く行っても予約券の番号待ち・・・・

まさか、ここまでの人気とは・・・・

201872712155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のお客様も予約されていたので順番を待っていました。

そろそろ、私達の番が来るかなあと思っていても一向に来ない・・・・

軽食が用意されていたのでひたすらもぐもぐ食べておりました。

お昼過ぎてもまだ順番が・・・・・

とりあえず仕事仲間も来ていたので打ち合わせなどして時間を潰してはいましたが

なかなか順番が来ません。

201872713048.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかの盛況ぶりです。いかにこのマンダニベイ(Mandani Bay)の注目度が高いか伺えます。

確かにこの物件だけは今までとは別格な気がします。

本当にセブが世界に名だたる都市になるんだなあと実感させられます。

外界とは完全に遮断されて独立行政区となり、全く違う文化の街がセブにできるわけです。

成長の中にいると、嬉しい半面、寂しい気持ちも出てくるから不思議です。

ものすごい早い流れの中で取り残されそうになる不安・・・・・・・

いろんなことが本当に変わってきています。

 

以外にもあっという間にできてしまったセブのマクタンインターナショナルエアポート・・・・

201872713635.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか、こんなに早くできるとは思っていませんでした。

これで今後中国からも旅行客がどんと押し寄せるでしょう。

中国人による爆買いが始まるかもしれません。いや、おそらくそうなるでしょう。

このマンダニベイ(Mandani Bay)も中国人が多く買っていると聞きます。

Hong Kongランドが作るわけですから、中国人にとっては買いやすいと思います。

カタログも日本語版はありませんが、中国語版はあります。ガクリ。

 

結局私達の番が回ってきたのは夜8時を回っていました。

今回はタワー4 今からさらに9本のコンドミニアムが建つわけです。

それに商業用ビルも8本。本当に素晴らしい街が出来上がるはずです。

201872714043.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンダニベイは10年できっちりとこのプロジェクトを終わるように本当に入念な準備をしてきました。

隅々まで感心するばかりのビジネスプランです。

最後のビルは億ションになるのは間違いないでしょう。

 

セブは本当に大きく変わろうとしている。

長くセブにいる身にとっては、嬉しいよりも寂しい気持ちがあるのですが

受け入れるしかありません。

 

本当に日本から一足踏み出すだけで、全く違う世界が待っています。

人類は常に前に進んでいるというのを実感します。

 

いつか必ず、手に入れることができないような高級物件になるはずのマンダニベイ(Mandani Bay)

是非、皆さんも歴史的なこのプロジェクトに投資をしてみてください。

明るい未来を感じるはずです。

明日、セブのマンダニベイ タワー4(Phase2 Tower1)がオープン!!

2018年 7月 26日!!!!!!

マンダニベイがタワー4をオープンします。

 

今回、いきなり現場に行っても残念ながらすぐに買えません。

この日のために価格も規格もわからずに予約をした人がたくさんいます。

そしてその人達は予約金を払っているので優先権があります。

 

明日私のお客様がマンダニベイをご購入されます。

しかし、この優先権のために順番を待たなければなりません。

優先権を持った人たちがどの物件を買うか決めたあと、やっと私達が選べます。

 

この物件は魅力があります。

是非、皆さんにもこの物件への投資をおすすめします。

この物件は間違いなく、将来世界的な都市になります。

そうなってからではもう手が出ません。

今まであったフィリピンのジャンク品とは違います。

 

詳しくは当社の物件情報をご覧ください。

セブではこのマンダニベイが今、一番圧倒的におすすめかと思います。

明日はエキサイティングです。

詳しく情報をお届けしたいと思います。

2018725202957.JPG

 

マンダ二ベイはセブのコンドミニアム投資の大本命

セブはついに世界に名だたる国際都市となるべく羽ばたき始めたように感じます。

マクタンにできた空港がその玄関となり、今後多くの人がセブを訪れるようになるでしょう。

空港の規模、便の数と規模を考えると今後中国人だけで1000万人は長きに渡りセブを訪れるようになると言われています。

マクタン島はまだ橋が2つしかありません。

この空港がもたらす旅客人口はマクタンに暫くの間は特需をもたらすこととなるでしょう。

マクタンのリゾートはどこも稼働率が高く、この状況は今後更に加熱するでしょう。

 

最初は観光から再度火がつくかと思います。

しかし、今注目したいのは街のイングラ整備と新たなタウンシッププロジェクトです。

 

マンダニベイは、その象徴となるでしょう。

デベロッパーはHong Kong land.

ロンドンと、香港に上場している超優良企業、そしてその歴史は長いです。

正直言って、私も長く不動産事業に関わり、地元の企業というのはなかなか信用出来ないものがあります。

技術、プロジェクトの管理を含めてまだまだかなりの遅れがあります。

しかし、このHong Kongland landはやはり長年の歴史を持ち、世界中で超大型プロジェクトを手がけてきただけあり

全く取り組みも違うし、プロジェクトのグランドデザインも違います。

この街は必ず、世界の名だたる有名な都市となると革新しています。

 

今後、徹底的に詳説をこのブログにてしていきますのでお楽しみに。

セブのコンドミニアムの大本命が今、現れたという感じです。

201862611173.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21本も出来上がるこの未来都市

Hong KongLANDは環境も考えて、今目の前の海の水の浄化にも取り組み中です。

2018626111852.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれよ、あれよという間にどんどん工事が進んでいきます。

他の開発に比べてその工事の速さに驚きます。

 

現地を見学したい方、詳しい説明が聞きたい方は是非、お問い合わせください。

cebufudosan@gmail.com

忘れていたセブの楽しみ・・・・

セブに来て、早くも7年が経ちました・・・・

怒涛のような7年でまさかこの南国で忙しくて休めなくなるなんて思っていもいませんでした。

7年もやっていると仲のいいお客さんができてくるものです。

そして、こちらでの事業支援をさせていただくようなことにもつながっています。

そんなお客様が、今度セブに行くから日本でたまったストレスを発散させてくれと依頼がありました。

もちろんビジネスも含めてですが1日は頭を空っぽにしたいからというリクエストでした。

 

さて??私自身もあまりそんな機会がなく、仕事ばかりしていたものですから頭を捻ります。

実はセブにいながらも観光客の動きをしたことがなかったんです。

それで定番のアイランドホッピングにチャレンジ!!

うちのスタッフのカイルに「アレンジしこい!」と伝えて任せました。

20171211132028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのカイルは遊ぶことに関しては非常に効率よく対応します。

アイランドホッピングも見事に格安でアレンジしてきました。

しかし、大海原を船で進むのは快感です。お客様も大満足!でも今日は仕事なし。

20171211135948.jpg

20171211135839.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の青さが感動です。

2017121114046.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中は魚がいっぱい!水族館の中で泳いでいるような感じです。

このあたりは餌付けされているようです。ウニも見えますね。

2017121114153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泳いだあとはみんなで食事!絶品です。

生きてる魚介類をその場で料理してもらいますから味は最高です。

そしてリゾートではよくある光景ですが流しのバンドが来て数曲歌っていきます。

2017121114257.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お腹も膨れたところで帰路につきます。

途中、深くて流れが穏やかなところでボートを停泊。

初体験でしたがボートを止めての海水浴です。

止めた瞬間、カイルは仕事を忘れて海にダイブ!!お前逆向きでいくの?

2017121114638.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて女性スタッフもダイブ!

2017121114724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とお客さんはライフジャケットを着てプカプカ浮いているだけです。

必死こいて足をバタバタさせておりますから何度も足がつっています。

2017121114182.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い子たちは本当に元気です。

2017121114955.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに帰りは少し疲れが出てきたかな?

20171211141155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年もセブにいましたがこうやってお客さんとうちのスタッフの親睦会を海でするなんて初めてです。

こういう機会は今後も作りたいなと思います。

 

さて、こんなアイランドホッピングを身近に楽しめるライフスタイルを送りたいのであれば

是非当社おすすめのArterraというコンドミニアムにもご興味をお持ちいただけたらと思います。

自分でも使って、いないときには貸しておく。

そんなセカンドライフを充実させるために最高の自分へのプレゼントになるような物件です。

お気軽にお問い合わせくださいね。

2017121114171.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブの不動産投資は変わる①市場を知ろう。

セブでの不動産投資が活発になってきました。

というか、フィリピンへの投資が活発になって来たといった方がいいかと思います。

では、その投資先はコンドミニアムなのでしょうか?

その様相が変わってきたのでお話ししていきたいと思います。

 

私がこの仕事を始めたときはやはりコンドミニアムでした。

というか、それしか外国人向けに売れるものがなかったというのが本音です。

早い時期に買った人は、良い買い物をしていると思います。

今では価格も上昇してきてお値頃感はありません。

購入しているのはほとんどが外国人です。

でも、この国の不動産投資で成功するにはそこがマーケットなのでしょうか?

 

良くセミナーに行くと、フィリピンの人口ピラミッドの話しや、平均年齢の話しを聞きませんか?

201771812413.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなやつです。見たことある人も多いかと思います。

この人口構成は今後人口ボーナスをもたらします。

でも、考えてみてください。深く、現実を見てください。

これだけ人が増えても、コンドミニアムを買える人がどれくらいこの国にはいるのでしょう?

 

どうしてこれだけ、人口が伸びているのでしょうか?

ずばり!!貧乏子だくさん!

 

人口が伸びているのは、まだ貧困層が多いからです。

その貧困層がだんだん定職に就けるようになってきています。

定職に就くことが、この国の若者達にとっては一つの希望なのです。

 

定職?つまり、毎月少しでもちゃんと給料がもらえる身分です。

この層の飛躍的増大が、この国の消費を支えていますし、この増加傾向はまだ最低20年は続きます。

当然です。一番多いのは0歳なのですから。

例えば定職に就いたとします。初任給で家を買うとは思いませんから、やはり30歳くらいになったときに

どれくらいもらえているかです。

職種にもよりますが、15,000ペソから20000ペソ(33000円〜44000円)

夫婦で共稼ぎなら、奥さんが給料安くても家庭の収入が

25000ペソから35000ペソ(55000円〜77000円)

これがこの国の不動産市場で、最もボリュームのあるターゲットです。

 

この市場がターゲットなのには、理由があります。

もちろんボリュームは圧倒的に一番であること。

それからもう一つは、彼らが住宅を買える仕組みが整っていることです。

このような、フィリピンでは中級ではあるけれど、所得の低い人に向けた

住宅ローンが多数用意されています。

 定職についてさえいれば、ローンの審査は比較的簡単におります。

なぜなら、そのレベルの人達を支援する政府系の仕組みなのですから。

パギイビックと言いますが、日本で言うところの住宅金融公庫のイメージでしょうか?

制度が違いますから、同じものとは思わないでください。でも似ています。

 

セブ州だけで、昨年は日本円で20億円くらいの予算枠があったのですが、申込者が少ない。

なぜなら、その人達向けの低価格住宅の供給が全く足りていないからです。

 

さあ、もうおわかりかと思います。

このフィリピンで不動産投資に成功するには、国際マーケットを狙ったコンドミニアムではなくて

国内市場、そして最もボリュームのあるこのターゲットに目を向けた投資が最も効率がいいでしょう。

 

次回は、実際にはどのような物件、価格が早く売れているのかをご紹介したいと思います。

②ボリュームゾーンが買える家、夢のマイホームとは? に続きます。

 

セブ 不動産投資は変わる! コンドミニアム?

PAGE TOP